牢獄の兄弟が書いた詩 “All That You Need”(あなたに必要なものすべて)を歌いながら待ちわびる


アメリカの牢獄(刑務所)にいる見知らぬ囚人から届いた手紙の続々編です。

牢獄にいる見知らぬ囚人から届いた手紙-これまでの経緯-

牢獄の兄弟が描いた文鮮明師の似顔絵
▲牢獄の兄弟が描いた文鮮明師の似顔絵

2013年8月4日の記事で、牢獄(刑務所)にいる見知らぬ囚人から手紙を受け取ったアメリカ・テネシー州ナッシュビル在住の日本人宣教師、Y.S.さんは、求めに応じて自叙伝や原理講論を送ってあげました。原理講論を開いて読み始めたその囚人、その日の夜にRev.Moon(文鮮明師)と夢で出会い、やがて自分の人生の中で求めてきた真理として受け入れ、文師を救世主として受け入れていきます。そしていつの間にか、その囚人を囲んで、多くの囚人たちの統一原理の勉強会が始まりました。
2013年10月13日の記事では、信徒となり兄弟となった囚人に初めて面会したY.S.さんの報告がつづられました。その時点ですでに17回も原理講論を通読するほど、統一原理を強く求めて学んでいた兄弟の姿が伝えられました。

(2013年8月4日の記事)●アメリカの牢獄にいる見知らぬ囚人から届いた手紙

(2013年10月13日の記事)●初めて本人と面会-アメリカの牢獄にいる見知らぬ囚人から届いた手紙(続編)

       ☆         ☆         ☆

牢獄の兄弟が書いた数多くの詩

面会した後から、もはや心情的には信徒となった彼から、毎週のようにY.S.さん宛に手紙が送られてきます。そこには、日々の彼の思いや、真の父母様との出会いの感動をつづるように、数多くの心情的な詩の数々がしたためられていました。そのすべてを紹介するわけにはいきませんが、主なもののタイトルだけ紹介しましょう。

・”The Storm”(嵐)
・”Our Promise”(私たちの約束)
・”Trust in True Father”(真のお父様を信じて)
・”He’s Right There in Your Heart”
 (お父様はあなたの心のすぐそこにいらっしゃいます)
・”Spreading the Message of Love”(愛のメッセージを広めましょう)
・”All That You Need”(あなたに必要なものすべて)

Y.S.さんが、彼の境遇とことの経緯を説明してくれました。
「彼は2006年に遭った交通事故のため、愛するお母さんを本人の膝の上で失いました。また、本人は、身体のさまざまな所に障害ができました。自暴自棄になった彼は、人生のどん底を通過したそうです。そこに、信徒ではない叔母さんが偶然アクセスしたインターネットの情報を通して、統一教会のことを知り、彼に教えてあげていたのです。」
「彼は統一教会や統一原理、そして、真のご父母様に夢で出会いました。まさしく、アメージング・グレースの世界を実体験したのです。ですから、彼の書く詩は、彼の人生そのものなのです。」

実は当初、彼が刑務所を出所する予定は、2014年1月初めでした。

そこで、書いた詩に曲をつけて出所後に歌って迎えてあげよう、というプロジェクトが進みました。

『信仰の翼』や『めざすは理想郷』で有名な、シンガーソングライターの Shinohara Minoru さんが作曲、完成した歌”All That You Need”(あなたに必要なものすべて)が次の曲です。穏やかな、心情的な歌に仕上がっています。長いキリスト教の歴史の中で苦悩してきたキリスト教徒として、救い主として来られ、人類の真の父母様との出会いの感動が心から伝わるようです。ナッシュビル教会所属の二世の若者たちが、完成した “All That You Need” を練習して歌っています。これから、全米で、いや全世界で歌われることになるかもしれません。

       ☆         ☆         ☆

●”All That You Need” sing by Nashville Family Church Youth Choir

“All That You Need”(あなたに必要なものすべて)

Surrounded by Prisoners yet still all alone,
囚人に囲まれてはいるけれど一人ぼっち

Counting the days until I can go home.
家に帰る事ができる日を数えるばかり

My fallen nature so fresh in my mind,
私の堕落性は、心の中にあまりに生々しく

Haunting my dreams, I can’t seem to unwind.
私の夢に出没し、なくなりそうにない。

I pray so hard that things turn around,
私はことが好転するように懸命に祈り、

Something must break these chains which I’m bound.
縛られている鎖を、何かが切断しなければならない

As I’m praying one night kneeled at my bed,
ある晩、私がベッドで跪いて祈っていると

In walks True Parent, he smiled and then said:
真のご父母様が歩いて入っていらっしゃり、微笑んでおっしゃった

“I know you are fallen, I know you have sinned,
「お前が堕落したことも、罪を犯したことも、すべて知っているよ

Those days are behind you, I’m a new friend.”
でも、それらは過去のことだ、私はあなたの新たな友達だよ」と

My heart filled with joy, I began to cry,
私の心は喜びで満ち溢れ、泣き始めた

He held both my hands and lifted me high.
そして、お父様は、私の両手をにぎりながら、高く持ち上げて下さった

The things I have done I truly repent,
私は、自分がして来たこと全てを心から悔い改め

I now know and accept the Second Advent.
再臨主を知り、受け入れた

I now have the Principle and stand so tall,
私を原理を手に入れ、真っ直ぐに立ち

Nothing can stop me, not even these walls.
私を止められるものは何もない、これらの壁でさえも

So when You’re alone and search to be free,
だから、一人ぼっちで解放されたいのなら

Just turn to Father Moon, he’s all that you need.
ただ、真のお父様に話しかけてごらん、その方があなたが必要とする全てだから

So when You’re alone and search to be free,
だから、一人ぼっちで解放されたいのなら

Just turn to Father Moon, he’s all that you need.
ただ、真のお父様に話しかけてごらん、その方があなたが必要とする全てだから

Words written by brother Kiplen Evans
Music by Minoru Shinohara
sing by Nashville Family Church Youth Choir

       ☆         ☆         ☆

当局の手違いで出所が延長に

刑務所のある小さな町の入り口にて
▲刑務所のある小さな町の入り口にて

話は続きます。実は、この牢獄の兄弟は、2014年1月初旬に出所する予定でした。ところが、直前になって、当局より「刑期を計算違いしていたので、あと1年延長した(実際には清掃活動などで8ヶ月に縮小)」と刑期延長の非情な通知が本人の所に届いたことがわかりました。

Y.Sさんの家族も、ナッシュビル教会の兄弟たちも、彼が出てきたら完成した歌を聞かせてあげようと、毎晩練習していたのでみなショックを受けました。

数日後に届いた彼の手紙には、8ヶ月刑期が延長になったと記してありました。彼も、当然ながら、たいへん落ち込んだようです。出所したらご父母様の命に従って、新しい人生を出発しようと決意ししていただけに、真のご父母様をがっかりさせて申しわけない、と一日中涙を流していたようです。

その後も彼からの手紙は、Y.Sさんのもとに毎週のように送られてきます。最近届いた、2014年3月23日付けの手紙を紹介しましょう。

       ☆         ☆         ☆

親愛なる家庭教会の皆さまへ

 毎日、真の父母様は、皆さんに、皆さんの周りにいる人々、家族や友人、共に働く仲間など、愛し許すように、呼びかけておられます。あなたがどんなに小さなことでも、毎日の生活の中で、この愛を表現するとき、あなたは真のお父様の慈愛を表すので、真のお父様を喜ばせることになります。

 あなたがすでにやり通したことに比べると、毎日の状況の中で愛を表現しようとする個人的な決心は、小さいことのように思えるでしょう。しかし、それはどうでもいいことではないのです。そして、必ずしもたやすいことではありません。

 私は、ずっと祈祷会を行ってきたのですが、そこには自分を含め、自分の二人の霊の子たち、そして時々参加する何人かの囚人たちがいます。そして、ある時こんなことが起こりました。私が昼食を終えて戻って来ると、誰かが私のロッカーをこじ開けて、中にあった40ドル相当の衛生用品を盗んだのです。私は、大変、腹がたちました。自分が信頼している人々がこんなことをするなんてと思うと、たいへん心が傷つきました。さて、誰がやったかはわからないので、私は腹が立ってもどうすることもできませんでした。夕方までに、私はそのことからかなり立ち直りました。

 翌日、三人が別々に、誰が私のロッカーをこじ開けたかを私に言いに来ました。私は、彼に制裁を加えたくなりました。でも、私は、この一年以上の間、彼らに原理を教えてきました。どうしたらいいか? 私は祈りました。私のものを守るために戦うのか、それとも赦すのか?

 私は、その人たちにこう言いました、「私はその泥棒を許そうと思う、そして、私は原理と真のお父様の教えが正しいと信じている」と。それから、私はその泥棒と公然と向き合いました。そして、彼に「私は、あなたが盗んだことを知っています。でも、私はあなたを赦します」と、伝えました。数週間がたちましたが、その人は私の祈祷集会に毎回、参加しています。

 真のお父様は、いつもいろいろな方法で働いていらっしゃいます。ありがとうございます。真のお父様!

 もし、あなたが毎日、愛の道を歩みたいならば、そのような決意をし、いつも新たに決意しなければなりません。赦すことを選択しますか? それとも、心に重荷を追って怒りと憤りを抱きますか? 神様と真のご父母様の赦しが、あなたの心と人間関係に宿るようにして下さい。すると、あなたは真のご父母様と統一原理の力があなたの人生のみならず、あなたの周りにいるすべての人々の人生をも何度も変えていくのを目にするでしょう。

 真のお父様の赦しの恵みが天から大きな滝のようにあなたに注がれています。もし、あなたが滝から離れて立っているのならば、落ちてくる滝の水からくる霧だけが見えるでしょう。もし、あなたがその滝の水の近くか、下にいるならば、びしょ濡れになるでしょう。こちらに来て、神様と真のご父母様の溢れんばかり、慈しみ深い、赦しの愛の中で、今日も明日も、毎日、びしょ濡れになりませんか。

 親愛なる真のお父様、私たちの主であり、救い主でいてくださることを賛美し、感謝いたします。あなたが私たちを天の父母様と和解させてくださり、あなたの子女となれたことを心から喜んでいます。どうか、私たちが赦しの賜物(恩恵)をすべての人々へと自由に捧げられますよう、公的な権限をお与え下さい。アーメン。

       ☆         ☆         ☆

ぜひ、牢獄の兄弟の作った”All That You Need”(あなたに必要なものすべて)を歌いながら、世界中にいる彼のような境遇の人々を救い、迎い入れてあげましょう。




coded by nessus
Posted by on 2014年4月6日. Filed under トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*