天正宮訓読会*天一国元年10月13日(陽暦11・15)


天一国元年天暦10月13日(陽暦11.15)天地人真の父母様をお迎えして協会職員、機関長や機関の幹部120名余りが参加する中、天正宮3階訓読室で訓読会が行われた。

午前6時、真の父母様が訓読室に入室され参加者たちの敬礼を受けられた後、鄭元周補佐官が天聖経増補版第4編”神が創造された真の人間”を訓読した。

                        

                         ▲み言を下さる真のお母様

み言訓読後、真のお母様はトップガン21日修練終了者が訓読会に参加しているかとたずねられて“皆さんが教育的な面でまた、経験的な面でも不足していても信仰の子女をたくさん持つことになれば不足した部分も成長することができます。 運がない人でも熱心に伝道すると幸運な人々に会い、その運を分かち持つことになるでしょう。

皆さんが統一教会の祝福家庭になることができたのは、真の父母様の幸運を皆さんが受けたからです。統一教会、世界平和統一家庭連合は根がみ言であり、中心が真の父母”であることを強調された。

特に、“真の父母様を中心とする全世界の祝福家庭は、一兄弟”としながら“今回フィリピンの台風被害では、地域の平和大使を含む約1500人の食口がいたといいます。これらの兄弟たちと共に生きていく気持ちで愛を分かち合いながら生きなければなりません。私が韓国と日本を代表して100万ドルを支援しました。”とおっしゃられて全世界の食口がフィリピン台風被害で困難に遭遇したフィリピン食口に兄弟の真の愛を結集することを願われた。 

続いて韓国本部で準備したフィリピンの台風被害支援活動のビデオを視聴した後、参加者たちがフィリピンの台風被害を受けた食口達の支援に積極的に参加することを決意し、訓読会は終了した。

                       *  *  *  *

5d133e551fe093c68507ede949f332b4

                         ▲訓読する鄭元周補佐官

14fe76498c75cf401ac93bfef471c5b1

                          ▲訓読会全景

87d47d2b15602c37b9e5ec5332541112

                         ▲み言を聞く参加者たち

韓国家庭連合HPより

訳Harikawa




coded by nessus
Posted by on 2013年11月16日. Filed under トピックス, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*