[幕上がった家庭連合韓鶴子総裁時代](下)新たな未来に向けて “ビジョン2020”


入力2013-10-18 20:06:09、修正2013-10-18 20:06:09

[幕上がった家庭連合韓鶴子総裁時代](下)新たな未来に向けて “ビジョン2020”

人材育て葛藤は緩め…地球の調和のために ‘中断のない前進 “

 

 文鮮明総裁聖和(死亡)以降韓鶴子総裁の最初の一言は”中断のない前進”であった。世界平和統一家庭連合(以下、家庭連合)に属しているすべての機関の指導者と信者、メンバーを糾合し遺訓事業である平和世界の実現のために邁進するという意志の表れである。韓総裁は、長期的に中長期の青写真を提示する一方で、短期的な目標として”ビジョン2020″を発表した。中長期の青写真には、世界的な人材育成、疎外された隣人の世話をする社会奉仕、葛藤を治癒する環境創造のスケッチが描かれている。

韓総裁は、今年2月に圓母平愛財団(理事長キム·ミンハ)を設立し、家庭連合の社会貢献事業を開始した。この財団は、平和世界創建のための人材育成と分かち合い、奉仕を土台として先行者を表彰する。また、 “鮮鶴平和賞”を制定し、世界平和のために貢献した個人や団体を発掘し、表彰する。文総裁聖和時世界から殺到したした弔問金500億ウォンと、文総裁が使用していたヘリコプターの販売代金など1100億ウォンがシード資金です。今後5000億ウォンをさらに集める計画だ。最初のビジネスで、今年の国内外で奨学生745人を選抜して40億ウォン規模の奨学金証書を伝達した。これとともに、個人5名、グループ5社を選定して社会奉仕賞も授与された。鮮鶴平和賞は、2015年の第1回授賞を目指して準備している。人類の平和のために貢献した”真の世界”に授与される予定である。 


韓鶴子総裁は2月京畿加平天正宮博物館で行われた圓母平愛財団の発足式でキム·ミンハ理事長と財団の旗を渡している。

韓総裁は、家庭連合をはじめ、天宙平和連合UPF、南北統一運動国民連合、世界の平和トンネル財団WPTF、鮮文、(株)一和など傘下団体と企業に地球の葛藤癒しと社会貢献事業に力を傾けてと注文した。家庭連合は、中東地域では中東和平会議やセミナーを通じて、イスラエルとアラブ民族間の和解を仲介していく予定である。 UPFは、平和教育を通じ3万5000人の平和大使を輩出した。社会指導級人士で構成され、これらのメンバーは、競争的に社会奉仕活動を行っており、家庭連合の心強い味方です。

韓総裁は、家庭連合をはじめ、天宙平和連合UPF、南北統一運動国民連合、世界の平和トンネル財団WPTF、鮮文、(株)一和など傘下団体と企業に地球の葛藤癒しと社会貢献事業に力を傾けてと注文した。家庭連合は、中東地域では中東和平会議やセミナーを通じて、イスラエルとアラブ民族間の和解を仲介していく予定である。 UPFは、平和教育を通じ3万5000人の平和大使を輩出した。社会指導級人士で構成され、これらのメンバーは、競争的に社会奉仕活動を行っており、家庭連合の心強い味方です。

 国民連合は最近、統一準備国民委員500名を委嘱し、南北の対立の解消と和合のために先頭に立っている。 WPTFは、地球の調和のために国際平和高速道路プロジェクトの推進と並行して隔月で朝食会フォーラムを開き、北朝鮮問題、日韓関係など、国家の懸案に対する代替案を提示している。尹UPF韓国会長は”韓総裁は低い場所で現場を調べながらよくできた仕事と間違ったことを分析して仕事を進めるだけ希望的なリーダーシップを発揮している”と明らかにした。

 特に韓総裁が提案した “ビジョン2020″は、文総裁生誕100周年であり、文·韓総裁聖婚60周年でもある2020年までに顕著な成果を見せるという意志が込められている。まず、目標年度までに国内600万、世界で1000万人の確実な支持基盤を確保する計画だ。韓総裁は、今年3月に大学院の天宙平和士官学校を立て、グローバルリーダーシップを装備するなど、指導者の養成にも力を入れている。いずれは交差が終了して、生活の宗教·実践の宗教として生まれ変わるということだ。家庭連合の代表行事である国際祝福結婚も中身を押し堅めて’地球村一家族の時代を牽引する一方で、国内多文化家庭の定着を先導していくというのが教団関係者たちの覚悟だ。


世界平和統一家庭連合韓鶴子総裁は18日、日本の名古屋で開かれた日本宣教55周年記念中央大会で”日本が天のみ旨を信奉する国になること”を促している。
家庭連合提供

韓総裁は、家庭連合組織も若くて有能な2世らに交換しつつある。家庭連合創立以来60年の間に1世が引き受けてきた韓国の会長職を最近2世ユギョンソク(49)さんにおまかせすることで’2世の時代’を開いた。 ‘ビジョン2020’を介して家庭連合の若い力のある組織に生まれ変わるという意志を読ませる内容だ。 “私は韓国から真の意味でのグローバルリーダーが出てくるのを願います。国連の先頭に立つ政治リーダーが出てきて、紛争を防ぐ外交リーダーが出て、貧しい人の世話をするマザー·テレサのような救いのリーダーが出てくるのを望む。”文総裁が生前に強調した言葉だ。今、その願いを韓総裁が受け継いで慎重な足取りを踏み出している。

チョン·ソンスの宗教専門記者tols@segye.com

 

 

訳:tomy5931




coded by nessus
Posted by on 2013年10月19日. Filed under できごと, トピックス, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*