“2千年前だったら、イエス様を受け入れる自信がありますか?”


2013.09.13 |プレビュー我々の論文

 

“2千年前だったら、イエス様を受け入れる自信がありますか?”

神話に染まった信仰の世界、イエス·キリスト再臨路程知る

神様とイエス様を信じては、現在のクリスチャンが2千年前のイエスの時代時に戻っていけば、さすがにイエス様をメシヤとして受け入れることができたのかを置いて論議がおきている。

これは、2千年前の、イエス様が聖書(旧約聖書)を自分がメシアであることを証明する唯一の手段としたことから、”現在のクリスチャンが聖書の正しい理解をしているのか”の疑問に直結している。

また、これは”聖書(新約聖書)に約束されたイエス再臨が現実に行われるときに果たして再び来られたイエスを、現在のクリスチャンたちが受け入れることができるのか”という質問にも一致されることが指摘される。

しかし、聖書は、”人の子が来るとき、地上に信仰が見だろうか”(ルカ18:8)と再び来られたイエスを受け入れた信仰を見つけるのは難しいことを予測していて目を引く。

 
これに関連宗教思想家であると咸錫憲(1901〜1989)先生は生前”(再臨のイエスは)天の雲に乗ってくるとは信じていない”と強調した。

彼は”イエス初臨の時、当時のユダヤ人は、メシアが来て、失われた国権を回復し、ユダヤを世界に号令する強大国に起こすことを期待した。

しかし、実際に来た救世主は、人々が期待していなかった真理の王、精神的な王が来たのだ。同様に再臨イエスも人々の予想を超える形で来るだろう “と明らかにした。

これらの指摘のように、再臨イエスが雲に乗ってこず、現在の信仰が全く予想できない形で私たちのそばに来たら、果たして現在のクリスチャンは彼を信じて従うことができるかという疑問が提起される。

 
さらに、現在の信仰の世界では、イエス再臨が “はるか後に起こる文字上の予測でしかない”は無関心と冷笑が広がっているうえ、イエスの再臨を取り上げること自体が “異端”の風潮まで蔓延しているのが事実だ。

これと関連し、聖書は、 “あなたがたは、あたかもその主人が婚姻家から帰ってきてドアを叩くとすぐに開いてあげようと待っている人のようにしていなさい”(ルカ12:36)とイエス再臨に常に備えることを要請しており、キリスト教の世界の現実と対比されてています。

これに伴い、果たしてイエス再臨の形態はどうであるかの信仰の世界の深刻な論議が切実だという声が高まっている。

これを見逃したら2千年前にイエスを殺した当時のユダヤ人たちの前轍を、現在のクリスチャンたちも踏襲することができるからである。

“雲に乗って来られる”は、神話的な信仰ではなく、聖書の中で指摘しているイエス再臨の路程はどうなのかに対する悩みがなければならないという指摘だ。

イエスの再臨の時どのような兆候とどのような過程があるかを聖書が指摘しているという事実を悟って、聖書が何を意味するか適切に知るための信仰的努力が必要となるだろう。

 
 
 
(訳:tomy5931)



coded by nessus
Posted by on 2013年9月21日. Filed under おすすめ, コラム, 社会. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*