[龍平リゾート] 年中無休のリゾート複合施設として生まれ変わる。


2013-04-12

龍平リゾートが40周年を迎えました。
1973年4月6日の創立以来、龍平リゾートは今、年中無休のリゾート複合施設として生まれ変わりました。

美しい自然と、魅力ある施設。家族や夫婦で過ごすには最高の場所です。
では、龍平ストーリーをお聞かせしましょうか?^^

龍平リゾートは1973の開業以来、近代的設備を備えた国内初のリゾートとして、“韓国スキーのメッカ”“ウインタースポーツのメッカ”と呼ばれるまでになり、韓国のスキー産業の発展と普及に大きな役割を果たしてきました。
海抜1458m、發旺山(バルウォンサン)の麓に位置し、年間250cmの降雪に恵まれる龍平リゾートはスキーに最適で、11月中旬から4月初旬まで楽しめます。また520万平方mの敷地内に高級ホテルからホステルを含めて2500室の客室を用意しています。また敷地内には45ホールのゴルフコースに加えウォーターパーク、観覧車、マウンテン・ローラー・コースターなど各種レジャー施設を備え、四季を通じて自然の癒しを与え、日々の仕事からあなたを解放し、快適で心楽しい休暇を過ごせるようになっています 。

海抜700メートル、韓国のアルプス、40年の歴史と伝統を持つ龍平リゾートは2018年の冬季オリンピックのアルペンスキーのメインコースにもなっています。
28種のスロープをもち、14のリフト、全長3.7キロメートルのゴンドラをもつ世界的スキーリゾートとしてそのハード・ソフト両面において海外でも評価され、ヨーロッパ、日本、アジアの諸国から多くのスキーヤーがやってきます。

YongPyong-e1360228933367




coded by nessus
Posted by on 2013年4月20日. Filed under トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*