朴槿恵氏の「外交・安保・統一公約」全文


 

http://www.youtube.com/watch?v=jEjSCHff6yk

 

 ※朴槿恵氏が「外交・安保・統一公約」を発表した一週間後に参加した「東北アジア安保シンポジウム」の映像

 

以下に12月19日の韓国大統領選挙で勝利した与党セヌリ党の朴槿恵(パククンヘ)氏が11月5日に発表した「外交・安保・統一公約」(3大基調、7大政策課題)の全文を紹介します。

 


  

尊敬する国民の皆さん、国民幸福と国民統合は私の使命です。私は100%大韓民国を作ると、国民の皆様に約束いたしました。

不信と対決を越えて平和と信頼の新しい朝鮮半島を作成し、最終的に統一韓国を作ることこそ、100%大韓民国の完成となります。

南北皆が自由で幸せな朝鮮半島、安定して豊かなアジアを築く朝鮮半島、人類の進歩に貢献し、信頼される韓半島、これが私の描く “新韓半島”の姿です。

新しい韓半島を建設するための出発点に必要なのは信頼です。国民的信頼、南北間の信頼関係、国際的信頼を築いていくべきです。今後の5年、どんなビジョンを持って政策を実践するかに韓半島の未来がかかっています。

危機をチャンスに変えることができる国民の知恵と勇気、そして指導者の意志とリーダーシップが必要な時です。

私はこれらの信念の下、外交·安保·統一基調を次のように提示しようとしています。

 

第一に、持続可能な平和を作ります。

 

安保からしっかり整備しようと思います。さらに、信頼と協力に基づいて、持続可能な平和を積極的に作ります。

北朝鮮は挑発をやめ、国際社会の責任ある一員となる必要があります。核開発ではなく、経済開発を通じ、住民の生活の質を上げます。北朝鮮が正しい選択をするように環境を造成いたします。

私たちの対北政策も進化する必要があります。宥和か強硬という両極端なアプローチから脱してバランスの取れた対北朝鮮政策を推進します。

過去ポリシーの欠点は補完し、長所は生かして透明な政策の樹立と執行を通じ、国民が共感する対北政策を推進します。

 

第二に、信頼される外交を展開いたします。

 

私たちの国力は世界10位圏に成長しました。激変する国際情勢の中で、国益をしっかり守って、国民の自負心を高める能動的外交を展開しなければなりません。

地球村の問題解決にも積極的に参加する必要があります。責任ある大韓民国としての役割を果たすとき、私たちは世界でより信頼を受けることとなります。さらに朝鮮半島の平和と統一のための国際社会の支持も拡散されます。

 

第三に、皆が幸せな統一を準備いたします。

 

国民の皆様が共感して、国際社会が歓迎し、朝鮮半島のメンバー皆が幸せな統一をなさなければなりません。

統一を遠い将来のことで先送りはできません。待っている統一ではなく、近寄る統一が必要です。国民の力を結集し、国際社会との協力を通じて統一を実質的に準備する必要があります。

尊敬する国民の皆さん、新しい韓半島時代を開くために、次のような政策を推進します。

 

第一に、大韓民国の主権と安全保障を確実に守ります。

 

私たち国民の生命と安全が脅かされて、主権が損なわれる状況では、新しい韓半島を作成することができません。第2の天安艦、延坪島事態は決して容認しません。私たちの将兵が命を捧げて守ってきた北方限界線(NLL)のいかなる挑発も容認しないことです。

北朝鮮の挑発を抑止するために、韓米同盟を含めた包括的防衛力を強化していき、2015年の戦時作戦権転換を支障なく準備いたします。

外交·安保·統一政策を総括·調整するコントロールタワー(仮称国アンボシル)を構築し、これにより、ポリシーの混乱を防止し、危機管理に一寸の憂いもないようにすることです。

 

第二に、北朝鮮の核問題は、抑止をもとに交渉の多角化を介して解決いたします。

 

北朝鮮の核は決して容認できません。北朝鮮の核とミサイルの脅威を無力化することができる抑止力を強化します。同時に北朝鮮の核問題解決のための南北間の実質的協議を進めていきます。数年前から空転している6カ国協議にも新たな動力を吹き込むために積極的に努力します。北朝鮮が既存の合意を守るように、関係国との協力を強化するだけでなく、韓米中の3者の戦略対話を稼動して、UNとEUを含む国際社会との協力も拡大しています。

北朝鮮の核問題をより大きな枠組みと広い視野で解決するために、南北関係の発展と北東アジアの次元の協力を推進していきたいと思います。非核化進展に応じて、対応する政治·経済·外交的措置を取ります。

 

第三に、韓半島の信頼プロセスを介して南北関係を正常化します。

 

信頼がなければ、韓半島の葛藤を根源的に解くことができます。政治·軍事的信頼構築と社会·経済的交流協力の相互補完的な発展を通じ、南北関係を正常化し、朝鮮半島の平和を堅固にします。

南北間の信頼のためには、まず約束を守ってください。既存の合意に盛られた平和と相互尊重の精神を実践し、細部は現実に合わせて調整していくことです。

信頼を築くためには、様々な対話のチャンネルが開かれている必要があります。南北関係の発展のためには、北朝鮮の指導者とも会っていきます。

人道的問題は政治的な状況とは区別して持続的に解決することです。北朝鮮住民の人間らしい生活のための支援を透明に推進し、国連のミレニアム開発計画のコア事業である乳幼児など脆弱階層を優先的に支援し、そのためにWHO、UNICEF、WFPなどの国際機関を積極的に活用します。

60年以上の分断の苦痛を経験している離散家族の問題も、今実質的な成果を出さなければなりません。離散家族の再会定例化と全面生死確認を推進することはもちろん、高齢の離散家族のためのビデオメッセージ制作事業を完了します。国軍捕虜と拉致被害者たちも一日も早く家族の懐に抱かれなければなりません。

南北間の互恵的経済協力と社会文化交流をアップグレードする必要があります。北朝鮮住民の生活の質の向上のために、保健·医療協力と農業·造林·気候変動などの緑の経済協力を体系化し、開城工業団地の国際化と地下資源の共同開発を推進します。

民族同質性回復のために学術·宗教など多方面の社会文化交流の充実も必要です。南北若い世代の交流を積極的に奨励し、相互理解の幅を広げましょう。南北経済協力と社会文化交流の持続的発展と制度化のために、ソウルと平壌(ピョンヤン)に “南北交流協力事務所”を設置いたします。

信頼が積もって非核化が進展すると、韓半島経済共同体の建設のための “ビジョン·コリア·プロジェクト”を稼動いたします。

北朝鮮の経済自生力を高めるために、電力、交通、通信などインフラの拡充と主要な国際金融機関に参加し、国際的な投資誘致を支援することです。羅津·先鋒など、北朝鮮の経済特区への進出も模索します。

さらに、朝鮮半島と北東アジアの共同の利益と平和醸成のために、ロシア沿海州、中国東北3省、南北を包括する南·北·露、南·北·中3各協力を積極的に推進します。関連国際機関との協力も図ります。

このような韓半島の信頼プロセスを通じた持続可能な平和を作ることで、これは統一の礎石になるでしょう。

 

第四に、小さな統一で開始し、大きな統一を目指します。

 

実質的な平和を基礎として、軍事的対決を緩和し、経済共同体を建設して、小さな統一を先に成し遂げいたします。そして最終的には政治統合を通じた大規模な統一に進んでいきます。

統一への道のりで何よりも必要なのは、国民的なコンセンサスです。そのために、自由民主主義の秩序に基づいた民族共同体統一方案を継承·発展させて統一政策の一貫性を維持します。

統一に対する国際社会の支持も必要です。国際的統一共感を広げていく統一外交を着実に推進し、統一が周辺国の理解にも準拠していることを説得します。

統一の目的は、韓民族のメンバー皆が幸せな人生を享受ところにあります。私たちと一緒に統一時代を開いていく北朝鮮の住民たちが経験している苦痛をこれ以上放置してはいけません。人道主義と人権を向上させるために、北朝鮮人権法を制定し、国際社会にこのような問題を提起します。

自由を求めて北朝鮮を去った脱北民の保護と支援のために格別の努力を傾けて、強制送還を防ぐために、国連高等弁務官事務所(UNHCR)などの国際社会との協力を一層強化してまいります。

脱北民3万人時代に備えて、これらが大韓民国で、自分たちの能力を思う存分発揮できるように定着支援インフラとオーダーメイド型支援システムを強化することです。また、700万在外同胞も統一の道に参加することができ、グローバル韓民族ネットワークを有効にして、民族のつながりを拡大いたします。

 

第五に、東アジアの平和とユーラシア協力の先頭に立ちます。

 

今の東アジア秩序は、これまでにない大きな地殻変動を経験しています。地域内の軍備競争と歴史と領土紛争が次第に深刻化しています。悪化している北東アジアでの歴史葛藤には、国益の観点からきっぱりと対処することです。どのような場合にも、我々の主権が侵害される状況は決して容認しません。正しい歴史認識を北東アジアに定着させるために、日中韓の政府と市民社会が一緒に歴史葛藤の克服と和解·協力の未来を着実に協議していくことです。

米国と中国との調和協力的な関係は、朝鮮半島と東アジアの平和のために不可欠です。韓米関係を包括的戦略同盟に深化·発展させ、中国との関係を戦略的協力パートナー関係にふさわしくアップグレードします。

東アジアの持続可能な平和と発展のために、まず “北東アジアの平和·協力構想”を推進します。北東アジアの平和と安定に理解を共有するすべての利害関係国と一緒に信頼の構築と協力安保、経済·社会の協力、人間の安全保障を追求することです。これは、欧州の “ヘルシンキ·プロセス”に該当する “ソウルプロセス”の出発点となるでしょう。

核の安全と気候変動、自然災害などの共通の利害関係がかかっている問題について、北東アジアおよびアジアの国々と一緒に対応いたします。特に福島原発事故と北朝鮮の核施設の安全性の懸念をきっかけに、域内諸国間の核安全強化のための新たな協力のデバイスを講じます。

アジア外交の地平を広げるだけでなく、協力の踏み台にならなくてはなりません。東南アジア諸国連合(ASEAN)、インド、オーストラリアなど南方の新興の経済圏と戦略的パートナーシップを拡大いたします。

ロシアの東進政策、中央アジアとEUの重要性に応える “ユーラシア経済協力”を通じて新しい市場を構築することを越えて、南方と北方協力を接続するための新しいモメンタムを作ります。

そのためには、統合交通網やエネルギー網、環境に配慮し協力などを包括する青写真が必要です。北東アジアとユーラシア統合交通網を推進するため、シベリア横断鉄道(TSR)と中国横断鉄道(TCR)と韓半島縦断鉄道(TKR)を連結して複合物流ネットワークを構築する必要があります。

私はすでに10年前にユーラシア鉄道建設を通じ、 “ヨーロッパとアジアを陸路で接続することにより、21世紀のユーラシア時代を実装しよう”と提案した事があります。これにより、南北間で、そして周辺国との間の経済協力が深化されれば、東アジアの地域経済統合を早め、最終的には地域の発展と平和に大きく寄与することになるからです。

最終的には、これを南北、ロシア、中国、中央アジア、ヨーロッパを貫通する仮称 “シルクロードエクスプレス(SRX)”へと発展させることができます。新たに開拓されている北極航路の開発にも積極的に参加します。   韓国のエネルギー供給源の多様化と北東アジアの統合エネルギー網のために、現在深く議論されているガス管敷設と送電網の構築事業も継続します。

 

第六に、経済外交をアップグレードして新​​しい成長動力を発掘します。

 

世界経済危機に効果的に対処するためのG-20を使用しての原則の資本主義のための新しい協力アジェンダを発掘し、東アジアの金融安全網を強化していくことです。

再生可能エネルギーの確保と緑の成長のための国際協力を拡大し、時代に遅れた韓米原子力協定を改正し、次世代の新成長動力の牽引役である原発産業の海外進出を積極的に支援いたします。

そして国民の生活を豊かにする “仕事外交”を推進いたします。特に青年と女性の国際機関への進出および海外就業機会の拡大のために様々な方策を積極的に講ずることです。

 

第七に、 “魅力韓国”の建設のための “国民外交の時代”を開きます。

 

地球の問題は、もはや他人の問題ではありません。気候変動、貧困、平和維持、テロ対策、人権など地球規模の問題解決に率先します。世界に貢献するための中堅国間の協力をリードして有効にします。

国連安全保障理事会理事国として国際平和の維持に先頭に立ちます。緑の気候基金(GCF)、グローバル·グリーン成長研究所(GGGI)の誘致をきっかけに、仁川の松島をグローバルな協力のハブとして発展させ、釜山(プサン)、光州(クァンジュ)など6大広域市の国際機関の誘致のためのオーダーメイド外交努力を本格化いたします。

私たちは、短い期間に経済開発と民主化に成功した代表的な国です。私たちの経験とノウハウを発展途上国と共有し、彼らに夢を植え付けることは、大韓民国が世界に貢献することになるでしょう。

国際社会の模範となる開発協力を推進し、国際水準に合わせて公的開発援助(ODA)を拡大してまいります。このため、より効率的で統合的な国際開発協力体制を構築することです。

国民の皆さんと一緒に魅力韓国を作成します。国民一人一人が外交官になって世界の人々に私たちの経験と文化、知識を共有する公共外交を積極的に推進してサポートいたします。私たちの文化·芸術が世界に私たちの誇らしい文化を伝える文化外交の使節になるように積極的に支援します。

我が国の最大の資産は、進取的で、世界の問題に関心を持っている若い世代の人たちです。これら世界のあちこちで自分の夢をかなえ、また夢を分かち合い奨励し支援する必要があります。

このため、既に提案したK-Moveと連携させて、 “グローバル青年プロジェクト”を推進します。私たち若者たちが直接開発協力に参加しながら自分の力量を育てグローバル人材に成長することができるプログラムを体系化し、青年たちの地域の専門家としての教育訓練させて、全世界に派遣いたします。

特に、相対的に疎外された階層、脱北民、多文化家庭の子供たちや青年たちが、グローバル人材として成長できる機会を提供することです。

そして海外旅行1300万人時代を迎え、海外滞在、国民の安全と権益確保のために領事支援体制を大幅に強化し、関連国との協力も拡大してまいります。

在外同胞は、私たちの大切な資産です。これらのアイデンティティを守り、母国とのつながりを維持できるように、次世代のためのハングル教育事業を拡大いたします。これに関連して、EBSの教育コンテンツを世界中のハングル学校に支援できる方策を講じます。

尊敬する国民の皆さん、今、分断と対決の時代を後にして、平和と和合の新しい時代を開く必要があります。

産業化と民主化を超えて “新しい韓半島”の建設のために前に進む必要があります。時代の流れを正確に読み、変化を主導していく推進力のあるリーダーシップが必要となります。

 

国民と一緒に新しい韓半島時代を開いてまいります。ありがとうございます。

 


 

原文: http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2012110511163939411

訳者:tameo (訳間違えなどありましたらコメント欄よりご指摘下さい)

 

 




coded by nessus
Posted by on 2012年12月20日. Filed under トピックス, ニュース, 国際情勢. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*