秋夕節本郷苑参拝式


 

天基3年天暦8月15日(陽9.30)日曜日の午前10時本郷苑で真のお母様と真の家庭をお迎えして機関企業長、元老と宗親、大陸会長、世界巡回師、韓国教区長、日本地区長など200人余りが参加した中ソクジュンホ韓国会長の司会で天基3年総会員秋夕節本郷苑参拝式が行われました。

天基3年総会員秋夕節本郷苑参拝式は真のお母様が入場され、参加者たちは、真の父母様を拝し礼を捧げました。続いて文亨進世界会長の聖燭点火、開会宣言、天一国国歌斉唱、家庭盟誓、ソンヨウンソプ日本総会長の報告祈祷、真のお父様献花、真のお父様の焼香、七人の真の子女様の献花と敬拝、焼香、ギムヒョユル会長のみ言訓読、文亨進世界会長の祝祷、ユジョンロ会長の億万歳三唱の順に進行された。

ソクジュンホ会長は “天一国真聖徳皇帝億兆蒼生万勝君皇天地人真のお父様を霊的に仕えて真のお父様と一心、一体、一念、一和を成し遂げられた地上の真のお母様を実体的にはべる中で天基3年総会員秋夕節本郷苑参拝式を挙行します “と開会宣言をしました。

ソンヨウンソプ日本総会長は “この地から2012年7月17日午前1時54分、勝利してすべてをなされて天上に上がられました。私たちは、7月29日天地人真のお父様の天宙聖和式を、私たちが真心を込めてはべり、40日期間中である今日を迎えて私たちが襟を正して懐かしい見たい真のお父様を考えながらここに来ました….今日真のお父様がこの席に来られて、私たちに新しい覚悟と決意で、絶対信仰、絶対愛、絶対服従で死生決断、全力投球、実践急行して、お父様が成就されようとしたみ旨の道、その意味を必ず地上の果てまで成して差し上げる私たちの新しい決心と覚悟をするこの参拝式になることを願っています。 “と報告しました。

報告祈祷が終わって続いて真のお父様の献花と敬拝は、まず真のお母様が、そして真のご子女様がたが、次に真のお孫様、五大聖人、元老と36家庭、宗親と姻戚、機関長、分捧王と国家メシア、企業の長、教区長と巡回師、日本代表、霊界代表、全体敬礼の順に進行されました。献花と敬拝が終わって真のお父様の焼香がおこなわれました。 

焼香がすべて終わってギムヒョユル会長の訓読が続きました。訓読のみ言は、真のお父様の自叙伝の “草の虫と分かち合う宇宙の話”というタイトルのみ言でした。

訓読が終わって文亨進世界会長の祝祷が続きました。文亨進世界会長は、 “愛深き父なる神様、天基3年天暦8月15日、人類の聖地本郷苑で、神様と真のお父様に侍り、真の父母様に侍る、人類の歴史の最初の秋夕節を迎えることになりました。感謝します。

昔からお盆は霊界に祖先をたたえまつる韓国の美しい伝統でございます。また、太陽と地球と月が縦的な関係を成して1年で最も大きく美しい月見をすることができる日です。太陽と月と地球の中心本郷苑が縦に一つになります。

天基3年天暦8月15日秋夕節は真のお父様の聖和と共に永遠に人類の中に記憶されることでしょう。これは、天上の霊界と地上の私たちが真の父母様を中心にお迎えし、縦に一つになるもう一つの重要な点になる日なのです。したがって、今日の秋夕節は人類の歴史に末永く記憶されることでしょう。

原理の神様、この歴史的な秋夕節を迎える本郷苑で、人類のメシヤ、人類の最後の再臨主であられる真の父母様を縦的にはべります。私たちは王の王であられる天一国真聖徳皇帝にはべり、永遠の天一国の市民になります。私たちは、真の父母様に死生決断、全力投球、実践急行の伝統をこの地に打ち立てます。

今、基元節を迎えて天上にいる真のお父様と、天上にいる子女様たちと地上におられる真のお母様をお迎えして、天一国を立てていきます。あなた様も願われた天宙的な自由、天宙的な平和、天宙的な統一、天宙的な幸福の世界を建設します。あなたが夢見たあの美しい自由な世界を立てていきます。

父なる神様、きょうこの貴い秋夕節を許していただき、誠にありがとうございます。もう一度、私たちが感謝の気持ちと、すべての栄光をあなたに向ける心情で、全ての言葉を祝福中心家庭文亨進家庭の名で報告しおささげいたします “と祝祷をしました。

祝祷が終わってユジョンロUPF韓国会長の億万歳三唱で天基3年総会員秋夕節本郷苑参拝式が終わりました。

Posted by on 2012年10月10日. Filed under トピックス, ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*