文鮮明天地人真の父母聖和原殿式


文 鮮明天地人真の父母聖和原殿式 

偉大なる師であり、人類の真の父母様、天上で楽になされてください。

天基3年天歴7月29日(陽9.15)午後1時30分 、天聖山では文鮮明天地人真の父母天宙聖和原殿式が挙行された。

この日、原殿式は元老親族、大陸会長、巡回師、摂理機関長、企業責任者、 韓国教区長、日本、アメリカ代表、国家会長、分捧王、数カ国の国家メシヤ、など400名が参席する中、ソクチュノ韓国会長の司会で天一国国歌斉唱、キム ヨンフィ会長の報告祈祷、キム ヒョユル会長のみ言訓読、献花、献土と進み、さらに文亨進世界会長の祈祷とヤン チャンシク会長の億万歳三唱の順で進行された。

 文鮮明天地人真の父母様が原殿地に向かう道には数多くの参席者が天聖宮まで列を作り、文鮮明 天地人真の父母様の最後に行かれた道に菊やバラ、ユリ、統一旗を振り見送った。

涙を流し敬礼を捧げる参拝者もいて、文鮮明 天地人真の父母様が通過される時には花を地面において静かに祈祷する参席者もいた。

列を成す参席者の表情は文鮮明天地人真の父母様に向かう愛に溢れていた。

 

<原殿式場に移動する文鮮明天地人真の父母様の御聖体>

天聖山原殿に到着した文鮮明天地人真の父母様の御聖体は文亨進世界会長、文國進財団理事長、12名の聖和委員達を通して厳かに進行された。

真のお母様は作業される間はそこから目を話す事ができなかった。

<下棺を準備する様子>

<下棺の準備を見守られる真のお母様>

<下棺の様子>

<下棺をする間でて来られ、目を離す事ができないお母様>

ソクチュノ韓国会長は「今日、私たちは人類の歴史にまたとない真に厳粛な瞬間に立ち会いました。全てを勝利され神様の実体になられた真のお父様は天の国に入城された、実に天宙的な原殿式を迎えました。」と語り、「原殿式を通して真のお父様を霊界に送って差し上げた後にもいつも共におられると確信し、変わる事のない場所で地上にいらっしゃる真のお母様に侍り、天地人真の父母様に忠と孝の生き方を決意し、これから文鮮明天地人真の父母 天宙聖和原殿式を始めます。」と文鮮明真の父母 天宙聖和原殿式の開会を宣言された。

<開会宣言をするソクチュノ韓国会長>

続いて真の父母様に敬礼を捧げ天一国 国歌を提唱とキム ヨンフィ会長の報告祈祷があった。

キム ヨンフィ会長は御聖誕から聖和される時まで一日も休むことなく、夜も昼もなく神様の前に孝行と忠誠を尽くし真の父母様は生きてこられた。み言を実践されみ言の実体となり、サタンを完全に屈服させ全ての人間をサタンの巣窟から解放し、神様の血統の子女として帰ることの出来る道を開けて下さった方がまさに真の父母様であります。すでに全体が一つになった天地人真の父母様 のみ旨が成されますように御祈りします。」と報告祈祷をした。

<報告祈祷をするキム ヨンフィ会長>

続いてキムヒョーユル会長の真の父母様のみ言訓読があった。
真の父母様が2006年10月14日 天正宮で開催した第5回 蒙古斑点種族世界平和連合総会祝宴の時に下さった 「実在する霊界」を訓読された。

「人間には体と心があり、肉心には霊人体があり、その霊人体が生きている霊界ではもちろん、肉心が生きている現実世界の何処でも神様は実在される」と始まる訓読のみ言は霊界に対して詳細に説明されている。

<み言訓読をするキム ヒョーユル会長>

訓読がおわり、家族と各界代表の献花と続いた。真のお母様と真のご家庭そして、委員団長、5大聖人、元老代表、大陸会長、分捧王、国家メシヤ、教区長、機関、企業体の順で進行された。真のご家庭は献花を捧げたあと、全員で手を繋ぎ懇切に祈祷をした。

<献花される真のお母様>

<献花される真のご家庭>

<献花された後、そろって祈祷される真の御家庭>

<真のお父様の梓宮を封する様子>

<文鮮明 天地人真の父母様の梓宮が封された元宮>

<献土される真のお母様>

<献土される文亨進世界会長ご夫妻>

<献土される文國進理事長御夫妻>

献花と献土が終わり文亨進世界会長の祈祷が続いた。
文亨進世界会長は「今日人類のメシヤであり、真の父母、救世主であられる天地人真の父母様が肉心のお体をお使い90年余りの時間でこの地で、神様の解放と釈放をしてくださいました。そして、あなたの願いである神様と真のお父様、真のお母様より、実体の三位一体を成され直系の子女を通じて真の家庭を完成されました。あなたの美しい微笑、美しい手振りが懐かしいです。しかし、天のお父様、すでに夜の神様になられ真のお母様と一体になり私たちと永生される事を考えれば哀しみの心が癒されます。天のみ旨を進める為に基元節を前にして天上に行かれたあなたの道を見て私たちは泣きません」と報告祈祷をされた。

祈祷をする文亨進世界会長

億万歳三唱

続いてヤンチャンシク会長の億万歳三唱を最後に天地人真の父母天宙聖和原殿式は幕を閉じた。

神様の解放と人類の救援世界、平和実現 救援のため、一生を献げられた真の父母様、公生涯の路程を出発されて地上生活を終えられるその瞬間までみ旨の為に生きて来られた偉大な師であり、人類の真の父母様、天上で安らかににお休み下さい。

Posted by on 2012年9月19日. Filed under トピックス, ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*