<取材現場>麦研究大家の新しい出発


アジア洲経済(記事入力2012-07-03 15:29

<取材現場>麦研究大家の新しい出発

アジア洲経済キム・ソングク記者=麦は白米を中心になされた食生活で不足しやすい栄養素などを多量含有している。 コレステロール合成を阻害してストレスに対する抵抗力も高める。 坑癌作用および成人病予防にも効果的だ。

このようにからだに良い麦を一生研究したソク・ホムン韓国食品研究院博士がしばらく前に定年退任をした。

1988年5月1日食品研究員に入社したソク・ホムン博士は麦研究を通じて,我が国麦消費刺激に大きく寄与した人だ。 麦消費を増やすための研究記録は70〜80年代当時麦パンを作るのがすべてだった。 ソク博士は偶然に麦茶を飲んでいる間‘麦飲み物を作らなければならない’というアイディアを基に‘メッコール(麦コーラ)’という大ヒット商品を作り出した。

当時だけでも国内飲料市場は清涼飲料が勢力を伸ばした時期であった。 麦飲み物にコーラのようにパッと撃つ清涼感を出すには炭酸ガス注入施設が必要だったがこれをドライ アイスで代って,ビール,麦茶のような特異な味を誕生させた。 このように得られた基礎固有技術は政府に報告されたしまもなく言論にも報道された。 この消息を聞いた一和、ヘテなど関連企業の関心もすごかった。 基礎固有技術の主人は一和に移ったし,直ちに商用化された。 想像外で大当たりを放つとすぐにヘテでポリテン,ロッテでピビコルドゥン類似製品が出てくるほどであった。

引き続き国民の健康を考えて朝食代用で容易に食べることができる麦フレーバリンクも開発した。 麦フレーバリンクを作る当時には国際食料農業機構(FAO)でも関心対象であったし韓国に対する天文学的な資金支援があったという。 ソク博士の作品はイタリア,ローマに位置したFAO本部にまだ展示されている。

その他にもソク博士の業績は多い。 この文中にみな表わすことができないのが惜しいだけだ。 彼の定年退任が記者には麦の味のようにスプスラだ. 国民のために一生を献身した彼に慰労と新しい出発に対する応援の拍手を送って,また他の業績を残すのを期待してみる。

 

 

 




coded by nessus
Posted by on 2012年7月4日. Filed under コラム, ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*