スポーツ・文化 ニュース

韓半島の平和統一祈願「2019ピースロード統一大長征」日韓自転車縦走団、日本の縦走出発

更新日:

FFWPU(韓国)ホームページ>プレス

[非常に経済]

韓半島の平和統一祈願」2019ピースロード統一大長征」日韓自転車縦走団、日本の縦走出発

「韓日両国政府は、今硬直しているが、民間レベルでは、韓日両国がまだ仲がいいことを示すきっかけになるだろう」

7月11日午前8時、日本最北端の北海道稚内市。「2019ピースロード統一大長征」の一環として、韓国と日本の青年大学生などで構成された30人余りの韓日自転車縦走団がこれまでよりも、両国の友誼を深めスタートラインに立った。

ピースロード大長征は「韓半島の統一と世界平和」の重要性を知らせ、130カ国以上でUPF(UN ECOSOC総合協議資格NGO)メンバーと市民などが、自転車などで地球を縦走する行事で、今年は7回目だ。

ムンヨナUPF韓国会長兼ピースロード組織委員会委員長は、挨拶で「ピースロッドは1981年、文鮮明総裁が提唱した世界平和高速道路で始まった人類の調和の大プロジェクト」とし「韓鶴子総裁は、その維持を奉じ「ピースロード」と呼ばれる名前で毎年130カ国以上で大長征のイベントを開催して地球村の平和の実装に心血を注いでいる」と紹介した。

この日ムン会長は、自分の二人の子供である「문신순(16)‧문신진(13)も縦走団に合流することになった」と明らかにし拍手を受けた。これらの兄妹は縦走団最年少で記録され、「おじいちゃんとおばあちゃんの切実な願いである韓半島の平和統一が必ず達成されることを願って祈りながら熱心に走りたい」という覚悟を明らかに周りを粛然させた。

ムンヨナ ピースロード組織委員長と縦走団に参加した子供たち

 

韓日縦走団は3,100 km以上に及ぶ日本列島を自転車で走って来月5日九州に到着する。続いて船便で韓国に上陸すると、7日から釜山でピースロード大長征韓国チームと合流して一緒に韓半島南側地域を縦走して目的地臨津閣まで1,000 km以上を再び走る予定である。

ピースロード大長征は停戦協定60周年に2013年7月27日、38度線をクリアしようという目標で、在日同胞団体の平和統一連合と韓国の世界平和統一家庭連合と南北統一運動国民連合のメンバーが意気投合し、北海道から臨津閣まで3,800kmを自転車で縦走したことが始まりだ。

ソングァンソクピースロード韓国実行委員長は「今年ピースロッドの最終目的地は、今まで縦走団が踏んだことがなかった北朝鮮の平壌になるだろう」とし「南北関係が改善の兆しがあり、楽観視している」と強調した。

一方、日本縦走出発式に先立って前日ソピルホテル(ワカナイ)で開かれた歓迎会でカワノタダシ稚内市副市長は祝辞で「7年目相変わらず世界の平和と韓日友好のために韓日両国の国民が一緒に走るのは大変なこと」とし「今回のピースロードが特に韓日両国の和合に貢献するように願う」と要請した。

毎年ピースロードイベントに参加している吉田大輔稚内市議員は「ピースロードのおかげで、毎年、日韓両国が和合することができるきっかけが作られている」とし「今年も韓日両国国民に大きな感動を与える大長征になることを願っている」と述べた。

「2032年のオリンピック、ソウル平壌共同開催祈願」のスローガンが掲げられたピースロード大長征韓国縦走イベントは、統一部と行政安全部が後援する中、8月6日、釜山と全南をはじめと全国16の市道と30以上の市郡区で地域別にも開催され、特に8月14日、ソウル駅広場では、120カ国の青年大学生1000人余りが参加する「ソウルピースロード大会」が開かれる。

背州北海道ピースロード実行委員長は「韓日関係が梗塞され、心が重い、民間団体間の粘着性がある協力を通じて解放いけばいい」と所感を明らかにし、ハンソクス韓国チーム縦走団長は「今回大学生の息子のように参加したピースロードと同じくらい良い統一教育はない」と意味深い行事を開催してくれた主催側への感謝を表した。

韓国チームメンバーに参加した降臨回(高校1年)君は「母の故郷で自転車のライディングを広げるて飛ぶような気持ち」と喜びを隠せなかった。ジョンフェチョル日本側縦走団長は、「アフリカの喜望峰で黒人青年たちと一緒にピースロッドを出発したときの感動が鮮やかだ」とし「ピースロッドは人種や国境の壁を崩すの平和のメッセンジャーになるだろう」と述べた。

この日、韓日縦走団は力強く稚内市ピースロード大長征スタートラインを通過した。これら悪天候を克服し、一ヶ月近く、日本列島を走って行く。両国の青年大学生がお互いに協力して頭を戻したら、政府間の葛藤もいくらでも解決していくことができると期待される中、これらの日本縦走ではなく、韓日両国の希望に満ちた未来に向かってペダルを踏んでいるのだ... [[続きを原文で読む]]

 

 

 

【関連記事】

-スポーツ・文化, ニュース
-, , ,

Copyright© familyforum , 2019 All Rights Reserved.