【月刊朝鮮9月号】「南米の心臓」から「共生と共栄の道」叫んだ世界平和統一家庭連合


http://monthly.chosun.com/client/news/viw.asp?ctcd=c&nNewsNumb=201809100053

宗教探訪

「南米の心臓」から「共生と共栄の道」叫んだ世界平和統一家庭連合

「アマゾン守護し、共産政権啓蒙して「世界平和高速道路」の建設しよう!」

⊙ブラジルの書」2018中南米サミット」の開催、各連合総会・創立大会・希望大会進行

⊙前現職首相・議長・大統領・国会議員に枢機卿とインディオの宗教指導者など参加

⊙文鮮明・韓鶴子総裁「南米は体(物質)、北米は心(精神)は、1つなれば平和構築」

⊙去る8月27日文鮮明総裁聖和6周年記念と国際合同天宙祝福式開催

⊙フリオマリアサンギネティ 前ウルグアイ大統領「家庭連合、社会理想に大きな貢献する」

「超(超)宗教ハプス(合水)儀式」を進行中の世界の宗教者。司会者は、「親である神の前に
それぞれの国(政治・宗教の)兄弟が人類和合の祈りをささげた」と話した。写真=家庭連合

「人間の無知に起因美しい地球が疲弊しています。廃墟に行っている地球を守るためには、南米33カ国と北米の50の州が一つになって中心位置に立たなければなりません。「地球の背骨」のような南北アメリカは神の摂理に沿って、人類に希望を与え、命を守るアマゾンを保存する必要があります!」

観客の歓声に競技場が鳴った。「至上命令」は続いた。

「「自分の国だけをの上す」れば、平和も未来もありません。人類は交流する必要があります。遠く離れては、家庭の情のを大きく感じません。「人類一家族」の夢を置いて互いに交流することができる世界平和高速道路が必要になります!」

世界平和統一家庭連合(以下家庭連合)が8月4日(以下現地時間)、ブラジルのサンパウロアリアンツパーク競技場で「中南米希望前進大会(ファミリーフェスティバル)」を開催した。この日の行事には、韓鶴子総裁と主催国であるブラジルほか、メキシコ・ウルグアイ・パラグアイ・ボリビア・アルゼンチンなど中南米をはじめ、41カ国の政治・宗教・女性指導者と世界の信徒を含む計3万人が参加した。家庭連合の今回の大会は、2012年、文鮮明総裁聖和(聖和、統一教会で教主の死亡を言う言葉)以来、韓総裁が南米で主宰する最初の公式行事として注目された。

家庭連合と天宙平和連合(UPF・Universal Peace Federation)が主催した中南米のイベントの公式名称は「2018ラテンアメリカサミット(Latin America Summit・中南米サミット)」での議題は「中南米の平和と発展:共生・共栄・共義と普遍的価値」だ。去る8月2日から5日まで、ブラジルのサンパウロでサミット、議員・女性・青年・宗教家連合総会・創立大会、希望の前進大会、祝勝会などで構成・進行された。参加者はそれぞれの大会で領土・宗教紛争、人種葛藤、家庭破壊、環境破壊、貧困と飢餓など、全世界の難題の解決策を議論・検討した。これに加え、家庭連合は今年8月27日文鮮明総裁聖和6周年記念と国際合同天宙祝福式を開催した。「月刊朝鮮」は、7月31日から8月8日までの8泊9日の日程で、ブラジルの現地でのイベントを取材した。

「世界のすべての国は、神を祀ったした「兄弟姉妹」」

  中南米希望前進大会には主催国であるブラジルほか、メキシコ・ウルグアイ・パラグアイ・ボリビア・アルゼンチンなど中南米をはじめ、
41カ国の政治・宗教・女性指導者と世界の信徒を含む計3万人が参加した。

中心行事は4日に開かれた希望の前進大会だった。英語と韓国語を含む、計5カ国の言語の同時通訳で行われた。白く青い帽子をかぶった群衆が競技場に満ちた。記者が会場に到着時には、南米の指導者が大画面3個、数十個の照明、ジミー家がインストールされて舞台で熱弁を吐いていた。アンソニーカルモナトリニダードトバゴ共和国前大統領だった。彼は祝辞で「国家的・世界的な問題に対処するとき、新しい価値観を持つ必要があり、消費電力のリーダーシップではなく、仕えると包容のリーダーシップを持たなければなら」と、宗教的調和と民主主義の重要性を強調した。

観客は人種・国籍・老若男女を問わず、拍手を送った。スーツ姿から道着(道服)・承服・Tシャツなど、観客の服装も多様だった。一人は、銀で作られたと思われるかなり大きい十字架を首にかけて祈りをしていた。楽しい表情で口笛を吹いて歌を歌う人もいた。猛暑が猛威を振るった韓国とは異なり、当時、ブラジルの天気は肌寒い方だった。イベント直前まで風雨が吹いた。灰色の空にも3万人の観客の不便気配は見えなかった。ゴスペル聖歌隊が華やかな歌唱力で賛美歌をドックした。観客は席を立って、手とタオルを振って応えた。スマートフォンで動画を撮ったりした。祭りを楽しみに来たこれらの姿そのままであった。

続いサンパウロ教育庁主催で開かれた「真の愛・平和統一創作賞」と「超宗教ハプス(合水)儀式」が行われた。司会者が校名を呼ぶと客席から歓声が起きた。70校、4000人以上の学生が集まった席だった。優秀作に選ばれて表彰台に立ったブラジルの学生校長は賞を受け、喜びを隠せなかった。

韓鶴子世界平和統一家庭連合総裁が8月4日、ブラジル・サンパウロアリアンツパークスタジアムで行われた
「中南米希望前進大会」で基調講演をしている。

南米各国の国旗が次々入場した。拍手喝采が続いた。ガラスで作られた聖水(聖水)器がカメラに映しだされた。カトリックをはじめ、プロテスタント・イスラム・ユダヤ教・家庭連合から南米土俗宗教で「ウムバンダ」「カンドンブレ」の指導者まで一堂に集まった。それぞれ入れてきた聖水を一つの器に注いだ。敬虔な提案も伴うされた。注文を外国語高校カップにキスし、天に祈りました。司会者は、「神の祝福に(当日)雨が降らなかった」とし「親である神様の前に、それぞれの国(政治・宗教の)兄弟が人類和合の祈りをささげた」と話した。

韓鶴子総裁の基調講演が始まった。赤いローブにブローチが輝いた。紙原稿やプロンプトを報告する儀式的演説がなかった。本気で湧き出る解説(講論)であった。3万人の観客は、一同起立して拍手と歓声を送った。メガネかけたある南米の女性は笑って韓国語で「愛しています」と叫んだ。家庭連合の「祝福結婚」で誕生した、二世の女の子は感激に抑えられ、涙を見せることもした。韓総裁の口調は慈愛深く暖かったが、問題点を指摘するときは、断固として明らかだった。

「海から陸から多くの命が死んでいます。このようなとき、どのように傍観していてよいでしょうか。宇宙のマスターである創造主の神を祀る運動が起きなければなりません。世界のすべての国は、神を祀った兄弟姉妹です。南米最南端チリのサンティアゴで、北米を経てアラスカ、ユーラシア、韓国に行く「世界平和高速道路」を、あなたがたが心を合わせ・建設していきましょう。天が祝福した中南米大陸が天の前に責任を果たす「神中南米」になることをお祈りします。」

 

南米、資源多いが理念混乱経験

希望の前進大会に参加した観客が歓声している。これらのイベントが始まると、手とタオルを振って連呼するなど、祭りを楽しみに来た雰囲気だった。

希望前進大会を開いた家庭連合の「世界平和理想と超宗教和合の精神」は、同じ日にサンパウロルネッサンスホテルで開かれた「世界平和の宗教連合(IAPD)」創立大会でも千人になった。イヒョンヨウン韓国宗教協議会会長の歓迎の辞が終わると再び「超宗教合計式」が行われた。ドミニカ共和国の枢機卿から、アルゼンチンのインディオの宗教指導者まで発表者として出た。平和統一を実現するための共生・共栄の大義名分の前に肩を分けるはタブーと聖域はなかった。

フェリックスドミニカカトリック枢機卿は祝辞を発表し、「平和の前にすべての人類は神の子供であり、すべての宗教は愛で一つにしなければならない」は、フランシスコ教皇のビデオメッセージを伝達した。彼の祝祷部分である。

「1967年、私は「平和が発展のもう一つの名前」という言葉を聞きました。私たちのすべての祈りと真心は和合のためのものです。クリスチャンだけの和合がありません。すべての宗教の和合が重要です。私たちが聞いて言うとき、心から心でお互いを尊重してください。教皇が韓国を訪問した時、他の宗教を尊重し、他の宗教家たちの話を聞くました。このような(超宗教)の活動は、尊重します。」

前日のような会場で行われた「世界平和国会議員連合(IAPP)総会」では、政治指導者たちの世界の平和造成計画が発表された。韓総裁の特命総士で活動中ヤンチャンシクUPF中米会長は、この大会で「イベントの準備のために、今年1月から7ヶ月間中南米33カ国を巡回、各国の指導者たちに会って協力を求めた」と述べた。ヤン会長は「ドミニカ国会議長、ホンジュラス・コスタリカ大統領などが家庭連合と志を同じくした」とし「미셰우 現在のブラジルの大統領も多忙なスケジュールに参加したが、参加の意思を明らかにした」と述べた。彼の説明だ。

「南米は現在葛藤と希望の境界に立っています。天然資源の多くは、潜在力が大きい大陸であるが情勢が不安です。3分の2が左翼政権です。「ウ(右)クリック」も行われ、国ごとに理念的混乱を経験しています。人権・国境・麻薬・犯罪・脱線など社会問題も相変わらずです。UPFと家庭連合の平和運動が政治の安定とリーダーシップの構築につながり、国家の改善が行われることを願います。」

ヤン会長の後議員連合共同会長を務めているデンボタン元米国上院議員が挨拶をした。彼は「共同会長を務め、2年の間に80カ国を訪問し、首脳と文鮮明・韓鶴子総裁の平和のビジョンを共有した」とし「今後(朝鮮半島の)南北和解のために平和運動を継続・展開していくものである。中南米の指導者たちにも平和の気運が拡散すると信じて」と言った。

 

「家庭回復」「脱線防止」カープ・青年連合

  

ギムサンソク家庭連合中南米総会長は「今回のファミリーフェスティバル(希望前進大会)を介して、
各国でも警戒心を持って家の価値を復元する場合、南米のいくつかの私の問題が解決されると思う」と語った。

この日の午後8時家庭連合、中南米本部大講堂で開かれた「世界平和青年学生連合(YSP)創立大会」の雰囲気もいつもイベントに劣らず熱かった。記者が本社ビルに入るロビーの外まで列が並んでいた。家庭連合祝福結婚で誕生した2・3世の子孫と世界信徒たちが青年連合大会を見るためだった。その日の夕方には小雨も降った。気温は10度前半に下落した。誰もグェニョム値でした。紙皿に盛られた料理で空腹をなだめ順番を待っていた。どの韓国人母娘は陽気な心に階段で足を促した。

講堂に入ると歓声が耳を埋めた。2階客席まで尽くされた青年たちの合唱と歓声は人気歌手のコンサートを彷彿させた。参加者万1000人だった。リズムに乗るジェスチャー、一緒に着た制服、キレのある拍手喝采、口笛と笑い声はK-POP公演会場の熱気と同じだった。舞台の上のバンドも同じだった。あどけないボーカルの賛美歌がドラムとギターの旋律に交わって流行歌のように爽やかに聞こえた。文・韓総裁の子供である文善進家庭連合世界会長夫妻が姿を現すと歓声はさらに大きくなった。

家庭連合の理想追求は「真の家庭回復」と「超宗教運動」に集約される。文鮮明総裁は生前「世界統一経典」を完成するために心血を傾けた。彼は「すべての宗教の教義が70%同一である」とし「仏教・プロテスタント・カトリック・ヒンズー教・家庭連合すべて神の立場から見れば、「5人の子」でしかない。すべての宗教が戦わず和解に生きるのが親である神様を最も幸せすること」とした。

文総裁の遺業を引き続き家庭連合を率いている韓鶴子総裁は、今日行方不明の親・子の間の愛の価値を復元しようと努力した。親が施さなければすることがヒョジョン(孝情)の教えはもちろん、子供たちに子たる道理も教えた。「天の父母」である神の中で、全世界の宗教が一つの子であるように、各家庭がまさにこそ人類の調和と平和も可能だと見た。今回のイベントの総責任者であり、24年の間に、統一協会の南米の働きを担っているギムサンソク家庭連合中南米総会長の話だ。

「南米は現在腐敗・国境・薬物の問題、家族破綻、欠損家庭、性同一性混乱など、複数の難題を抱えています。今回のファミリーフェスティバル(希望前進大会)を介して、各国でも警戒心を持って家の価値を復元する場合、問題が解決されるとします。私たちの家庭連合も「ヒョジョンの教えの下、将来の世代のための組織を運営しています。大学生連合「カープ(CARP)」とUPFの青年連合です。両組織は、青少年が正しく成長できるように純潔運動と脱線予防に力を入れています。鮮鶴奨学財団を発足させ、将来の人材育成にも努力しています。 」

 

  ブラジルの7選議員 “文・韓総裁の宣教活動を高く評価”

  

ネルソンマルケシェリー、ブラジル労働党(PTB)議員は、「(今回の大会を主催した)家庭連合の平和統一運動を歓迎する。世界平和をできないなす人類だけでなく、地球自体がないだろう」と述べた。

今回の行事には、一般的な信徒や学者・起業家・宗教家のほか、世界の多くの前・現職の政治指導者らが参加し注目を浴びた。希望の前進大会のみ元大統領9人、前現職国会議長と国会副議長10名、現職国会議員78人が集まった。議員連合総会には、ブラジルの現役議員20人が出席した。その中テメール大統領の最側近とされるネルソンマルケシェリー(Nelson Marquezelli)ブラジル労働党(PTB)議員とのインタビューを進行した。マルケサール議員は30年前に入党、現在7線に上がった中堅政治家として22年前に文鮮明・韓鶴子総裁の指導の下、「ブラジルの1号平和大使」に任命され、統一運動を続けてきた。

– どのように文総裁の「ブラジルの1号平和大使」ができています。

「文総裁が35年前に韓国からニューヨークに向かう飛行機に旅したが、私のすぐ隣の席に座りました。彼が最初にスペイン語で挨拶をいただいて本もプレゼントいただきました。本人の家に招待もくれましたよ。その総裁の家族や周りの人を知ることになり、ブラジルの1号平和大使に任命されました。以後総裁が南米の働きに力スシルとき私が直接、ブラジルで迎えて補佐しました。」

– 「2018中南米サミット」が南米大陸にどのような影響を与えると見ますか。

「(今回の大会を主催した)家庭連合の平和統一運動を歓迎します。世界平和をできないなす人類だけでなく、地球自体がないことです。ブラジルの主な広報場所である「アリアンツパークスタジアム」で行われたファミリーフェスティバルは、誰も無視できないことイベントです。家庭回復運動も、この社会に良い影響を与えるでしょう。」

– ブラジルで家庭連合のアイデンティティはいかがでしょうか。

「二総裁の宣教活動は、ブラジル国会内でも高く評価されて歓迎されます。複数の議員が文鮮明・韓鶴子総裁の精神的なアイデンティティを認めています。実際の私たちの国会でUPF行事が何度も開かれました。他の宗教であれば、そのように(多くの人波を会場に)呼び集めることができなかったことです。南米の多くの有力者が文・韓総裁を尊敬する理由です。今年の選挙さえなければ、現職の重鎮議員がイベントにもっと参加したことです。」

捨てられた地収め共産化停止した文鮮明

家庭連合は古くから南米宣教を進めてきた。文鮮明・韓鶴子総裁は「南米は体(物質)、北米は心(精神)」という認識の下、20〜30年前からアメリカ開拓に集中した。文鮮明・韓鶴子総裁が1981年明らかにした「世界平和統一高速道路」の建設構想もここから始まった。土地が広く資源が豊かな南米大陸を北米と接続すると、アジア・アフリカのに至るまでの「直通陸路」を作るという計画だった。世界が平和の名の下に統一することができるベースだった。韓総裁のサミット開会式の演説の中で部分である。

「北米が心なら南米は、体に位置しています。世界のすべての難題を解くためには、心と体が統一されなければなりません。だから(私と文総裁は)20年以上前にブラジル、地球の肺・心臓などのアマゾン・パラグアイの流域を中心に三摂理を広げました。この原始的な地域を生かす道だけが未来があるとみました。(そのような点で)「世界平和高速道路」の建設に皆さんが参加してください。 」

文鮮明・韓鶴子総裁は韓国・日本とアメリカのニューヨーク・ワシントンを中心に世界の平和の青写真を描いた。二総裁の視線は「赤道の大陸」南米にまで伸びた。円滑な宣教活動のためには、当時の多くの国で大手打った共産主義から退治しなければならなかった。統一教会の教義によると、共産主義は根本的に、神の存在を否定する「サタンの思想」である。共産主義思想は、誤った解放の神学、無神論的理念と連携するからである。二総裁は、1980年「私はもう我慢できない。中南米大陸に勝共(勝共)運動のトーチを聞かなければならない」と南米で信徒を伝播した。神の注意を基にした組織「カウサ」(根本・源)運動を介して、1991年までに赤化された土地を教化させた。カウさの動きは、2005年家庭連合のUPF創設、平和大使の活動につながっている。

二総裁は、1995年に直接南米に移る。ブラジル、パラグアイ・ウルグアイ・アルゼンチンの4カ国を中心に宣教の働きを展開した。特にブラジルとパラグアイの農場と土地を集中的に購入した。ソウルの10倍を超える面積の敷地を確保した。当時としては捨てられた地も同じであった。両国を拠点に平和高速道路を構築するためだった。二総裁は、その「不毛地」に、神のビジョンが隠されている見た。実際二総裁が集めた地は南米の要衝で変わり、地下に大量の天然資源も埋蔵されているという。

文鮮明・韓鶴子総裁は十数年の間にアメリカに滞在し、各国政府・信徒と連合、農業・林業・水産業の開発を導いた。猛獣と毒虫の脅威を冒して密林中に入って未開拓地域を探査した。人類の食糧難を解決するために「魚放生キャンペーン」などに参加した。麻薬中毒の一ヒッピーが文総裁の解説を聞いたあと、長い髪を切って、悔い改めたこともあった。このことは米国でも文鮮明・韓鶴子総裁の活動に注目し始めた。

 

「孝情の光、全世界の希望に」

  

サンパウロ素材の家庭連合中南米本部大講堂で開かれた「世界平和青年学生連合(YSP)創立大会」公演場面。あどけないボーカルの賛美歌がドラムとギターの旋律に交わって流行歌のように爽やかに聞こえた。写真=シンスンミン

今回の大会の最後のイベントは、8月6日、サンパウロシティバンクスタジアムで行われた祝勝会であった。家庭連合関係者と世界の信徒4000人余りが参加したこの日の大会には、ペルー・ウルグアイ・コスタリカなど南米各国の人々が集まった。客席と舞台がオペラ劇場のように構成され、会場には、国楽の旋律が響き渡った。「孝情の光、全世界の希望に」というタイトルをかけ、今回のイベントは、個々の宗教行事レベルを超え、東洋の効果精神家庭文化を世界に広めるときであった。

式次第は総合芸術公演で行われた。多人種で構成され合唱団は韓国語で「母の恵み」と人気演歌歌を披露した。ダンサーは、カラフルな踊りで演劇・ミュージカルを見せてくれたりした。神の愛と家庭の方も下に、理念と国境を崩し、すべての人が一つになった瞬間だった。歌を歌って、自分感動受け、涙を流す団員もカメラに映しだされた。観衆は拍手を打つことができず、腕を振って歓声を上げた。アマゾン密林を思わせる、ダークグリーンのドレス姿で韓鶴子総裁が表彰台に立った。韓総裁の声は、母親が子供に言うよう優しくした。

「私たちは、風に揺れずに屈せずに立っている一抱え木のような関係だ。「堕落した時代に、純粋な水」のようなあなた(祝福結婚で誕生した2〜3世の信徒)は、現在、世界堂々と真実を言わなければならない。勇気をもって真実を言うとき、平和な人類の家庭「地上天国」を達成することができる。」

韓鶴子総裁が力説した真実は何だろう。世界統一は、宗教紛争と理念葛藤を打破するとき可能であること。真の平和は、世界の国々が一つの家族のように和合・疎通するとき達成できるということだ。「普遍的価値」ではないだろうか。



[インタビュー] 

前ウルグアイ大統領フリオマリアサンギネティ

  「左翼唯物論で自由・人権の危機に置かれて… 家庭連合の平和定着運動続けなければ」

フリオマリアサンギネティ(Julio Maria Sanguinetti)前ウルグアイ大統領は、家庭連合の「2018中南米サミット」に出席するため、開会式で韓総裁とともに祝辞をした。1936年ウルグアイで生まれた彼は記者・ライター出身で、1960年代の産業通商部長官、1970年代の教育文化部長官を経て、第35・37代、ウルグアイの大統領を務めた。彼は祝辞で「文鮮明総裁は真の家庭価値観を説いており、韓鶴子総裁は彼の業績を見事に発展させた」とし「(家庭連合が重視する)宗教和合がない場合、地球は多くの繁栄を享受することができない」と述べた。

– 家庭連合の宣教活動が世界の平和にどのように寄与するものと見ていますか。

「南米は今左翼の物質主義のために自由・平和・人権の価値が危機に置かれました。SNSで世論操作が横行します。(誤った)情報があふれる人類は混沌に陥りました。文鮮明・韓鶴子総裁は、過去「カウサ」「アウルラ」両組織を導いて家庭の価値観を確立して、中南米を統合しました。家庭連合の平和イニシアティブ(主導権)活動」は、意味深い運動です。社会の高い理想のために大きく貢献されます。 ”

– ウルグアイは家庭連合の価値と教義をどのように受け止めていますか。

「南米も韓国のように伝統的家庭の価値を重視します。現在、各家庭に問題があることを、私たちは認めてください。今日では、離婚率が高く、家庭不和に葛藤があります。家庭は、社会基盤の単位です。憲法にも書かれています。家庭連合の平和運動に脅かされている家庭のシステムを復元する必要があります。私在任した当時、ウルグアイ政府は文総裁が自由に布教活動をすることができるように保護していました。ウルグアイ人も家庭連合のメッセージをよく受け入れており高く評価します。 ”

– 今回の大会でUPFの中南米宗教家連合が創設されました。どのように評価すればよいです。

「宗教家たちが一堂に会し、平和を模索するのは非常に重要な活動です。第二次世界大戦が終わると共産世界と民主世界が対立する冷戦時代が到来しました。冷戦が終わると宗教対立が続いています。全体ではないが、いくつかの極端イスラム主義者のために、西洋の平和は破壊されています。宗教家たちがお互いに会話して和合を推進していけば、テロを克服し、バランスを維持し、平和の環境が造成されています。」

– これから南米の平和定着のためにどのようなことをするつもりでしょうか。

「私は統一教会の信仰はないが、UPFと、過去数年間家庭連合の真の家庭復元、超宗教活動を支持してきました。韓総裁のすばらしい仕事に拍手と声援を送り続けることです。」… [続きを読む]

 





coded by nessus
Posted by on 2018年9月4日. Filed under FFWPU, スポーツ・文化, ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*