[証し] 昌原市希望前進決意大会の恩恵: 手先が熱くなってくるのを感じながら


天宙清平修練苑ホームページ>証し

昌原市希望前進決意大会の恩恵: 手先が熱くなってくるのを感じながら

[韓国慶南教区、Y.P.(6000家庭、50代、女性)]
「日本宣教師たちと一緒に手伝いながらしていると、日本宣教師の姉妹たちの事情と心情がわかるようになり、絶対従順で一生懸命しようとする宣教師の姉妹たちを見ながら、本当にすごいと感じました。私がもし今も職場に出て仕事をしていたら、職場に通うという言い訳で活動をしないでしょう。ところが日本宣教師たちは職場に通いながらも時間を見つけ、また仕事を一日や二日と休みながら一緒に活動しており、また生活も貧しく間借り生活をし、子供たちもたくさん勉強しなければならない時期なのに、お金を一銭でも稼がなければならないにもかかわらず、職場を休んで活動に参加するという宣教師たちを見ながら、『天の父母様と真の父母様が愛さざるを得ない』と感じるとともに『私はとても恥ずかしい信仰生活をしてきた』と反省しました。また店を経営している宣教師も店を閉めて活動をし、魚屋ですごく忙しいにもかかわらず毎日私と活動して足となってくれた宣教師、言うことはなんでも拒絶せずに聞いてくれた宣教師を見ながら『その宣教師は生きていらっしゃる天の父母様だ』と悟りました。それで活動に出るときは天の父母様と真の父母様、そして絶対善霊の先祖たちに『今日どこどこに活動に行きます。手伝ってください。一緒にしてください』と祈祷し、戻ると『ありがとうございます。一緒にしてくれて本当にありがとうございます』と祈る生活になりました。私が上手で能力があってではなく、神氏族メシヤ430家庭を先にやって、初めてする宣教師たちが『ためらってしまう』『自信がない』と言うので、私が少しでも役に立ち、必要だったら一緒にしてあげたかったのです。宣教師たちが『病気にならないでください。病気になってはいけません』と言いながら私に力をくれるたびに本当に嬉しかったです。

 

<続きはこちらから>




coded by nessus
Posted by on 2018年8月15日. Filed under FFWPU, おすすめ, コラム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*