新潟県知事選告示


国際勝共連合オピニオンサイトRASHINBANに新しいオピニオンがupされていたのでご紹介いたします。

ご覧ください。

              

総裁選、来年の参院選に影響も

新潟県知事選挙が5月24日、告示されました。投開票日は6月10日、米山隆一前知事の辞職に伴うものです。

 

自民・公明両党が支援する元海上保安庁次長の花角英世氏(60)、立憲民主、国民民主、共産、自由、社民各党と連合が推薦する元県議の池田千賀子氏(57)、無所属新人で元五泉市議の安中聡氏(40)が立候補を届け出ました。

 

この選挙は、新潟県政を担う首長を選ぶことが目的ですが、野党5党(立民、国民民主、共産、自由、社民)共闘の池田陣営は、国政に絡める戦術を展開しています。この闘いの成果を、来年の統一地方選、参院選につなげようとしているのです。

 

そして、「森友・加計学園」問題で与野党が激しくぶつかり、批判の矢面に安倍首相が立っているだけに、9月の自民党総裁選で連続三選を狙う安倍氏にとっては正念場ともいえる側面を持っていることも指摘しなければなりません。

 

安倍氏は2012年に政権に返り咲いて以降、衆院選3回、参院選2回で5連勝です。「支持率が上がらない低迷下でも知事選に勝ては『来夏の参院選も安倍さんで』という声が強まるに違いない」(党幹部)との声もあります。

 

花角氏は新潟県佐渡市の出身で、同県の副知事を務めたこともあります。また二階俊博幹事長が運輸大臣だった当時の秘書官でもあるです。当然、力が入っています。

 

新潟では近年、柏崎・刈羽原発再稼働、TPP問題などが争点となり、国政選挙で野党系候補が勝利を収めるケースが多いのです。自公両党は「政党色を薄めた方が支持を拡大しやすい」と判断し、側面支援に徹する方針、戦術をとって必勝を期して闘っています。

 

地殻変動」が東アジアで起ころうとしています。この時を乗り越えられるのは安倍首相しかおりません。その意味で、この選挙は大きな意味を持っているのです。

 

                 

上記のRASHINBANの記事はコチラ




coded by nessus
Posted by on 2018年6月7日. Filed under コラム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*