韓鶴子UPF総裁講演「健全なアフリカの建設を」


世界日報(THE SEKAINIPPO WEB)にupされていた記事をご紹介します。

ご覧下さい。

          

セネガルで2018アフリカサミット

国連NGOのUPFは1月18日から2日間、セネガルの首都ダカールの国際センターで「2018アフリカサミット」を開催した。「神アフリカ共生・共栄・共義と普遍的価値」をテーマに開かれた開幕式では、UPF創始者である韓鶴子総裁とセネガルのマッキー・サル大統領ら現職をはじめ前・元職の大統領・総理などアフリカの約60カ国から1200人の指導者が参加した。

セネガルの首都ダカールの国際センターで開催されたアフリカサミットで基調演説をする韓鶴子総裁=1月18日(セゲイルボ紙提供)

セネガルの首都ダカールの国際センターで開催されたアフリカサミットで基調演説をする韓鶴子総裁=1月18日(セゲイルボ紙提供)

韓総裁は基調演説で「今日はアフリカが神様に侍る『神アフリカ』として世界の前に現れる歴史的で栄光の場所」だと述べ、「アフリカの苦痛の過去を清算して、天の摂理の中心に立って新しい歴史をスタートするアフリカ大陸にならなければならない」と強調。

         

つづきはコチラ




coded by nessus
Posted by on 2018年3月14日. Filed under できごと, ニュース, 国際情勢, 真の家庭, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*