ブリッジポート大学が新しい学長を指名


ctpostに3月9日、先週金曜日にアメリカ、ブリッジポート大学の新しい学長が指名された記事がupされましたので、ご紹介します。

記事の原文はコチラ

 

SnapCrab_NoName_2018-3-13_15-38-59_No-00

以下翻訳文です。(Google翻訳 参考)

ブリッジポート – 先週金曜日、Laura Skandera Trombley(57歳)はブリッジポート大学(the University of Bridgeport 以下UB)の第10代学長に指名された。

彼女は6月30日に正式に辞任するNeil Albert Salonenの後を継ぐ。彼女のサラリーはまだ発表されていない。

「Trombley博士は広範囲にわたる全国調査で、約200人の優秀な候補者の中からトップに選ばれた。」と、調査委員会議長でありミルフォード市の弁護士であるRobert Berchem氏は金曜日にUBスタッフに発表した。 また、「Trombley博士は本人が著名な学者であり、大学の管理者としてのリーダーシップも際立っていた。」とした。

Trombleyは、カリフォルニア州クレアモントのピッツァ・カレッジの名誉学長であり、13年後の2015年に退職した。その後2年は同州にある教育研究機関であるHuntington Library、Art Collections and Botanical Gardens(ハンティントン・ライブラリー)で2年過ごした。 以前は、アイオワ州シーダーラピッズのCoe Collegeで学務の副学長を務めていました。

金曜日にUBの海岸線のキャンパスを訪れたTrombleyは、「紫の騎士になれることに興奮している。」語った。

TrombleyはUBについてコンタクトを取ったときに、多様な学生集団、優秀な大学院プログラム、時には挑戦的なバックグラウンドから生まれた学生へのアクセスを提供するキャンパスなど、彼女が惹かれるものが多くあったとし、

「これらの事柄のすべては、私にとって非常に魅力的でした。」と語った。

さらにUBは、Mark Twain Houseの本拠地であるコネチカットにある。 TrombleyはMark Twainの学者である。

Berchem氏は、最初インタビューで候補者が9人にまで絞られたと言い、

「彼女はシンプルに一つのものだった」と語った。

理事会のFrank N. Zullo議長は、「Trombley博士の背景は大学が発展のための次のステップを踏み出すのに理想的だ」と述べた。

また「Trombley博士はキャリア志向の教育と、地方・地域および国際的な人材採用の強い伝統を独自に組み合わせた価値を主張する大学の努力を、正しく導いていると主張している」とした。

過去1年間でUBへの海外からの入学者は、主に外国人訪問者に関する米国の方針に対する不確実性のために減っています。

1992年にはほぼ閉鎖していたが、以降着実に復活しているUBは、家庭連合(旧統一教会)のリーダーであるムン・ソンミョン牧師によって設立された教授の世界平和アカデミー(Professors World Peace Academy)との協議で理事会が批准されたときに救われた。 PWPAは依然として理事会のメンバーを指名することができる。

Trombleyは、彼女にとって重要なのはUBの未来だと語った。「この大学の未来は、この地域にとってうまくいけば、一人一人がインスピレーションを得られるであろう。学長にとってただ今日1日の問題ではない。今後5年間、10年間、20年間について考える必要があり、現在と未来の世代のニーズに、最も応えられるような大学に位置づけなければならない。」

既にTrombleyは学生、教員、さらにはJoseph Ganim市長に会い、彼女は市長の息子と彼女の両方がニューヨークのユニオンカレッジに通うことを学んだ。

彼女は市と強い関係を築くと約束した。

Trombleyの両親は二人ともロサンゼルスの教育者だった。彼女は16歳で大学に入学し、Pepperdine Universityで学士号と修士号を取得した。英語の博士号は南カリフォルニア大学で取得した。

ピッツァー・カレッジでは、授与資格を1億3400万ドルに増やすのを手伝い、大規模な物理的転換を指揮した。リベラル・アーツ・カレッジとしての地位が高まり、2013年にバラク・オバマ大統領はTrombleyをJ. William Fulbright外国人奨学金理事会に任命。 2017年、彼女は12人の理事会委員長に任命された。

彼女がピッツァーを離れると発表したとき、理事会委員長のShahan Soghikianは、Trombleyの独特のリーダーシップの恩恵を受けられたことは幸運だったと語った。 教員の別れのジェスチャーは、彼女に対する不信任投票であった。より強力な共有管理を求めていたピッツァーの次の学長へのシグナルとしてそれを特徴づけた。

Berchem氏は、「不信任」投票は完全に審査され棄却されたと述べた。

「彼女は彼女が作ったものではない状況に巻き込まれた。」とし、 「私の見解では、彼女がしていないことで彼女を責めようとしているのは、くだらない努力である。」と述べた。

UBの健康科学科副長のDavid M. Brady氏は、金曜日のTrombleyに対して、最初の印象は彼女が非常に明確で非常に賢明であるということだと語った。「私は彼女が大学に高エネルギーを注入すると思う。」と述べた。

 

              

Laura Skandera Trombley(ローラ・スカンデラ・トロンブリー)のWikipediaはコチラ

 

Posted by on 2018年3月13日. Filed under できごと, トピックス, ニュース, 教育・留学, 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*