[PeaceTV] 週刊ブリーフィング (2017年 4月29日)


1.真の父母様の動静

– 2017天運相続つつじ祝祭孝情清平特別大役事

天一国5年天暦4月10~12日(陽5.5~7)

清らかな水がホコリを洗い流すかのように、神霊と真理で罪悪を清算してくださり、天主権の本郷へと導いてくださった真の父母様!

真の父母様は清平聖地を6千年ぶりに探し出した新エデンであり、天一国の本郷として祝福してくださいました。

1971年、山中に生い茂る桑畑を開拓し、立てられた原聖殿を皮切りに、洪順愛テモニム聖和後、7年からは聖神実体代行役事が始まりました。

原聖殿が人並みにあふれ、天幕の中で修練を受けながら、祝福家庭の治癒の恩賜が数え切れないほど起こり、先祖解怨と祝福で絶対善霊数億双が生まれました。

清平役事は霊的な治癒を越え、善の主権と天の民を再び探す、復帰の役事でした。

90余年のご生涯、血と汗と涙で開門してくださった、天一国時代!真の父母様は天宙清平修練苑の組織を改変され、天地人真の父母様が直接治められる、新時代を開いてくださいました。

天上の真のお父様と、地上の真のお母様が役事される、新時代!

天一国の春を開く、「2017天運相続つつじ祝祭孝情清平特別大役事」が真の父母様の大きな愛と恩賜の中で行われます。

所願成就祈祷会とHJ天苑聖地巡礼、先祖解怨と祝福式を通して、新たにもたらされる、大役事の時間!

何よりも真の父母様の実体のみ言で復活する、恩恵ある時間となるでしょう。

愛する祝福家庭、全世界から集まった食口の皆さん。

今日、この場は地上と天上が一つになった場です。私たちが行くべき道は、世界復帰です。神様は人類に対する夢を持って人間を創造されました。人間の堕落は天の父母様の痛みであり、悲しみであり、恨でした。それで堕落した人間を取り戻すための蕩減復帰摂理歴史が始まりました。

大母様は名前のとおり、大きな母です。堕落した人類のいちばん近くで彼らを抱き、真の父母様の前に出ることができるようにする恩賜と恩寵を与えることのできるのが大母様です。それでこの清平を中心として実体的に霊肉を合わせた役事を始めることができました。それは、真の父母様と一つになったからです。

今後、皆さんの信仰生活、皆さんの心情基準を高めるには、この清平修錬苑を通してどれほど感謝して天の前に忠誠を尽くすかにかかっています。それによって、皆さん自らが驚くべき成長、発展を見ることになるでしょう。

ここに集った皆さんは、大きな夢を持ってください。そして真の父母様、私と一つになって必ず天が望まれる地上天国、天の父母様を中心とした、真の父母様を中心とした一つの世界、73億人類が天の父母様に侍るその日を早めることができる天一国の誇らしい民になることを祝願いたします。

天地人真の父母様の愛と精誠で復帰した新エデンであり、天一国の本郷の地である清平聖地!

真の父母様が主管される大役事を通して、孝情の伝統を相続し、ビジョン2020の真の主人として生まれ変わる、祝福の恩賜が共にあることを祈ります。

2.真の家庭の動静

第3回 フィリピン国際家庭協議会総会 天一国5年天暦3月26日(陽4.22)天正宮博物館

鮮鶴韓国語学院修了式および入学式

 

3.世界ニュース

■神氏族メシヤ活動

-統一グループ、ビジョン2020勝利のための3年出征式   天一国5年天暦3月25日(陽4.21)

-ブラジル:日本文化教室・復活節奉仕   天一国5年天暦3月19日(陽4.15)

■平和運動

– 日本: 熊本地震一周年復興バザー   天一国5年天暦1月20日(陽4.16) 熊本阿蘇家庭教会

ベナン:国会議員 平和大使任命式 天一国5年天暦3月17日(陽4.13) コトヌー

– ネパール:健康キャンプ医療奉仕 天一国5年天暦3月13~14日(陽4.9) ジャナタ・ジャスワール高校

■青年活動

– アジアトップガン修練会 天一国5年天暦3月23日~4月14日(陽4.19~5.9)

アメリカ:南ネバダ大学カープ支部設立 天一国5年天暦3月17日(陽4.13)

– ブラジル:青年大学生 孝情修練会 天一国5年天暦3月18~20日(陽4.14~16) クリティバ教区本部

– インドネシア:未来人材養成7・21・40日教育

ドミニカ共和国:復活節原理修練会

天一国5年天暦3月17~20日(陽4.13~16)

– コンゴ:青年連合 カープカンファレンス 天一国5年天暦3月19日(陽4.15)コンゴ中央州

■主要ニュース

……

 

🙂




coded by nessus
Posted by on 2017年4月29日. Filed under FFWPU, スポーツ・文化, トピックス, 動画. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*