金正男殺害と深まる北朝鮮の孤立化


国際勝共連合オピニオンサイトRASHINBANに新しいオピニオンがupされていたのでご紹介いたします。

              

金正男殺害と深まる北朝鮮の孤立化

2月12日、北朝鮮は中距離弾道ミサイルを発射し、翌13日にはマレーシア・クアラルンプール国際空港にて、金正恩委員長の腹違いの兄金正男を殺害した。北朝鮮が何と言おうと国家ぐるみの犯罪であったことは間違いない。「兄」の殺害は、金正恩氏の指示もしくは了解がなければ絶対に不可能なことである。

 

そして18日には中国が、北朝鮮からの石炭輸入を年末まで停止することを発表した。表向きは、昨年11月の国連安保理で決まった北朝鮮に対する経済制裁に基づいていると言っているが、それは建前である。あまりにも安保理制裁決議からの時間が離れ過ぎている。

 

ちなみに昨年、中国の北朝鮮から輸入量は11億8千万ドル。北朝鮮からの輸入総額の3分の1であり、北朝鮮のGDPの5%にも達する。

 

今後、北朝鮮の外貨獲得が険しくなり、中朝関係は最悪の状態を迎えることとなる。またマレーシアも北朝鮮国籍者に対するビザ無し入国禁止を発表した。さらに米国でも、北朝鮮核施設に対するピンポイント攻撃の話まで出るようになり、北朝鮮の国際的孤立と危機が深まっている

 

さらにまた、金正男殺害に金正恩が直接関与したとなると、金日成直系の血統(「白頭の血統」)までも殺害するという前例のない事態となり、国内においてもいずれ深刻な問題となる。

 

朝鮮半島の激変が中国の一大変化の引き金ともなっていくだけに、日米の親密なる連帯が極めて重要な時期を迎えた。

 

国際勝共連合会長 太田洪量

              

RASHINBANの記事はコチラ




coded by nessus
Posted by on 2017年3月6日. Filed under コラム, ニュース, 国際情勢, 社会. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

One Response to 金正男殺害と深まる北朝鮮の孤立化

  1. haribat

    「金正男氏殺害事件」の真相は闇の中ではないでしょうか

    第一に金正男氏本人か否かが最終的には未確定です。DNA鑑定できる近親者が中国の懐の中にいて決して現れません。結果として最後に「遺体」は国籍ゆえに北朝鮮に渡されざるを得ません。すると北当局は心臓病で死んだと公表するでしょう。

    第二に毒物の入手と使用経路が不明のままであり、従って起訴されたベトナム人とインドネシア人の女性二人に殺人罪を適用することは無理であり、最終的には両国ともマレーシアの友好国なので厳罰は難しいでしょう。

    第三にマレーシア国家の面子をつぶすような北の大使が追放とありますが、客観的には重要参考人を合法的に本国に返しただけです。 これでマレーシア国内には今回の殺害に関与したと思われる北の人物は一人もいなくなりました。
    結局は真相は闇の中のままで終わる様相を呈してきました。

    それで得をするのは誰でしょう?
    北朝鮮自身は黒色に近い灰色で評判は落としますが、それは毎度のことであり何の痛手にもなりません。元気よくミサイルを次々に打ち上げています。
    得するのは韓国の親北の大統領候補です。「兄殺しの金正恩氏」にならなければ、大統領選挙において何のマイナスにならず、逆に堂々と自説を主張します。これは朴と黄の謀略的宣伝にすぎないと。
    中国も韓国に左翼大統領が登場すれば 米国との「サード」を破棄するなど、すべてが思うままになります。
    、「真相が闇のまま」がどれほど願ったり叶ったり、であるかを知らねばなりません。

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*