米国マティス国防長官の日本・韓国訪問に期待する


国際勝共連合オピニオンサイトRASHINBANに新しいオピニオンがupされていたのでご紹介いたします。

              

米国マティス国防長官の日本・韓国訪問に期待する

米国ジェームズ・マティス国防長官が初の外遊先として韓国と日本を訪問する。2月2日に韓国到着。2月3日には来日し、4日に発つ予定である。

 

米国の歴代国防長官は中東やアフガニスタンを最初に訪問することが多かった。北朝鮮の核・ミサイル開発、更には背後に控える巨大な主要敵である中国を最大の脅威と、トランプ新政権が捉えている証左と考えられる。

 

今まで米国は、中東か東アジアかとその軸がぶれてきた。とりわけ1991年1月17日の湾岸戦争はイスラム過激派テロを生み、世界を混乱に陥れてしまった。それだけでなく中東に意識が行き過ぎ、中国という巨大な共産主義国家に利用され、中国の軍事的経済的肥大化を助けてきた。オバマ大統領は、米国の外交・軍事の軸を中東から東アジアに移す、「リバランス」政策を叫んだが、具体的には何もしなかった。

 

政治には冷静な判断による戦略・戦術が不可欠である。安倍晋三総理は、中国とロシアの経済力・軍事力を比較して、中国を最大の脅威として捉えるべきであり、いわば中国包囲網のためにはロシアとも組まねばならない旨の、発言をしたことがある。筆者も同感である。

 

中国という、かつてのソ連以上の経済力を持った中国がひたすらに軍拡に走っている。世界覇権を狙う共産主義国家中国に対するには、日米韓の三国を機軸に広範囲に同盟国家を広げていかねばならない。日本が、釜山総領事館前の慰安婦像設置で韓国に毅然とした態度をとっているのは、別の側面から見れば韓国を重視しているからである。

 

現在、弱体化した韓国政権のみの力では、釜山慰安婦像問題解決は期待できない。韓国は、経済的・軍事的に米国には大きく依存しているし、国民も米国に対しては肯定的である。米国から韓国政権に、釜山慰安婦像撤去に踏み出す力を与えることを期待したい。

 

国際勝共連合会長 太田洪量

             

RASHINBANの記事はコチラ




coded by nessus
Posted by on 2017年2月3日. Filed under コラム, 国際情勢, 社会. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

One Response to 米国マティス国防長官の日本・韓国訪問に期待する

  1. eric

    慰安婦像を大大的に打ち出している勢力と意図を知れば、米国頼みなどと呑気なことは言えないと思います。「藩基文」氏を大統領選から引きずり下ろした勢力です。
    その勢力は「キョレハナ」「挺対協」「左翼労組=民労連」と「ハンギョレ新聞」、この中の「キョレハナ」は大学を拠点にして女子学生を広告塔に立てて世論工作しています。そうです、あの「ろうそくデモ」を組織した勢力です。今や左翼大統領間近しまで来ました。さらに念押しのように「強制徴用者像「なるものも建てて 国民を反日世論に引きずり込もうと画策し始めました。
    「反日の旗印」に誰も逆らうことができないようにしているのです。
    しかるに米韓同盟は日本が加わらなければ軍事的には機能しません。だからこそ朴権恵大統領も最後には「慰安婦像の日韓合意」をして「日韓軍事情報物資相互補完協定」締結に至りました。
    そのことを100%知っている勢力はついに朴権恵大統領を引きずり下ろし、一気に左翼政権樹立できるところに来ました。そうなれば米国は手出ししません。内政干渉だからです。
    実に恐ろしい戦略戦術です。韓国に左翼政権樹立されれば、あとは中国の言いなりです。
    日本のメディアもそのことは知っていますが、そうなった時の保険をかけているかのように、例えば「慰安婦像」と言わず あえて「少女像」と報道し、韓国の左翼勢力の世論工作の表現のままに同調しているのです。ゴマをすっていうべきでしょうか。

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*