見極める、トランプ大統領記者会見


国際勝共連合オピニオンサイトRASHINBANに新しいオピニオンがupされていたのでご紹介いたします。

              

トランプ氏記者会見、メディアの偏向報道にこそ惑わされるな

 米次期大統領のトランプ氏が1月11日、約半年ぶりの記者会見を行いました。日本では、多くのメディアが「日本名指し批判」(日テレNEWS24)などと、さもトランプ氏が日本に対して強い敵意をもっているかのように報じました。

 

しかし、記者会見の様子を実際に見た人であれば、誰もがこうした報道に違和感を覚えるはずです。長い記者会見の中でトランプ氏が日本に触れたのは、わずか2カ所だけでした。しかもそれは、中国に対して「経済で米国を完全に食い物にし、南シナ海を(埋め立てて)要塞化している」と批判する流れの中で、「(貿易赤字を抱えているのは)日本、メキシコ、ほかのすべての国との間でもだ」と付け加えたに過ぎないものです。

 

中国への批判は、米国からの輸入に対する不当な関税や中国国内における為替操作などを念頭においたものです。これに対して日本への言及は、年間約200億ドルの貿易赤字を抱えていることを紹介したものです。その真意は、「私なら日本に対してもっと有利な交渉ができる」という自信を示すことでしょう。

 

こうした背景を知りつつ、わずかな日本への言及を「日本名指し批判」と報じるのはかなり無理があります。読者を惹きつけるためにあえて話題を創り出しているのでしょうが、こうしたメディアのやり方に惑わされてはなりません。

 

トランプ政権の日本に対する態度を理解するには、次期国防長官に指名されたマティス氏の発言こそ注目すべきです。同氏は12日、上院軍事委員会の公聴会で、アジア重視政策をとることを明言し、自国や同盟国(日本や韓国)を守る決意に「疑いはない」と断言しました。

 

日米関係では今後、経済面で厳しい交渉が始まるでしょう。また、同盟関係においても駐留費の負担が問題になるでしょう。しかしそれを即、「日本批判」「関係悪化」などと結論付けるのは誤りです。国際経済はそもそも厳しいものなのです。そのことを十分に理解した上で、戦略的に同盟関係を深化させることが重要なのです。

              

RASHINBANの記事はコチラ




coded by nessus
Posted by on 2017年1月17日. Filed under コラム, ニュース, 国際情勢, 社会. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

3 Responses to 見極める、トランプ大統領記者会見

  1. eric

    トランプ氏の言動に振り回されるのは各国共通ですが、各々自国に有利なように運ぼうとして論評している。わが日本は阿部・トランプ会談で首相は彼を信頼に足りる人物と言ったが、でたらめだったと日米の亀裂の印象を与えている。それよりも深刻なのはトランプ氏自身の問題だ。彼は「アメリカファースト」ではなく、「自分ファースト」である点である。個人のビジネスであればそれでよいが、大国アメリカが無原則外交に堕し、全てがDEAL(取引)外交になっていることに寒気を覚える。例えば。ロシア・プーチンと手を結ぶため 「核兵器削減」をするという。二週間前には核兵器増強と言ったが、プーチンが米国大統領選挙に干渉したことが公然化した今となっては、手を結ぶ大義名分が欲しくて まる反対のことを突然言い出す。
    中国問題も然り。今は台湾を擁護する姿勢だが、中国とDEALが成立すれば、一晩で変身する。

  2. さおり

    私は在米の一シックで、政治の専門家でもなんでもありませんが、とても強く感じるのは、トランプ大統領政権が立ったことは、御心だったと思います。もしも仮にヒラリーが立っていたとしたら、と考えると恐ろしくてたまりません。彼女もオバマ大統領も、進化した共産主義である、文化共産主義を掲げる思想家、ソール・アリンスキーの信奉者であり、そのソール・アリンスキーはその著書の序論で、「人類歴史上最初に権力者(神)に効果的に反逆することを成功した、ルシファーにこの本を捧げる」と書いた人物です。

    その思想の通り、最も神様の嫌うLGBT 運動に賛同して、アメリカのスーパーパワーを開く利用して、第三諸国にもジェンダーフリーの運動を押し付けようと計画していました。まさにサタンの最終的目的である、家庭倫理破壊、宗教的モラルの解体が目的です。

    もちろんトランプ大統領の人格とか私生活とかが、完璧であるとはとても思いませんが、今は押し迫る中国の脅威に対抗するためにも、もう一度レーガン大統領の時のような、強いアメリカが必要な時であり、その為には経済力の回復がとても重要になると思われます。

    そしてもう一つトランプ政権の勝利により、ヨーロッパ諸国で下火になりつつあった、キリスト教系右派も再び、力を得ているということで、これが逆だったら、神の存在自体を否定する、リベラル層がどれだけ復興したかと思うと、彼の政権の成立が与える、世界的良き影響も計り知れないと思います。

    経済という、一見宗教的には見えない分野が、実は世界情勢の自由主義と共産主義の戦いにおいて、とても重要であることを見逃してはいけないのではないかと、ど素人の意見ではございますが、痛く感じましたので書かせていただきました。これからもトランプ政権がご父母様に繋がるようにと、祈り続けていこうと思います。

  3. eric

    隠れトランプ票が実はキリスト教福音派とカソリック票であることはとても重要なことです。文化共産主義のオバマ氏によって同性婚を押し付けられ、更に「メリークリスマス」と言えない社会に封じこめられ、また彼は妊娠中絶を女性の特権にしてしまい、いつでも無料でできるようにしました。これに対するキリスト教の反発が巨大なトランプ支持になりました。当然のことです。ヒラリーさんは人気が無いのでオバマ氏に「おんぶにだっこ」でしたから、トランプ勝利は素晴らしい。これはよくわかっていることです。
    しかしながら、それはトランプ氏の選挙戦術であって彼自身がそのような信念の持ち主では無いということが問題です。彼は自己の勝利のためなら何でもする人物のようです。アメリカファーストでなく、自己ファーストの権力意志の権化です。従って世界は明日が不確実な未曽有の大混乱の時代に突入しました。何しろ世界最大の大国が「何でもアリ」の大統領に引っ張られるからです。彼の道徳的問題ではなく、未来ビジョンのない無原則な自己中心の政策によって、世界はさらに「弱肉強食の戦国時代」に突入しました。
    日本も翻弄され続けるでしょう。自主独立 自己防衛を本気で取り組まないと日本は自滅の道を転がり落ちると憂えています。

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*