2/15、ピースロード2016年臨津出発式


韓国・UPFホームページ 登録日 : 2016.02.15 22:39

ピースロードは走りたい。 2016年臨津出発式 –
61カ国の国会議員、国際平和指導者など1千人参加。

ピースロード組織委員会(会長善進)が主催して社)南北統一運動国民連合/ UPF、平和大使協議会が主催する「ピースロード2016」出発式、2月15日午後2時世界平和議員連合創設で訪韓した41カ国の150以上の国会議員、平和大使など計61カ国1千人が参加した中分断の象徴臨津閣で開かれた。
 
本来「ピースロード2016出発式」は、5月中、各大陸別に行う予定だったが、最近、北朝鮮の核問題で危機に陥った韓半島の状況では、国民と世界の人々の平和の意志で克服しようという趣旨で、3ヶ月を前倒し分断の象徴である臨津閣と統一大橋で持つようになった。
 
컨퍼 피스8.jpg
ソングァンソク実行委員長の挨拶
 
まず、臨津閣平和のの前でソングァンソク実行委員長の経過報告、ジョン・テイク韓国外交協会長の祝辞で、昨年120カ国に拡大発展した「ピースロッドの意味とビジョン」を理解する時間を持った。
 
컨퍼 -피스2.jpg
컨퍼 - 피스4.jpg
컨퍼 피스5.jpg
続いて天宙平和士官学校の生徒たちの祝賀公演、大陸別の議員平和メッセージを発表、ジョンジュジャ代表ピースロード宣言、平和統一を願う平和の打鐘平和の鳩飛ばしなどが順次行われた。
컨퍼 - 피스2.jpg
最後に、各国の代表が自国の国旗を付けた「平和の自転車」に乗って臨津閣を出発し、開城工業団地のランプの統一大橋まで力強く走り、国民と世界の人々の平和の意志を集めて切断された南北の道を再び開くことを要求した。
컨퍼 피스10.jpg
一方、ソウルで参加した平和大使「開城工業団地ランプ統一大橋の前に到着したピースロード旗を見た瞬間、そのまま北朝鮮に行くことができればどんなに良いかと思った。今年もピースロードイベントが必ず南北統一と世界平和の良い結果を作っていきたいだろう」と感想を語った。

ピースロードは走りたい。

 
2016年2月15日



coded by nessus
Posted by on 2016年2月17日. Filed under FFWPU, スポーツ・文化, ニュース, 国際情勢. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*