コラム スポーツ・文化 社会 FFWPU

宗教エッセイ「統一教会を選択した人々」(著者:マーティン・メイヤー)

投稿日:

SEGYE.com | 入力2016-01-26 21:25:14

じわじわ実感...「信仰の真理」広げ

エッセイ「統一教会を選択した人々」書いたマーティン・メイヤー

「マクドナルドのハンバーガーは、品質にみると、まあまあ普通のパンなのに、優れたマーケティングに全世界の消費者に喜びを与え、莫大な不渡り創出ました。統一教会の教義は商品価値に見たときに深い思想を持っている最高の商品なのにマーケティングが不足価値の創出を正しくなかったと思います。高画質カラーTVを見るかのように、統一教会を実感できるように渡すことができないだろうか悩みをたくさんしました。

最近の宗教エッセイ「統一教会を選択した人々」(グルロセウム・写真)を発行した作家マーティン・メイヤー(58)の言葉だ。オランダ出身のマーティン作家を彼が教鞭をとっている京畿道加平郡雪岳面清心国際中高等学校のキャンパスで会った。彼はこの本を含めて、複数の巻の韓国関連著書を執筆した背景と統一教入信の経緯、宗教観などを打ち明けた。

「2002年清心国際中高等学校の設立に参加するために韓国に来たよ。おりしもワールドカップ期間続いて韓国が4強に上がる試合まで楽しく観戦したうちインスピレーションによってヒディンク監督の評伝を書いたことが韓国関連の著述の最初の縁になりました。

当時マーティン先生は44歳の晩学登壇だったヒディンク評伝」でマスコミに注目を浴びた。今まで韓国の文化と教育などのテーマで8冊の著書を執筆して9カ国語で出版した。 マーティンさん、韓国がそんなに良い?」と「韓国人の教育コード」は、韓国を知りたい外国人に好評を博した。 9番目の著書である「統一教を選択した...」は、ハーバード大学とケンブリッジ大の学生、一等航海士、元カトリック大司教、世界的な科学者、国家元首などが時代の多くの知識人たちと最高の碩学がなぜ統一教会を受け入れたのだろうかという問いに対する証言ある。

 

 

マーティン・メイヤー教師は「全世界の多くの国の良心的な人々が慎重かつ思慮深く選択された宗教が統一教」と「この事実を愛する家族や友人、私を知って、すべての人にじわじわ聞かせたかった」と著述経緯を打ち明けた。

マーティン・メイヤー教師は「全世界の多くの国の良心的な人々が慎重かつ思慮深く選択された宗教が統一教」と「この事実を愛する家族や友人、私を知って、すべての人にじわじわ聞かせたかった」と著述経緯を打ち明けた。

 

著者はここに東洋と西洋の思想を渉猟した自分の知性を武器に統一教会が付いている多様性と利点、効率を興味深く解放した。過去の教会先輩」が下手に報じた統一教会ではなく、書棚がスラスラ進むほど、優れた商品を作ったのだ。

「2011年に構想したが、4年以上の長い産みの苦しみの時間がかかりました。モスクワ国立大学で博士論文を書くよりも何倍も大変ですよね。ある程度整理がされたと考えて、出版社に持って行ったら、より深いことを要求して再度書いて来なさいと時間がひたすら遅滞になりました。

前が真っ暗だった。しかし、その提案が理由があると受け止めて、最初からやり直し書いた。英語で書かれたこの本の翻訳を担当した同僚教師ムンインソン氏は、自分の博士論文を1年間中断して助けてくれた。マーティンは、本しがみついて祈りもたくさんして涙もたくさん流したとする。

「スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式の祝辞で、大学中退と創業など、自分の多くの人生の点がつながってアップルの神話が創造されたとしたが、私も様々な人生の経験がつながって、この本が出るようになったとすることができます。

本は直説話法を多く使用し、素直で淡泊に書かれた。既存の宗教では見られないテーマである「神の痛み」言及し、「イエスの結婚」を一つの扱ってクリスチャンが見れば驚くことができる。文総裁が西洋に初めて伝えた「絶対性(絶對性)」の場合、消化が容易ではない革命的テーマだ。このため、著者は本をより明確かつ論理的に記述するべきとした。その一方で堅苦しくならないように興味のある例え話をたくさん加味して、適切な実例まで配置した。

「すべての宗教は、神の側に立っています。互いに教義の問題で争うことではなく、誰が神の意志に合わせて隣人を愛して役立つのかという競争だけがあるだけです。神を愛し、人類を愛した総裁は、真のボランティアです。

マーティンは大学時代ニーチェとカミュに心酔していた無神論者であった。真理の渇きを解決しようと世界を周遊したのち米国ニューヨークで統一教会原理講論接し、人生の新たな転機を迎えた。 22歳に入信した彼は、教会で、アメリカ人の配偶者に会って夫妻に3男1女を置いた。彼はニューヨーク州立大学を出てニューヨーク統一神学大学院で牧会修士を、モスクワ国立大学で文学博士を取得した。米国とロシアの講師として活動して14年前に韓国に入ってきて、教育者として献身している。英語とドイツ語、ロシア語は堪能にして、韓国語とフランス語も基本的に使い分けることができる。若い頃複数の宗教を渉猟したことが学校で世界の宗教と哲学を教えるために大きな力となっている。

世界で最も偉大な芸術作品は関係です。統一教会では、真の愛で一つになる時の強力な関係が構築されると教えています。総裁が自ら見せてくれた祈りと訓読会は困難を克服し、家庭を正しく立て直す原動力になります。

マーティン先生は今も明け方4時に起きて黙想で一日を開いて6時には家族全員が集まって人生の鍵のような文総裁の語録を訓読する。そのような訓練は、子供たちがまっすぐに育つ栄養になった。文総裁の聖和後も、彼の信仰は、不動の姿勢である。どのような逆境の中でも一歩たり動揺することなく最後まで文総裁と一緒にいた韓鶴子総裁こそ文総裁の最高高弟と言うマーティンに総裁は固い信仰の自評がされている。 この本の中で、誰もが一緒に開く必要がある世界がある」と言うマーティン教師の青い目が輝かせ光った

加平=チョン・ソンス文化専門記者tols@segye.com

-コラム, スポーツ・文化, 社会, FFWPU
-, ,

Copyright© familyforum , 2019 All Rights Reserved.