おすすめ コラム スポーツ・文化 トピックス

[Book] 文鮮明評伝――人類を愛した平和の聖者

投稿日:

AKR20150902159500005_02_i

[出版社書評] 文鮮明評伝―人類を愛した平和の聖者

 

本紹介:

「文鮮明評伝」は牧師、総裁、教主、先生、メシア、真のお父様など、その呼称を離れた人間としての文鮮明を照明した本である。文鮮明は宗教人で出発したが企業、著述家、ジャーナリスト、思想家としての役割を限りなく広がっていった。この本には、その過程が客観的でありながら、詳細に盛り込まれている。著者は、彼が「邪悪なエセ宗教の教主」なのか、「平和を愛した世界人」なのかの判断を静かに読者の判断に残した。客観的説明のほか教義は最大限排除したが、必ず必要な部分では、教義を引用したことを明らかにしている。

著作者:ギムホギョン

第21回「今日の作家賞」受賞作家。 1962年真冬、全北益山で生まれた。高校2年生の時金承鈺の小説を読んで衝撃を受けて、将来小説家になると決心しましたが、「男はすべからく技術者になければならない」は、父の命に基づいて何も考えず土木工学科に入った。 4年にわたって無駄な歳月を「土質力学」のような本ではなく、手先の長編小説だけ読んで「テーマを把握できない奴」という声を聞いた。以降慶煕大新聞放送大学院を卒業した。

1986年4年生の時、大学新聞懸賞小説を出品して当選したが、正式に文壇にデビューしたのは、10年が過ぎた1997年だった。 「見知らぬ天国」という小説で第21回「今日の作家賞」に当選され、夢に描いた小説家となったが、いくつかの便宜小説を出した後、「小説はすべて嘘であり、詐欺」という考えが含まれて文を書くことをやめた。しかし、死ぬ前に名作一つは残す計画である。雨が降る秋の夜一人濃いコーヒーを飲んで、タバコの煙舞い流れヒットソングを聴きながら本を読むときが一番幸せだ。

著書には長編「見知らぬ天国」、「靴はすべての道を覚えている」、「マウス」、映像小説「刑事」などがある。

目次:

はじめに/人間の真実に近付く

第1章 誕生は悟りのためのものであった
徳星まで及ぶところ/独立運動に献身した先祖と尚多かった家/自然の真理を学んだ子供の頃/祈りの中で啓示を受ける/ソウルで新しい学問を学ぶ/最下の生活を体験した日本留学時代

第2章 統一教会が世に生まれる
苦難は彼の宿命だった/避難指示釜山で新しい日を始める/統一教会(世界基督教統一神霊協会)が設立される/青坡洞で世界宣教を夢見る

第3章 統一教会、世界へ伸びて行く
統一教会が歩んできた道/統一教会はどのように世界に広がっていくことができるか/彼らはなぜ統一教会を信じますか
世界のあちこちで汗と涙を流す/アメリカの魂を揺るがす/真実が明らかになった<ニューズウィーク>とのインタビュー/私の名誉やお金のために米国に来なかった/宗教の自由を向けた巨大なプロジェクト/最も不便が最も人間らしいジャルディーン/チャコとレダの美しい

第4章 世界の平和と人類の調和に専念できる
東洋と西洋を一つにつながり/宗教和合のための多数の団体と組織/国境線は、人間が作った虚像のフェンスに過ぎない/世界の高速道路を一つに連結しよう/テロを防止で真の平和が定着される/中東に植えた平和の種子/女性の時代の扉を開いた世界平和女性連合/人類共同体のための青年たちの奉仕と献身/
平和のリーダーシップを実践する平和大使

第5章 長くも凄絶な共産主義との闘争
韓国と米国、日本で展開された勝共運動/必ず行かなければならない「モスクワでの行進」/韓半島は世界平和の出発点である/南米を守ったカウサ

第6章 経済と技術で世界の発展に貢献できる
統一教会はなぜ企業を運営したのか/長く険しかった統一教会の企業の歴史/基礎産業を強くすれば経済が発展する/お金が目的ではなく、技術評価...(省略)

<続きはこちら>

出版社書評:

文鮮明、彼は誰なのか?

時代の異端児であるかそれとも人類を愛した平和の聖者か?
極と極の称賛と非難を一身に受ける世界人物、文鮮明、
果たして人間としての彼の人生はどうだったの?

- 最初に出版された文鮮明一代記

統一教会(世界平和統一家庭連合)教主文鮮明が2012年9月に聖和(他界)してから満3年が経った。生前の文鮮明の評価は両極端だった。これは韓国だけではなく、統一教が旺盛な活動をしている日本、米国、欧州、南米でも同じだ。文鮮明は1970年以降、日本の入国禁止令が下され、ヨーロッパの多くの国でも入国が禁止された。なぜ少なくない国で文鮮明の入国を禁止したか。
彼は生涯6回刑務所に収監されており、彼の言葉と言動はいつもマスコミの追跡対象となった。 6回の監獄生活にもかかわらず、彼はどのように企業、教育、芸術で驚異的な業績を遂げ、数多くの議論と非難にもかかわらず、光復後、韓国の新興宗教として初めて統一教を世界宗教に育てたのだろう?
文鮮明、その名前だけで - 彼の言葉のように - 世界はワイワイうるさくなる。なぜ、何が、どのような理由で、彼は常に議論の真ん中であったか彼のいくつかの言葉が彼をいんちき階層的に追い詰めて行き、彼のいくつかの教義が、キリスト教からの攻撃を受け、どのような行動が、1970年代以降、韓国と世界を騒がせたか。彼の名前を言う自体がなぜ冒涜とまで考えられているか統一教会に接したという理由だけで指弾を受ける理由は何ですか?

この本は、1920年1月6日文鮮明の誕生から2012年9月3日に聖和(死去)するまで92年の間、彼が行なったすべてのもの、彼が主張していた教義、彼がしたスピーチ、彼が成し遂げた成果、彼が訪れたところ、彼は作った機関や団体、組織などを網羅して、取材して、探検し、綿密に分析した最初の本である。主観的立場と教義を徹底的に排撃しながら客観的資料で彼の行なったスピーチ、行動に基づいて、果たして文鮮明は、韓国と世界にどのような影響を及ぼしたかを綿密に探検した。

- 誕生から「最後の祈り」に至るまで、92年の屈曲多くの生活

文鮮明の生涯は攻撃、非難、批判、エセ、歪み、誤解、無視、否定的に汚れている。現代韓国人としてそれだけ多くの攻撃と非難を受けた人も珍しく、それだけ多くの仕事をこなした人もなく、それほど世界的に有名な韓国人も珍しい。風雲で汚された彼の人生を振り返り、果たして何が彼をそれほど問題的人物で作ったのか追跡した。
第1章[誕生]は、北朝鮮定住で出生した後、16歳に自らが神の啓示を受けたという内容をはじめとして一族の履歴を明らかにして子供の頃の日本留学時代を紹介する。
第2章統一教会の誕生過程を時系列的に説明して、第3章では統一教が世界に広がっていった歴史を日本、米国、南米に分けて追跡した。
第4章は世界の平和と人類の和合に献身した努力を、第5章は長くて凄絶だった共産主義との闘争を、第6章では企業を立てた背景と、成功・失敗の過程を追跡し、第7章では数多くの学校を立てた過程と意味を、
第8章は「リトルエンジェルス」をはじめとする芸術に献身した足跡を説明し、第9章ではメディアに専念した背景と世界の活動、第10章では言葉もたくさん語り、合同結婚式の意味と歴史を振り返って見た、第11章では統一教会の教義は果たして何なのかを探索した。
第12章は文鮮明死後、統一教会を導いていく韓鶴子総裁についても分析し、第13章では文鮮明の最後の祈りを介して彼ががこの世に投げたメッセージは果たして何なのかを調べた。また、付録として、世界的におこなった聖和式の一面、文鮮明が残した語録と一緒に92年にわたる史料を収録した。
これにより、1)果たして人間文鮮明は誰であり、2)彼の生涯に渡って成し遂げた成果は何であり、3)それが私達に与える意味は何なのかを読者が判断するようにした。

はじめに明らかにしたように、この本の著者は無神論者であり、絶対的な統一教会員ではない。ただ偶然に統一教会の教義を知った後、文鮮明を集中的に探索して4年にわたる研究・調査の末、この評伝を執筆した。この評伝のいくつは、歴史的なエラーがある可能性があるが、史上初の文鮮明の全生涯を追跡した本であるという点で意味がある。
統一教会で主張するように、彼が「世界を救う真のお父様」だったのか、世間で非難するように「異端宗教の教主」であったかはまだ判断するのは難しい。したがって、この本がその判断の基準のいずれかに活用されることを願ってやみません。

◆本の中で追加

そして文鮮明は、「女性の母性愛をもとに真の愛の家庭を築いて健全な社会、平和の世界を建設しよう」という精神で、1992年4月10日、世界平和女性連合(WFWP)を創設した。
その名の通り、平和のためならすべてをいとわない汎世界的な団体だ。韓鶴子女史は、女性連合総裁に就任して20年以上の期間の間変わらない心で導いている。ソウルオリンピック主競技場で開かれた創設大会には、世界72カ国から来た15万人が参加した。韓夫人のは、初代総裁に就任する席で「世界統一と人類の責任」というタイトルで講演をした。

「女性が一箇所にこんなにたくさん集まって、世界の平和のために先頭に立って働くことを決意するのは、おそらく初めてのことでしょう。私たちが展開しようとする女性運動はただの女性のためだけのものはありません。まず、夫と子供たちのための真の愛の運動は、理想的な家庭で報われ結ぶことになります。このように形成された理想家庭は理想の国と理想世界を一緒に行われていきます。世界平和のために、私たち女性は、政治的側面で、経済的側面で、文化的側面で、社会的側面での指導的位置に立たなければなりません。

(省略)

人々は教会でなぜ破壊兵器作りかと困惑したりして非難したが、その理由は一つであった。共産主義に対抗し、自由を守るためには、自らが強まるというのが最善の方法であり、最良の方法である。武器の国産化に成功した場合、韓国を私たちの手で守ることができ、節約されたお金で他の産業を引き起こす可能性があり、すべての点で貢献することであった。文鮮明は、まさにそのような気持ちで防衛産業に飛び込んだ。
科学技術の平準化の夢を持って出発した代表企業がすぐに統一重工業である。統一重工業は1959年にわずか4人で出発し、あらゆる困難と苦難を冒して発展を遂げた。何の基盤がなかった初期の経済基盤を磨くために、地上で最も丹精をかけた企業だった。

第6章。経済と技術で世界の発展に貢献できる245〜246p

「韓国の女性は、伝統的な美徳で有名です。両親の子としての親孝行、夫に対する尊敬、そして子の惜しみない愛。この3つの美徳の伝統で有名です。韓国の女性は、一般的に恥ずかしさを多く乗って言葉はありません。しかし、国の運命が危険にさらされたときに勇敢に立ち上がって命をかけて祖国を守りました。皆さんに韓国での真の力は女性にあると言うことができます。」

生涯を文鮮明の後ろから何も言わず歩んできた韓総裁は、数万人の観衆の前で講演も複数回だった。 1991年9月17日、日本での講演は、意味深い行事であった。小規模の人々と統一教会信徒の前では、何度も説教や講演をしたが数万人が集まったところでの本格的講演はそれが初めてだった。アラスカにいた文鮮明は、大会を1週間前に妻の日本講演を決定した。 9月17日、東京で開かれた第1回アジアの平和女性連合日本大会で韓総裁は、「アジアと世界を救う真の愛運動」をテーマにこう言った。

「古語に佳華万四声という言葉があります。これはすぐに家庭が平和の根本という意味です。そして、これらの家庭をなすために最も重要な要素は、真の愛です。真の愛とは愛の中でも、神を中心とした絶対の愛を指します。つまり愛することができないことも愛することが、真の愛であり、真の愛の中では敵も愛していないことができなくなります。男性と女性は、神の愛を所有するという立場で互いに平等な価値を持つようになり、一体となった夫婦は、神の真の愛のパートナーとなり、創造と人間は、真の愛を中心として平等な価値を持つようになります。今女性の皆さんがアジアと世界のために真の愛の実践がされたとき、今日のこの歴史的大転換の視点は、日本はもちろん、アジアが世界に飛躍することができる重要な契機として出現するでしょう。」

韓総裁は日本語が出来ないが、読んですらすら暗記する状況にまで達し途方もない東京ドームで講演を無事に終えて、日本信徒たちの雷のような拍手を受けた。その時を韓総裁は「水の効いた脱脂綿のようにびっしょりで気絶して倒れそうだった」と述べた。
これだけではなく、韓総裁の講演は、快適日が一度もなかった。海抜400mにもなるボリビアや、ラパスでは酸素呼吸器を横に置いて講演をし、戦争に爆弾が飛び回るクロアチアでは、悲惨な死んだ犠牲者たちのために一晩中祈りを上げた。韓国の大学を巡回するときは、激しい反対にぶつかって足を回さなければならないところが多かった、中東では、参加者の半分が、引き潮のように抜けていくこともあった。
アフリカ巡回を控えて週に1錠ずつ服用する必要があるマラリア薬を誤って処方され、一日に1錠ずつ3日を服用してマラリアにかかってひどく病んだ。それでも正常に治療を受けていない状態で国を転々講演をした。 1年に153回の講演を受ける強行軍の中で強力な照明の光により視力が悪くなり、のどがとぎれとぎれだった。世界の女性リーダーとして他に類を見ない大記録を打ち立て真の母としての与えられた責任を果たしたのだ。
第12章。統一教会の未来をリードする韓鶴子総裁471〜472p

文鮮明は、青雲の夢に膨らんだ16歳にすべての世界の夢を折ったまま、天の召しを受けて公的な生活を始めた。その道は決して平坦な長さではなかった。ただ前だけを見つめて歩いてきた93生涯だった。いろいろな種類の犠牲に耐えながら言いようのない受難の道を歩いてきており、愛する父母、兄弟の切なく握る手さえも振り払えずには歩くことができなかった宿命的生涯であった。
彼の言葉のように、この地に70億の人類が住んでいるが、そのいずれか誰一人として理解していない荒野路程であった。これらはすべて、数千数万年を待って来られた神の1つに結ばれた飛節真の心情をあまりにもよく知っているからであった。
真の父母の使命を果たす必要がある文鮮明の生涯は実に無言苦難と迫害でつづられた恨(ハン)の生涯であった。その路程を歩いて誰一人とも相談することができない孤独な路程であった。神までも顧みられず、徹底的に一人で捜すべきいばらの道であった。することができず、繰り返される生死の岐路で血を吐きながら、天との約束を守るために再び立ち上がらなければならない不死鳥の生活を送った。
かつて日本留学時代、地下で独立運動をして、また解放直後、共産治下の平壌で天の意志を反映している途中、そして自由国として誕生した李承晩政権下でも、さらに世界的に民主主義の代表国であることを誇る米国でさえ服役を受けるなど、6回無実の獄中闘争を経なければならない波乱万丈な人生をどこの誰が理解して共感できるだろうか?自分が明らかにしたように、「死亡圏で苦しむ堕落した人類を救ってあげるために歯を食いしばって耐えて生きてきた生涯だった。」
それでも文鮮明は、一時も休まず、地球を10回以上巡回しながら、神の意志を反映して、平和の種をまいて、人類和合のために捧げられた。そして文鮮明は、統一教会で言うように、次のようにチャンピオンになった(これは宗教的な意味でのチャンピオンを意味する)。

第13章。聖和:最後の祈り「完了した!」487〜488p

<続きはこちら>

 

-おすすめ, コラム, スポーツ・文化, トピックス
-, , ,

Copyright© familyforum , 2019 All Rights Reserved.