[オピニオン] 鮮鶴平和賞


慶北毎日 | 承認2015.09.02

[コラム] 鮮鶴平和賞

最近、第1回鮮鶴平和賞授賞式があった。賞金は100万ドル(約11億ウォン)であり、毎年授賞して、世界平和に貢献した個人や団体に授与する。 2012年に他界した文鮮明世界平和統一家庭連合初代総裁の念願を称え2代の韓鶴子総裁が制定した。 人類は一つの家」「私の生涯の目標は、空腹と貧困を減らし、平和な社会を作ること」とは、文総裁の精神が込められた賞であり、ホンイルシク前高麗大総長が運営委員長である。今回の授賞式には、ジョンウイファ国会議長が出席し、声楽家チョ・スミさんとリトルエンジェルスが国歌を歌った。

北朝鮮の金正恩第1書記は、文総裁他界3周忌を迎え、「文鮮明先生は民族の和解と団結、国の統一と世界平和のために多くの努力を傾けた」追悼メッセージと金養建人として弔花(弔花)を送った。文総裁は、金日成主席の喪とき弔問した、金正日国防委員長の喪ときは、第2の人が行った。彼らはアメリカ国籍を持ったため、北朝鮮入国が自由だった。この弔問メッセージと弔花はパク・サングォン平和自動車名誉会長を介して伝達された。

88ソウルオリンピックが開かれる頃、文総裁と李健煕三星会長はヤシンソ連選手団長を晩餐に招待した。その時文総裁は「私は選手たちに車2台をプレゼントする」と提案して、「ただ韓国の運転者が38度線を越えて北朝鮮を経てソ連に持って行かなければならない」という条件をかけた。しかし、その後、金日成主席が道を貸してくれず実現されなかった。その後文総裁は「北朝鮮に平和自動車工場を建設したい」というメッセージを送り、金主席がこたえながら、二人は平壌で会って笑って記念写真を撮った。

車2台および北朝鮮平和自動車修交の土台になったし、南・北交流の扉を開けるきっかけとなった。当時、南北首脳会談が本格的に議論された後、金主席の死亡に霧散したが対話と協力の扉が少しずつ開き始めているきっかけとなった。政治理念と人種と宗教との国境を越えて人類家庭の夢が大きく花開くときが近づく兆しだが、鮮鶴平和賞がその扉を開けるになるだろう。

 




coded by nessus
Posted by on 2015年9月2日. Filed under コラム, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*