コラム 教育・留学

ルターと福音主義 Part7

投稿日:

キリスト教の教えに対する統一原理の見解サイトに新しい記事が掲載されていたのでご紹介します。

今回はドイツ人神学教授、そして宗教改革の創始者マルティン・ルター(Martin Luther, 1483.11.10 – 1546.2.18)の「ルターと福音主義」の連載第7回目です。

どうぞご覧下さい。

下記はサイトより一部引用です。

                      

(5)「ルターの歴史的使命」

 

それでは、ルターの歴史的使命と彼の思想のすぐれた点はどこにあるのであろうか。それは救いが「キリストを抜きにしてあり得ない」ことを鮮明にした点にある。この点はいくら褒めても褒めすぎることはない。

 

救いにおいてキリストを強調し、キリストを対象としないそれ以外の教義や諸々の儀式や規範や制度を否定したのは、神の摂理から見て、原始キリスト教を回復し、再臨のメシヤを迎える内外の環境復帰の準備であった。

 

ルターは聖書に根拠を持つ洗礼と聖餐式の二つだけを残した。これは「合同結婚式」における聖酒式として統一教会に継承されている。

 

また歴史的な宗教改革が起った原因は、なによりも、当時のローマが異教時代の帝政期に劣らず、贅沢ぜいたくな食道楽にふけり、「それはまったく退廃し、病毒に冒されており、考えられるかぎりの淫乱、食道楽、詐欺、権勢欲、神を誹謗する冒瀆の混沌である」(『ルター』、松田智雄編、中央公論社、21頁)と言われるほどの腐敗ぶりにあった。それ故に、法王を中心とする復帰摂理の目的が成就できなかった(『原理講論』「宗教改革」、参照、516-518頁)。それで歴史はルターの義認論を動機として宗教改革が勃発し、さらにルターの意図を超えて近代市民社会を形成し、神の国が顕現する前段階まで前進してきたのである。

 

ところで、ルターの義認論が近代市民社会の成立に寄与したことについて次のように述べられている。

 

「ルターの義認論には、のちの修道院制度の否定や職業観にみられるように厭世的性格はなく、現実的、世俗的性格がある。ルターの義認論はこのような独自性をもっていたからこそ、宗教改革運動に多大な影響を与え、間接的にではあるが近代市民社会の成立に寄与することになったのである。」(『ルター』小牧治・泉谷周三郎共著、131頁)

 

さらに、ルターの神学の特徴を述べるなら、ルターほどサタンを意識し、認識していた神学者は少ないといえる。また、霊肉の対立と葛藤を説き「ああ、私の罪、罪、罪」と絶叫し、彼は「原罪」を実在として説いた。しかし現代神学は、個々の罪ではなく、罪の根源である「原罪」を神話であると軽視する人が多いのである。

 

最後にエラスムスが異端者としてカトリックから断罪された点にふれておこう。

彼の死後(1536年)、1554年に、教皇ユリウス三世によりエラスムスの著書『痴愚神礼讃』、『格言集』、『新約聖書注解』が、宗教改革運動への荷担とカトリック体制への批判との関連で禁書とされ、1558年には、教皇パウルス四世により、エラスムス自身が第一級の異端者と断じられた。

宗教改革者の側からみても、人文主義のギリシア、ローマの古典にさかのぼる人間本性の善性の認識(エラスムス)と、聖書を起因とする深い罪認識(ルター)との間に相違があると指摘されている。

 

しかし、〝異端〟と断罪されても、再臨のキリストによって救済されるであろうし、ルターへの批判の諸点はカトリックに継承されているのである。

 

ルターはエラスムスに対して激しく批判したが、最後には次のように述べている。

「訴訟の核心をついたのはただきみだけであって……私は心からきみに感謝する。」(ルター著『奴隷的意志』、松田智雄編、中央公論社、259頁)。

この点が摂理的中心人物であるルターの偉いところであると言えよう。

 

また、ルターの宗教改革に対して、カトリック側も内的刷新と積極的防御(反宗教改革)をせざるを得なかったことは言うまでもないことである。

 

ちなみに、「宗教改革運動に対して、当然、カトリックにおいても対抗の動きが見られた。その先頭に立ったのがドミニコ会である。審問や討論を通じてルターと論戦をした。またカトリック内部にも改革の機運が高まり(→カトリック改革)、1540年にはイエスズ会が托鉢修道会として誕生した。イエスズ会は内部の信仰の革新に努めたばかりでなく、積極的に海外伝道を進めた。日本にもイエスズ会士フランシスコ・ザビエルが1549年に上陸し、キリスト教を伝えた。」(『ルターと宗教改革事典』教文館、143頁)のである。

                     

続きはコチラです。

 

関連記事

ルターと福音主義 Part1

ルターと福音主義 Part2

ルターと福音主義 Part3

ルターと福音主義 Part4

ルターと福音主義 Part5

ルターと福音主義 Part6

 

-コラム, 教育・留学
-,

Copyright© familyforum , 2019 All Rights Reserved.