世界平和統一家庭連合、台風被害バヌアツ被害復旧機器など伝達


ニューシース | 記事登録日時[2015-03-3016:38:08]

バヌアツに「家庭連合天使」現れた、台風被害の修復20万ドル寄付

 

NISI20150330_0010773894_web.jpg
【ソウル=ニューシース】家庭連合ゴンインソンオセアニア大陸会長(左)とバヌアツ家庭連合ユジョンドゥク会長が韓鶴子総裁の救援物資をボールドウィンロンズデールバヌアツ大統領に伝えた。 2015-03-30

【ソウル=ニューシース】世界平和統一家庭連合オセアニアゴンインソン大陸会長が30日、南太平洋のバヌアツ共和国ボールドウィンロンズデール大統領を訪問した。去る13日に発生したサイクロン「パム」の被害回復のために家庭連合韓鶴子総裁が寄付した物資の製材機60台、テント100棟を伝達した。

ボールドウィンロンズデール大統領は、臨時官邸でゴン大陸会長一行を迎えた。バヌアツ共和国の大統領官邸も今回の台風で被害を受けた。

ロンズデール大統領は「このように困難なときに協力してくれたことに対して国家を代表して韓鶴子総裁と家庭連合、天宙平和連合に深く感謝する」とあいさつした。また、「文鮮明·韓鶴子総裁が世界的に行ってきた平和活動に敬意を表し、8月に予定さ、文鮮明総裁3周年聖和式の世界サミットに必ず参加する」と伝えた。

NISI20150330_0010773910_web.jpg
【ソウル=ニューシース】韓鶴子総裁がバヌアツで平和のメッセージを込めた講演を行った。 2006年8月2015-03-30

家庭連合は「ご飯が大好きです」というキャリーフレーズで被災者のために40日間、毎日サンドイッチ1000個を昼食に提供する。韓国、日本、オーストラリアから派遣されたボランティア20人余りが参加する。住宅再建のためにセメント、レンガ、トタン屋根にも対応する。総20万ドル(約2億2120万ウォン)相当である。

一方、バヌアツ家庭連合ユジョンドゥク会長は、2011年から韓国のセマウル運動をバヌアツで紹介しながら、国民啓蒙運動を行う一方で、青年たちの人格教育に集中している。

無題.png
【ソウル=ニューシース】バヌアツ家庭連合ユジョンドゥク会長は、現地に韓国のセマウル運動を普及している。 2015-03-30

韓総裁は、2006年8月、世界の平和巡回講演車バヌアツを初めて訪問、平和のメッセージを伝えた。当時のハムリニ首相は、文·韓総裁の平和活動に感謝を表した。その後、韓国の指導者を派遣して教育と奉仕活動など支援を続けてきた。家庭連合のバヌアツ活動は、1982年に開始され、昨年8月には、世界の平和女性連合の協力を得て、3つの学校に本1500余冊を寄贈した。




coded by nessus
Posted by on 2015年3月30日. Filed under できごと, ニュース, 国際情勢, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*