ニュース

家庭連合世界会長に文鮮明総裁の5女文善進氏

更新日:

聯合ニュース | 2015/03/08 15:46送稿

(ソウル=連合ニュース)ファンフイギョン記者=世界平和統一家庭連合(統一教会·以下家庭連合)韓鶴子総裁は、文善進氏を世界会長に任命したと家庭連合側が8日、明らかにした。

文善進氏は、韓総裁と文鮮明(1920~2012)総裁夫婦の5女だ。

1976年生まれの文会長は、米ハーバード大学の心理学を卒業し、昨年5月に家庭連合世界本部長に任命された。

これにより、これまで家庭連合世界会長を務めてきた文総裁夫婦の7男文亨進氏は、2008年4月に任命されてから7年ぶりに世界の会長職を退いた。文亨進氏は、先に2013年2月、米国会長でも退いて家庭連合で特別職がない状態になった。

今回の人事を置いて2012年、文総裁死去後、後継問題をめぐる内部対立が表面化した後、既存の後継者に指名された文亨進氏から文善進氏で後継構図が再編されたのではないかという解釈が出ている。

これに対して家庭連合側は「文総裁の3周忌を迎えた総裁が組織整備次元で改編を断行した」と説明した。

 

AKR20150308037800005_01_i
世界平和統一家庭連合世界会長に任命された文善進氏<<世界平和統一家庭連合提供>>

 

一方、家庭連合世界副会長には、朴仁渉氏が、世界本部長は金マンホ氏がそれぞれ任命された。

 

<原文リンクはこちらから>

-ニュース
-,

Copyright© familyforum , 2019 All Rights Reserved.