おすすめ できごと トピックス 祝福家庭

娘から父へ。お祈りと協助をお願いします。

投稿日:

New Future Filmsと言えば、1970年代から、30年以上、真のご家庭の様子や世界的な活動を、ニューヨークのニューヨーカーホテルの中に拠点を置き、毎週のすべてのベルベディアのお父様の礼拝を記録することを始め、世界中を巡ってお父様のすべてを記録してきた、いわば、統一運動の映像のすべてをになってきたところです。

そのスタッフとして、そして中心者として責任を持って歩んでこられた方が、2075双の下山弘倫(ひろみち)さんという方です。

その下山さんが今は、心筋梗塞、腎不全、等々の病で、アメリカ、フロリダの病院で闘病しておられ、今日、天の父母様の日をもって退院され、子供さんのおられるサンフランシスコに引越しされます。

下山さんの娘さん(Marina Shimoyama) が立ち上げた Online Support Fundraising Siteの紹介をさせていただきます。皆さんの祈りの協助とサポートをお願いします。

                 

スクリーンショット 2015-02-24 15.29.14

親愛なる、友人、家庭、支持者の皆様、

私の父のことを心してくださる方、長年ずっと思ってきた下さった方々に感謝します。

父は、戦士であり、勇敢に戦ってきました。父の強さと決心は現実を越えています。父のこの地上での命がどれほどの長さであったとしても、感謝の心と愛はすべての方に、永遠に続くものです。

皆さん、もうご存知の方も多いと思いますが、わたしの父、下山弘倫はここ数年、病気と闘ってきています。

1990年代後半、発作を起こし左半身麻痺になったのが始まりでした、が、父は武士道精神で乗り越え、生き続けて来ています。

そして、2011年、ニュージャージーの自宅で心臓発作を起こし一ヶ月にわたり入院することになりました。6つのバイパスを通す開胸手術を受け、腎臓は二つとも機能を停止してしまい、それ以来、一日おきの透析治療を続けなくてはいけなくなりました。それでも父は、神の愛と美を発見し、証しする生活を続けようと言い心をより強くして退院したのでした。

すぐに父はフロリダに引越し、それ以来三年間、化学治療、腎臓透析、放射線治療うけ、その受診のため、ひとりで公共交通機関を使用しながら通院を続けてきたのでした。バス停から家に着くときに、弱った体力の限界状態に陥り、危険になったことも何度かあり、時には救急搬送をされたことも病院に舞い戻った事もありました。

近況---2014年夏には、舌癌と診断され、摘出手術も受けました。一ヵ月後には摘出できなかった部分の放射線治療、化学療法による治療も始まりました。

不幸にも、回復と治療を始めようとした時点で、医師は呼吸困難の原因となる両肺に転移した癌を発見しました。今は、第四段階の癌と診断されています。

今は化学療法を受けるための薬剤の入ったパックにつながれたチューブを胸に繋げ、毎日を過ごしています。その副作用は強く、飲食を続けることは大変難しく、化学療法の開始以来約40ポンド(約20キロ)体重が減少しています。

転倒や吐き気のため、2015年2月7日以来入院しています。腹部へのチューブを挿入する小手術を受け、体力の向上があり、体重も少しずつ回復してきました。新しい胃漏管の効果で7ポンドの体重増加があり143ポンドまで回復してきており、やがて180ポンドへの回復の希望も見え始めてきています。

今後の展望ーーーただいま、ゴルフポートの自宅は今立ち退きを迫られています。今、私たちの住むサンフランシスコに父を移動させる許可が医師から降りて、当地で、化学療法と透析治療を続けて受けることが出来ることを希望しています。私たちは今、繊細な治療が必要な父が滞在することの出来るリハビリテーションセンターか、療養病棟を探しています。これからどのような場面に直面するかは、はっきりとは判らない私たちですが、広いアメリカを横切り、私と、弟の住む西海岸への父の移動の旅行費用と医療費を捻出する必要があります。そのために、一日一日を過ごしているのが現実です。

皆さんの愛とご協力に深く感謝しています。

Marina Shimoyama (マリナ シモヤマ)

私は、父がこの数年間に撮って、Facebookで毎日に載せていたフロリダ、ゴルフポートの夕日の風景の写真を使ってカレンダーを作りました。寄付をしてくださったすべての方に、それを送りたいと思っています。コメント欄を使って、またはEmailから郵送先を教えてください。

CONTACT INFORMATION (連絡先:)

Marina Shimoyama Email: Marinashimoyama@gmail.com

病院のベッドで、この活動のことを知った時、私の父はこう言いました。「ありがたいことだ。私のことを祈り、サポートしてくださる方々にただただ、涙が出てきます。まさに、神が働いて下さっている。」

Beneficiary: Hiromichi Shimoyama Organizer: Marina Shimoyama

Hiromichi Shimoyama (下山 弘倫)

Phone: 917-539-4970 Email: Shimoyamanyc@gmail.com

http://www.youcaring.com/medical-fundraiser/loving-support-for-hiromichi-shimoyama/308221

------------------

下山さんからの私へのメッセージです。

マイクさん、色々とありがとうございます。お陰さまで、明日退院する予定です。丁度、2週間病院にいました。陰暦の正月に退院する予感がありました。そして、子供達が住んでいるサンフランシスコに引っ越しする予定です。

引っ越しは大変ですが、家族が一緒になることの方が大切です。私は必ず癌を克服して、また前線に復帰する決意です。近い将来ラスベガス辺りで会いましょう。

貴兄もどうかご自愛ください。

こちらが元気付けられるコメントを頂きました。

皆さんの協助をお願いします。

------------------

-おすすめ, できごと, トピックス, 祝福家庭

Copyright© familyforum , 2019 All Rights Reserved.