[ニューシスその他] 15万人の国際合同結婚式、家庭連合·UPFアジアサミットで


韓国・統一グループHP>ニュース から

[ニューシスその他] 15万人の国際合同結婚式、家庭連合·UPFアジアサミットで

[ニューシス]

15万人の国際合同結婚式、家庭連合·UPFアジアサミットで

15万人が一堂にしたカップル夫婦で結ばれる。

世界平和統一家庭連合と天宙平和連合(UPF)が1月30日〜2月2日にフィリピンのマニラで「2015アジアサミット」とともに宗教を超越した合同結婚式を開催する。

この二つのイベントには、フィリピン·ネパール·東ティモール·アフガニスタンの前·現職首脳と長官、国会議員、女性指導者、宗教指導者、学者、企業家たちが参加する。

約500人が参加するアジアサミットは、「アジア·太平洋地域の平和と安全保障と人類の発展に向けて」をテーマにマニラのホテルで6つのセッションに進行される。アジア太平洋地域の平和のためのロードマップを構築する。宗教間の協力の影響とハーモニー、女性のリーダーシップを通じた平和と協力開発の新パラダイム、メディアと教育の役割など注目する。発表者の中には、キリスト教、仏教、家庭連合、イスラム教徒、ヒンドゥー教の代表もいる。超宗教的対話と協力が期待される理由だ。平和賞も用意されている。

2月1日には、超宗教合同結婚式がマリキナスポーツコンプレックスで行われる。純潔教育と潔白誓約、超宗教和合意識、聖水儀式、聖婚問答、礼物の交換、聖婚宣言順につながる。文善進家庭連合世界本部長が韓鶴子総裁のメッセージを伝える。

5大平和信条をもとにしたフィールドである。 ▲神様は人類の親だ▲人間は本質的に霊的な存在だ▲結婚は神聖な制度であり、家庭は愛の学校だ▲神様の理想は、他人のために生きるべき▲超宗教超国家協力は、世界の平和の本質である。

超宗教合同結婚式は文鮮明·韓鶴子総裁が国と民族、人種や宗教を超えて家庭結婚の理想モデルを中心に宗教的調和と家庭の平和のために提唱した平和祝典である。

UPFとは、UN経済理事会(ECOSOC)の特別諮問機関である。2005年9月12日に文·韓総裁がニューヨークで創設、154カ国に平和大使ネットワークを形成したグローバルNGOである。 「真の愛は、UPFの理想と哲学」を標榜する。紛争解決の次元での政治、宗教、学問、メディア、芸術、スポーツ指導者の接続する国際ソフトパワーで機能している….. [原文を見る]

 

 

[ウィークリー今日]

世界平和統一家庭連合、15万人の国際合同結婚式、アジア首脳会議の開催

世界平和統一家庭連合と天宙平和連合(UPF)が1月30日〜2月2日にフィリピンのマニラで「2015アジアサミット」とともに宗教を超越した15万人の国際合同結婚式を開催する。

この二つのイベントには、フィリピン·ネパール·東ティモール·アフガニスタンの前·現職首脳と長官、国会議員、女性指導者、宗教指導者、学者、企業家たちが参加する。

アジアサミットは、「アジア·太平洋地域の平和と安全保障と人類の発展に向けて」をテーマにマニラのホテルで6つのセッションに進行して約500人が出席する

アジア太平洋地域の平和のためのロードマップを構築する。宗教間の協力の影響とハーモニー、女性のリーダーシップを通じた平和と協力開発の新パラダイム、メディアと教育の役割など注目する。発表者の中には、キリスト教、仏教、家庭連合、イスラム教徒、ヒンドゥー教の代表もいる。超宗教的対話と協力が期待される理由だ。平和賞も用意されている。

2月1日には、超宗教、国際合同結婚式がマリキナスポーツコンプレックスで行われる。潔白教育と潔白誓約、超宗教和合儀式、聖水儀式、聖婚問答、礼物の交換、聖婚宣言順につながる。文善進家庭連合世界本部長が韓鶴子総裁のメッセージを伝える。

5大平和信条をもとにしたフィールドである。 ▲神様は人類の親だ▲人間は本質的に霊的な存在だ▲結婚は神聖な制度であり、家庭は愛の学校だ▲神様の理想は、他人のために生きるべき▲超宗教超国家協力は、世界平和の本質である。

超宗教国際合同結婚式は文鮮明·韓鶴子総裁が国と民族、人種や宗教を超えて家庭結婚の理想モデルを中心に宗教的調和と家庭の平和のために提唱した平和祝典である。

UPFとは、UN経済理事会(ECOSOC)の特別諮問機関である。 2005年9月12日文鮮明·韓鶴子総裁がニューヨークで創設、154カ国に平和大使ネットワークを形成したグローバルNGOである。

「真の愛は、UPFの理想と哲学」を標榜する。紛争解決の次元での政治、宗教、学問、メディア、芸術、スポーツ指導者の接続する国際ソフトパワーで機能している….「真の愛は、UPFの理想と哲学」を標榜する。紛争解決の次元での政治、宗教、学問、メディア、芸術、スポーツ指導者の接続する国際ソフトパワーで機能している… [原文を見る]

 

 

 

[毎日宗教新聞]

家庭連合·UPF、アジアサミットで15万人の国際合同結婚式

マニラで開催、キリスト教の·仏教·イスラム教·ヒンズー教代表などの発表者から

世界平和統一家庭連合と天宙平和連合(UPF)が1月30日〜2月2日にフィリピンのマニラで「2015アジアサミット」とともに15万人の国際合同結婚式を開催する。

約500人が参加するアジアサミットは、「アジア·太平洋地域の平和と安全保障と人類の発展に向けて」をテーマにマニラのホテルで6つのセッションに進行される。宗教間の協力の影響とハーモニー、女性のリーダーシップを通じた平和と協力開発の新パラダイム、メディアと教育の口実などのセッションがある。発表者の中には、キリスト教、仏教、家庭連合、イスラム教徒、ヒンドゥー教の代表などが網羅されており平和授賞式も行われる。

2月1日には、超宗教合同結婚式がマリキナスポーツコンプレックスで行われる。潔白教育と潔白誓約、超宗教和合儀式、聖水儀式、聖婚問答、礼物の交換、聖婚宣言順につながる。文善進家庭連合世界本部長が韓鶴子総裁のメッセージを伝える。

超宗教合同結婚式は文鮮明·韓鶴子総裁が国と民族、人種や宗教を超えて家庭結婚の理想モデルを中心に宗教的調和と家庭の平和のために提唱した平和祝典である。

UPFとは、UN経済理事会(ECOSOC)の特別諮問機関として、2005年9月12日に文·韓総裁がニューヨークで創設、154カ国に平和大使ネットワークを形成したグローバルNGOである。紛争解決の次元での政治、宗教、学問、メディア、芸術、スポーツ指導者の接続する国際ソフトパワーで機能している….. [原文を見る]

 

 




coded by nessus
Posted by on 2015年1月17日. Filed under ニュース, 祝福家庭. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*