[宗教] 旧ソ連圏統一原理で新しい理念の道追求


SEGYE.com | 入力2014-12-30 21:05:39

 

旧ソ連圏統一原理で新しい理念の道追求

家庭連合東北大陸、モルドバ共立カンファレンス呼応

理念のパニック状態でさまよっていた旧ソ連圏の地域が、世界平和統一家庭連合の統一原理で新しい理念活路を得ている。

家庭連合東北大陸(会長ジョンジンファ牧師)は、最近、モルドバ共和国の首都キシナウで「ユーラシアとヨーロッパ:平和のための対話」というテーマでカンファレンスを開いて好評を得た。家庭連合は、言語と文化を中心に世界13大陸に分けて運営し東北大陸(Urasia Reion)には、モルドバ、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、エストニア、リトアニア、ラトビア、アルメニア、モンゴル(以上、キリスト教圏)、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、タジキスタン、ジョージア州、アゼルバイジャン、トルクメニスタン(以上、イスラム圏)など16カ国が属している。旧ソ連圏地域である。

今回のカンファレンスでは、東ヨーロッパの安全保障と協力して、ユーラシア、ヨーロッパ間の協力等について活発に議論したが、旧ソ連圏の指導者たちが大挙参加して深い関心を示した。特にマルケスガレーターティモシープチモルドバ大統領夫人は、歓迎の言葉で「今回の会議は、国が直面した問題の解決策を見つけるために大きな助けになった」と喜びを隠せなかった。

1990ソ連大学生リーダーシップ.png
1990年、文鮮明·韓鶴子総裁の招待で、ソ連の大学生3000人余りが順次、米国のニューヨークとワシントンで統一原理を通じたリーダーシップ教育を受けた。写真は、ニューヨークで開かれたリーダーシップ教育場面。

ウクライナの場合、外交部で文鮮明·韓鶴子総裁の平和思想と業績が込められた「平和のための誓い」というタイトルのロシア語と英語版単行本を発行した。 281ページの分量のこの本はレオニットクラプツークウクライナ初代大統領が強く推奨されて実現した。クラプツーク元大統領は、ウクライナが1991年にソ連から独立したときに、最初の大統領を務めた人物で、国民から尊敬と愛を一身に受けている。

クラプツーク前大統領は、過去に文総裁夫妻とウクライナ首都キエフと米国ニューヨークで二度会った、「二方の平和思想に深く感銘受け、文総裁夫妻こそ「平和を愛する真の世界人」」と回顧したている。彼はまた、韓国の歴史にも豊富な見解を表わして「韓国には、古くから正しい思想と哲学が内在されており、文総裁のような偉大な宗教指導者が出てくることができた」と明らかにした。

1995旧ソ連祝福式.png
1995年、旧ソ連圏の若い男女がモスクワで開かれた国際合同結婚式の後で記念撮影をしている。

現在の家連合東北大陸宣教は、教会30ヶ所、牧師40人、信徒数万人を立てている。ほとんど20〜40代の若い信徒であって将来がチャンチャンである。これらは、旧ソ連圏の地域が社会主義体制から脱してから20余年しかなく、社会主義弊習をなくすため文総裁の真の愛に立脚した平和思想伝播に没頭している。これらの活動フォーカスは家の価値回復と人格教育に合わせられている。その結果、共産主義思想に凍りついた凍土の地を文総裁の真の愛の注意によって徐々に平和と繁栄の地へと変化している。

東北大陸に家庭連合の宣教歴史が始まったのは半世紀が過ぎた。 1960年、日本人宣教師アキヒトクニトキがロシアに派遣され、幕が上がった。もちろん、最初は地下宣教であった。 「バタフライ」が当時宣教作戦。つまり、宣教師が地下で準備をして時が来れば蝶のように羽ばたきをして地下で羽ばたくという意味だった。その過程で1973年チェコスロバキアに派遣された宣教師が刑務所から殉教する痛みも経験した。

地下宣教が地上に上がってきたのは、1990年4月に文総裁がモスクワでゴルバチョフソ連大統領に会いてからだ。二人は会談を通じて、神を受け入れ、宗教の自由を承諾して、継続的な改革と開放的にしていくのにかなりの共感を獲得したという裏話だ。これをもとに文総裁は、ソ連の優れた大学生3000人を米国に招待し、統一思想の特別教育を実施する。この効果はすぐに現れた。 1991年にソ連で共産主義に回帰しようとする軍部のクーデターが発生したとき、これらが命をかけてタンクの前に横たわってクーデターを終わらせたさせたという逸話は有名である。これらは共産主義が崩壊して、西欧のフリーセックス文化が押されて来たときも、純潔教育の騎手になった。

家庭連合の東北大陸宣教は宣教局ごとにさまざまな形で展開され、国の発展に健全な影響を及ぼした。モンゴルでは、伝統的な家庭の価値で目を覚まし、アルメニアでは、平和大使運動で社会的葛藤を縫合した。グルジアでは平和マラソンを主催して国民的結集をサポートしており、カザフスタンでは合法的な法的闘争を通じて宗教の自由を勝ち取った。ロシアでは、1995年に100組以上の国際祝福結婚式が開かれ真の愛の仲間入りを始めた。

チョン·ソンス宗教専門記者tols@segye.com




coded by nessus
Posted by on 2015年1月1日. Filed under コラム, 国際情勢, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*