ニュース

[月刊中央 11月号] 宗教フォーカス - 日本家庭連合創立55周年青年大会現場を訪問- ‘人種・文化の壁を壊す’世界の青年たちの平和宣言

投稿日:

フォカス 日本家庭連合創立55周年年大の現場を訪問

    - ‘人種·文化の壁を世界の年たちの平和宣言 

40国の2信徒1万人が集まって、世界平和運動を決意...2020年までに年宣派遣して、平和と家族愛を実践する

 

私たちには統一教会として馴染み深い、世界平和統一家庭連合が9月、日本千葉県千葉市で大規模ないた文鮮明の聖和後、リシップの入れ替わりのプロセスの中、2信者が世界平和運動の前面に出るようになった点といえるだろう

 

thumb_2039295025_08edOIjY_img12

 

·スンヨプ、キムテギュン選手が一時身を置き、人たちにも馴染み深い日本のプロ野球「千葉ロッンズ」のホムゲが行われていた923日。東京圏内の千葉県千葉市にあるロッテホ球場QVCフィルドに野球ファンが殺到する中、すぐ近くにある幕張メッセのイベントホルに1万人を超える年たちが集まった。世界平和統一家庭連合(以下、家庭連合)の日本教会創立55周年を迎えて開催された「グバルユフェスティバル2014Global Youth Festival 2014)」のイベントにした年たちある

‘グロバルユフェスティバル2014’は、人種民族文化を越えて若者たちが集まり、世界平和運動に邁進しようという決意を固めるイベントだ。 「結ぼう!世界の絆、語ろう!際貢」というスが語るように、この日の行事は、際社の平和とした家庭連合信徒たちをし、志を固める場でもあった。くした群衆の中には、日本人のほかにも、白人をはめとして、アフリカ東南アジア中央アジアからたちも肩をべた

 

 

アメリカイギリスカナダメキシコドミニカマレシアコンゴなど40国からやってきたたちであった。文善進 家庭連合世界本部長、娥 世界平和女性連合世界、ソンヨンチョン 日本祝福家庭会総会野英治 家庭連合日本など教団の核心人物たちもこの場を共した。さらにゴドウィアグボ 駐日ナイジェリア大使、 正寿 早稲田大学名誉教授キムヨンハク 埼玉ナムヨン 神奈川など、現地の有力者も数参した

この日の行事のテマは‘際貢’と‘家族愛’に’された。地球のあちこちで苦しむ人々皆が「私の家族であるため、助ける」という原則に基づいて際貢実践していくというものである。その主役は、年宣だ。家庭連合は2020年までに40年宣を派遣して際貢と家族愛を実践して‘世界指導者のネットワ’も構築していくである


家庭連合は、の壁を崩そうとするとき、まずは、心の壁を最初に崩さなければならないという点を調している加者たちも、このような点に主眼を置いて行事が進行された。...

 

 [詳しい記事を韓国語で見る]

 

 

 

-ニュース

Copyright© familyforum , 2019 All Rights Reserved.