真のお母様クリスマス礼拝み言12-21-2014


 〈全25分30秒〉

アメリカ、ラスベガス(ネバダ州)サウスポイントホテル12月21日(日)2014年午前10時から行われたクリスマス日曜礼拝での真のお母様のみ言。訳は要約です。

愛する全世界の統一家、祝福家庭の皆さん、平和大使、今日お集まりの聖職者の皆さま。お会いできてうれしいです。今日私たちは聖誕節(クリスマス)の礼拝をおこなっています。クリスマスを祝う時はいつも神様の摂理歴史と神様の御心情を思わなければなりません。神様の摂理を思う時、真の父母として私の心は重くなります。

この世の父母達もそれぞれの子供の誕生日を祝います。その子供たちが成長し、健やかで祝福される事を願います。子供達の成功を祈ります。しかし、天宙を創造された時の神様の御心情はいかばかりでしょう。天宙を創造された神様は目的と理想を持っておられました。神様が人間を創造されるまで神様は夢で一杯であったというのです、たいへん興奮しておられたのです。創世記でも分かるように神様はアダム・エバに全ての権威を与えられ、その成長を楽しみに待っておられました。ところがどうなったでしょうか。アダムとエバは考えられない過ちを犯し、人類と神様に大きな苦難をもたらしてしまいました。人類歴史は苦難と悲しみの歴史になってしまいました。人類を見捨てる事ができず、探し求め、慕い求めてこられました。

皆さんは一瞬でもそのような痛みを感じたことがありますか。どうして神様が堕落した人間を見捨てることなどできるでしょうか。摂理歴史は悲惨で、神様の痛みは深い悲しみで覆われました。無知な人間を啓蒙して段階を追って国家基準まで立てなければなりませんでした。み言と聖書を通してイスラエル民族の選民思想、4000年歴史をみなさんは知っています。40年でもなく、400年でもない、4000年間です。万王の王であられ、天宙の主人であられる神様は悲しみと苦痛の摂理歴史を探し出すしかありませんでした。それを思う時、今から2000年前、イスラエル民族はを通して神様の堕落していない血統、愛する独り子イエスを送られましたが、それまでどれほど多くの厳しく過酷な試練を被られたと思いますか。牧師の皆さんは何度も聖書を読まれたことでしょう。皆さんは神様の御心情を本当にお慰めしたことがおありですか。神様はついに独り子を送られましたが、このイエス様が負わなければならなかった十字架は何ですか。どうして独り子が殺されたのでしょう?4000年の準備をかけた結果こんなことが起こるなんて―その意味が分かりますか。ご来席の牧師の皆さん、人類の過ちだったのです。

神様の心は深い悲しみに覆われました。世の人々はクリスマスを喜びで祝います。しかし、何人が神様のことを本当に理解しているでしょうか。この事を思う時私の心は痛みます。(涙)・・・
私たちは神様の御心情を慰める事の出来る子女にならなければなりません。
感情を抑える事ができず申し訳ありません・・・。 

FFWPU USA4 Live

先ほど言いましたように、私たちは真の父母を知る者たちです。しかし、2千年前に独り子として来られたイエス様は独り娘と出会い真の父母とならなければなりませんでした。

ローマ帝国がすでにカイン圏として準備されていました。イエス様のメッセージが世界中に伝播できる準備ができていました。しかしそれから2千年の苦難の歴史が過ぎました。イエス様は「また来る」と約束されました。子羊の婚宴を約束されました。
このことは真の父母となられて堕落した人類を神様の子女として重生復活させることを意味します。これが神様が願われた摂理です。
キリスト教の2千年の歴史にも多くの困難がありました。16世紀になって初めて定着することができました。聖書が英語をはじめ他の言語に翻訳され、キリスト教が広められたのです。

キリスト教徒は因習的な規範から自由になる事を願いました。アメリカのピルグリム・ファーザーたちは自分たちの国から解放される事、とくに国教から解放される事を願い、新世界に行くことを欲したのです。神様を一番に考え、自分たちの家を立てる前にまず教会を建て、そして将来のために学校を建てました。それから最後に自分たちの家を建てたのです。それは人類がたどらなければならない蕩減路程です。しかし人間的な多くの過ちを犯しました。民主主義はキリスト教から起こったのです。

共産主義もキリスト教から起こりました。しかし神様はメシア、再臨主を送ることを約束され、神様は再臨主を送る用意を継続されました。ローマ帝国から始まり英国に至りました。大英帝国は巨大で「日の沈まない国」と称されました。聖書と共に拡大したのです。キリスト教文化圏を作り出しましたがその目的は再臨主を迎えることでした。

私たちは神様と一つになれない堕落人間であることを理解しなければなりません。明確な中心を持たなかったのです。様々な表に出ない歴史を抱えながらも、神様は準備された再臨主を送って下さいました。多くの困難を超えて終に、人類真の父母を送られたのです。
世界には多くの問題があります。

人種問題、宗教問題・・・。しかし誰もこの問題を解決することができません。大統領が解決できますか。国連が解決できますか。解決しようとしましたが、できませんでした。神様の愛する真の父母によってのみこれらの問題は解決できます。分かりますか。さらに今日、世界中に4大宗教がありますが、神様はキリスト教を中心に摂理を進めてこられました。

イエス様は、自分は神様の独り子だとおっしゃいました。キリスト教徒は今も旧約と新約の時代に暮らしています。
私たちは成約時代を超えて天一国時代に住んでいます。世界の人々を旧約・新約時代から抜け出させ、今の時代を知らせなければなりません。この話がどれほど素晴らしい事か分かりますか?皆さんは幸福を手にすることのできる立場である事を決して忘れないで下さい。他の人と分け合うならば幸福はより大きなものになります。

クレーンズ・クラブで、両親が祝福を受けたおかげで彼らの血統はピュア・ウォーターだと言いました。堕落世界は泥水のようなものです。ピュア・ウォーターも泥水になり得ます。皆さんは70億人類を神様の下に連れて行かなければなりません。人々に真の父母様を教え、教育しなければなりません。そのために祝福家庭になったのです。分かりますか。皆さんにはその責任があります。

1つの父母に侍る時どうして国々が争うでしょう。自分たちの事だけどうして考えてばかりいられるでしょう。真の父母を中心にする時に真に豊かになることができます。統一教徒は大勢います。兄弟姉妹と共に一つの目標をもって前進するなら偉大な者になれます。
そうしたいですか?

真の父母のモットーは「他のために生きる」です。もしそれができるなら皆さんは世界を一つにすることができます。皆さんも真の父母になることができます。そうして地上天国を築くことができるのです。そうしようと思うなら、一生懸命頑張らなければなりません。また氏族メシアになって家族を復帰する必要があります。そんなに大変なことではないでしょう。真の父母は世界70億人類を復帰しようとしているのです。

この歴史世界に同参する子女にならなければなりません。そうすれば人生は名誉あるものになります。70億人類の生命は皆さんの手に握られていると心掛けて下さい。これを知る時どうしてくつろいでいられますか。最善を尽くさなければなりません。信じるみ言を実践しなければなりません。どうかこれを知って実践して下さい。私たちの天の父母様と真の父母様、そしてイエス・キリストを悲しみから解放して差上げましょう。私たちは勝利者にならなければなりません。地上の人生だけを生きるのではなく霊界で永遠の生命の勝利者にならなければなりません。皆さんがそういう人になる事を願います。そうすれば永遠に記憶される人になるでしょう!

 

非公式訳(Harikawa)




coded by nessus
Posted by on 2014年12月24日. Filed under トピックス, 動画, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

One Response to 真のお母様クリスマス礼拝み言12-21-2014

  1. Pingback: 真のお母様クリスマス礼拝み言12-21-2014 | Kodan USA

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*