ニュース

韓国メディア[アジアトゥデイ] 鮮文大学, 11月1日に '2014 多文化平和フェスティバル'を開催

投稿日:

[アジアトゥデイ鮮文大学, 111日に '2014 多文化平和フェスティバル'を開催

 

 

 

牙山/アジアトゥデイイシンハク記者=鮮文大学2014年多文化平和フェスティバル組織委員会は、

来る111日午前10時、2014多文化平和フェスティバルを開催すると23明らかにした。

このフェスティバルには、日本、フィリピン、タイを含む80カ国の多文化国籍をもつ1万人が参加し、

'愛と奉仕で一つになる多文化!世界平和の希望!’というテーマで、鮮文大学と韓国文化平和連合、

多文化総合福祉センターが共同主催し、全国の多文化団体の会員が参加する。

行事は、1部の式典、2多文化特別公演、3多文化ハンマダン祭りの順序で行われ、全国166

のボランティアが連合する「真の愛平和奉仕連合」の発足式も行われる。


また、'アサン市庁オニャン1.3km、地球一家族パレド’、多文化子女 - 多文化少年 -

文化大 - 多文化女性がそれぞれ準備した特別文化公演、多文化女性全腕相撲大、多文化サッ

が開催され、世界文化体験や世界の食事、お買い得バザ、子供の遊施設など30以上

の体スが運される。

特に今回の行事には、忠北道忠州のNagaya Miki51)さんを含めて大統領賞、 孝賞 、モデル

賞などを受けた多文化家庭の600人余りが加する予定である。

 

Nagaya Mikiさんは、忠州の結婚移住女性婦女長(ジュドク、ミラク村)として7年間婦女長を務

め、住民のコミュニケションと和合に力を入れており、1996年に韓にお嫁に4代が一に暮

らす農家に嫁ぎ、二人の子供の母として、また地域社展のため奉仕活動を積極的に加してき

た功として孝賞(孝行な嫁にえる賞)を受けた
[韓国語原文]

 

【中部日】アサン鮮文大1万人の‘2014多文化平和フェスティバル’開催

 

鮮文大ファンソンジョ)と2014多文化平和フェスティバル組織委員(委員長ユギョ

ンソク)は、111日午前10時から日本、フィリピン、タイを含む80の多文化国籍をもつ1

人がし、'愛と奉仕で一つにな多文化!世界平和の希望!’というテマで、2014多文化平和フ

ェスティバル’を開催する。

今回の多文化平和フェスティバルは、鮮文大文化平和連合、(社)多文化福祉センタ

同主催し、の多文化して行われる。1部は記念式典、2部は多文化特別公演、3

は多文化ハンマダン祭りが行われる予定だ。

特に、166のボランティアが連合してする「平和奉仕連合」の足式、アサン

ニャン1.3kmを行進する’地球一家族パレド’、多文化子女 - 多文化少年 - 多文化 -

文化女性が準備した特別文化公演、多文化女性腕相撲、多文化サッカが開かれる。

また、世界文化、世界の食事、お買い得バザ、子供の施設など30以上の

されて加者愛と奉仕の意味を再確認できる場を準備する予定 

今回の行事は特に、多文化人は福祉と象であるという偏見を克服し、愛と奉仕の主体として

活動しながら、孝嫁賞を受賞した北道忠州のNagaya Miki51)さんを含めての中心的な

値感である孝と烈を実践してきた大統領賞、孝嫁賞、モデル賞などを受けた多文化的な背景を持

つ約600人がする予定である。

このするNagaya Mikiさんは、北道忠州市の唯一の結婚移住女性の婦女(ジュドク

ラク村)として、7年間婦女を務め、住民のコミュニケションと和合に力を入れている。
1996
にお嫁に来て、4代がらす農家に嫁ぎ、二人の子供の母でありながらも、地域

のために奉仕活動を積極的してきた孝嫁(孝行な嫁にえる賞)などを受けた。

辺に住む隣人は、として婦女の役割を務めることは決して容易なことではないのにしい

環境の中でも屈せずに村の仕事をする姿は、もう外国人ではなくだと言う

多文化平和連合は、多文化に急速に発展しているの時代の要求に合わせて、425日、

ソウル52個の多文化が集まってし、家間友好をさせ、多文化的な理解とケアを

超えてが共感できる平和としようとの多文化多文化平和運動を展開している。 「多文化平和祭は、今年から2年ごとに開催される予定である。

韓国語原文

-ニュース

Copyright© familyforum , 2019 All Rights Reserved.