「3代世襲北、金日成王朝2018年に力を失うだろう」


韓国・SEGYE.com | 入力2014-10-2820:23:50

「3代世襲北、金日成王朝2018年に力を失うだろう」

強い大韓民国’出した家庭連合アフリカ宣教師出身チェヨンムン牧師

「3代世襲の金日成王朝は長くは続かないでしょう。」

どの北朝鮮専門家も遠慮なく年を釘付けしながら、北朝鮮共産党の崩壊を予測することができない。このようにがむしゃらに発言した主人公は、世界平和統一家庭連合アフリカ宣教師出身チェヨンムン(74)牧師だ。 「一日の犬の怖さを知らないその他すべて」と笑って見せたが、あごを有した。最近彼が発表した「強い大韓民国」にもこの内容が挿入されている。

チェヨンムン牧師は「英語の単語を探しながらアルビン·トフラーの「第3の波」を読んでいた中文鮮明総裁の文章を発見して興奮を隠せなかった」と述べた。

聞けばこうだ。自分が精神的な師匠として仕える文鮮明(1920~2012)総裁はかつて共産主義の没落を予測した。文総裁は1985年8月、スイス·ジュネーブで開かれた世界平和教授協議会、国際会議でモートンカプランシカゴ大教授に「共産主義の終焉」を宣言するようにした。ソ連共産主義が盛んだった当時、文総裁は5年に以内にソ連共産主義が滅びると述べた。カプラン教授が何度も文総裁を訪ねフレーズの変更を要求したが、文総裁が押し通したとする。 1991年に、すべての予想を覆して、ソ連共産主義が幕を下ろしながらカプランは一躍、共産主義の終焉を予言した学者で有名人になった。

「当時、文総裁は統一原理を例示し、サタンの主権は70年を超えないとしました。 1991年は、ボルシェビキ革命が起こって74年目なんてほぼ当てずっぽうではないないですね。 1948年に北朝鮮政権が樹立されたので、その70年になる2018年に、北朝鮮金日成王朝は力を失ってしまいます。」

2008年、金正日が脳卒中で倒れ、翌年キム·ジョンウンが後継者に内定され、その兆候は伺えた。チェ牧師は、北朝鮮が核を放棄し、自由世界の一員として編入されている状況も排除しなかった。

魅力的なフレーズが彼の著書にもある。 「第3の波」を書いた未来学者アルビン·トフラーが、文総裁を証拠した内容である。国内の翻訳には欠落したが、英語版384、385のほうが本結論の部分である「異端の秘密(The secret of the cults)」でトフラーは「レバレンド·ムーンが展開する聖霊運動は、将来到来する新しい精神圏世界の主人公となる人間像のモデルを提示した」と記述した。英語の単語を訪ねて行って本を読んでいた中文総裁の文章を発見して興奮を隠すことができなかったという。

アルビン·トフラーの「第3の波」英語版での文鮮明総裁が証拠とした本文部分。

 

続きはこちら(韓国語)から。




coded by nessus
Posted by on 2014年10月29日. Filed under コラム, スポーツ・文化, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*