[仁川APG]閉会式のハイライトは? リトルエンジェルス「六鼓舞」公演


韓国10月24日、ニューシース・聯合ニュース、他

 

NISI20141024_0010279626_web

 

[仁川APG]閉会式のハイライトは? リトルエンジェルス「六鼓舞」公演

記事登録日時[2014-10-24 21:12:32]

【仁川=ニューシース】24日午後、仁川文鶴競技場で開かれた「2014仁 ​​川障害者アジア大会閉幕式で六鼓舞公演をしている。2014.10.24。

(写真= 2014仁 ​​川障害者アジア競技大会組織委員会提供) photo@newsis.com

 

 

 

 

 

【関連ニュース】

仁川障害者AG民間団体応援に注目 –世界平和統一家庭連合など3団体率先 (SEGYE.com)

「よくする、ジョンジュヒョン! “”大丈夫、ファイティング! ” 仁川障害者アジア大会6日目の23日午後1時男子団体戦卓球大会が開かれた松島グローバル大学体育館。ここの2階観覧席に位置する約50人の応援団が体育館が壊れて行くような声で、北朝鮮選手団を応援した。

「一つの韓国の平和世界」という英文イニシャルを刻んだ緑のベストを団体で合わせて着用、熱気を帯びた応援を送って体育館内でパッと目を引いた。これらはまさに、世界平和統一家庭連合、世界平和女性連合、平和大使協議会の3団体の会員である。大会初日から卓球大会と水泳大会、アーチェリー大会など、北朝鮮チームが参加しているところに参加して応援した。これらの団体の関係者はこの日までにのべ1000人余りの会員が応援に出たと明らかにした。

これらの心は周囲にも伝えられている。卓球競技場の韓国人審判は毎日競技場を訪ねてきて応援を広げたこれらの団体に感謝の気持ちを示した。

“とてもありがたいですね。大会初日と二日目誰も訪ねて来ないときに来て応援を繰り広げてくれありがたく、あんな団体があって、私たち障害者スポーツが元気になります。”

障害者アジア競技大会という途方もない名前が恥ずかしくも観客席が空っぽのところ、彼らの応援は北朝鮮の体育の幹部が映像に収めるほど熱い反応を呼び起こした。

「障害者アジア大会という内容のみを誘致して成功したことがないのです。人格教育の機会をまるごと逃してしまった政府はもちろん、仁川市、仁川市教育庁すべて反省して覚醒必要があります。」

北朝鮮選手団の団体応援を企画した南北統一運動国民連合ソングァンソク(49)事務総長が空っぽの観客席を指さして、このように述べた。ソング事務総長は、「漣川ビラ砲撃、坡州(パジュ)軍事境界線の銃撃戦などで南北高位級会談がどのようになるか分からない状況」とし「南北の問題は、政府のみ預けておくのではなく、民間人ができることはしなければならない」とし、今回の障害アジア大会団体応援に出た背景を説明した。

彼は続いて「北朝鮮が史上初めて出場した仁川(インチョン)障害者アジア大会であるだけに、私たち民間団体が出て暖かく、北朝鮮選手団を迎えて、また積極的に応援をすると、北朝鮮に良いメッセージを伝えて、緊張を解きほぐすきっかけを用意することができる」と強調した。

この団体の会員として、最後の4日終えた仁川(インチョン)アジア競技大会でボランティアをした多文化家庭のまさみ(47·女)は、「自分の身体のハンディキャップを​​克服し、偉大な挑戦に出た障害者の選手があまりにも誇りに思って」としながら「子供のネットを育てるために大変だと思っていたより懸命に生きなければならない」と涙を見せた。 「北側選手ファイティング」というプラカードを持って応援に出た日本人玲子(53)は「人間の限界を克服した象徴を見るようだ」としながら「中学校1年生の娘に今日の感動を伝えることができてうれしい」と話した。

この日の最高齢で応援に出た線ギナム(80)さんは、統一への強い希望を表わした。彼は「明日の試合を終えるのがとても残念だ」としながら「死ぬ前に統一された国に住んでいるのが最後の願い」と終了する目頭を赤くした。

この日卓球TT9-10香港との試合で3-1で敗れた北朝鮮選手団はジムを離れて、これらの団体に手を振って感謝の気持ちを表した。

仁川=イドンソン記者sports@segye.com

 

 

 

 

「ジャカルタで会いましょう」仁川障害者アジアド閉会(総合2報)

 

閉会宣言するダト·アサリンAPC会長

(仁川=連合ニュース)ギムジホン記者=聖火は消えましたが、選手たちの情熱が残した熱は、さらに大きくなった。

第12回関西障害者アジア大会が24日午後6時、仁川文鶴競技場で開かれた閉会式を最後に1週間の大長征を終えた。

「情熱の波、これからが始まりだ」を合言葉に掲げた今回の大会は、2002年釜山大会以来12年ぶりに韓国で開かれた障害者アジア大会である。

41カ国から来た歴代最多の6千196人の選手団が情熱と挑戦的障害、限界、不可能を克服しようとする姿は、深い感動を残した。

陸上、水泳、アーチェリーなど19のパラリンピックの正式種目とバドミントン、ロンボル、ボウリング、車椅子ダンススポーツなどパラリンピックにない4つの種目の計23種目にかかった443個の金メダルを置き、雌雄を競った。

 

 

 

韓国語続き




coded by nessus
Posted by on 2014年10月25日. Filed under できごと, スポーツ・文化, ニュース, 芸能人・韓流. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*