ニュース

[ソウル新聞] 統一教会、アメリカ・ニューヨークで「永遠なる平和の国創建へ邁進」 文総裁2周忌行事で「再跳躍」

投稿日:

[ソウル新聞]統一教会アメリカニュクで「永遠なる平和の創建へ邁進」

2周忌行事で「再跳躍」

 

‘統一教会アメリカの第1都市ニュクで再跳躍を決意’

 

世界平和統一家庭連合(統一教会、以下家庭連合)が40年前に故文鮮明裁がアメリカ宣要塞としてみなしたニュクで、今後むべき新しい道を宣言した。 20129月に死去した文裁の2周忌式典の場でだ。平和世界の現という文裁の路程の出地から家庭連合の本の使命に忠にしていこうという決起の下、再跳躍の意志を固め宗界のからの心が集まっている。

 

SSI_20140925152532_V

 

20日、ニュク市のマンハッタンセンター・ハマスタインボルルムで開かれた文鮮明2周忌の式典は、アメリカをはじめとする全世界の家庭連合の指導者たちが結集して展開され熱でいっぱいだった。政治・宗教・文化系の指導者を含めて2000人が集まった中で文裁の2周忌を追悼し、新しい飛躍を誓った。文の死去以、家庭連合を率いている韓鶴子裁は長男文孝進氏の夫人世界平和女性連合世界長が代したあいさつで、「1971年アメリカに到着したとき、夫と私は的、道的に刷新する大衆運動を起こすことによって醒を呼び起こすことを決意した」とし「私たちは、このを治療して、個人主義と腐敗の炎を火して、アメリカ建国当時に普及されていた神を中心とした精神に再び火を付けるためにた」と回顧した。

 

裁は、特に「の父母の心情で、全人類を抱くように求める神の召命を受け、平和世界現のために、すべてを投入した」とし「今、平和と繁一つになった世界を作る偉大な使命に皆が同することを祈ります」と明らかにした。加者は、韓裁の挨拶に呼して答し、アメリカの他の宗指導者たちと家庭連合の牧師、一般信徒がいて行った文裁追悼のと家庭連合の再跳躍の誓いの祈りに加の意志を明らかにした。

 

この日2周忌の式典は、1974918日、文裁が3万人が集まった中で集を開き、今もアメリカ社く知られるいわゆる「ニュクのマディソン·スクエア·ガデンのスピチ」の40周年記念も兼ねて意味を加えた。文鮮明、韓鶴子裁夫妻は1965年にアメリカを含む40196921の世界巡回に出た。 197112月、アメリカワシントンDCに到着し、アメリカ主導の世界宣の計を立てた後、本格的な宣活動を始まったニュクのマディソン·スクエア·ガデンのスピチは、文裁夫妻がアメリカに神の意志とアメリカが行く道を提示した史的な事件として記される

 

.... [詳しい記事を韓国語で見る]

 

-ニュース

Copyright© familyforum , 2019 All Rights Reserved.