エボラ発生地域に暮らす食口のための救護活動


TPマガジン 10月号より  KODAN USA

エボラ発生地域の食口のための救護活動   Kodan USA

 

 




coded by nessus
Posted by on 2014年10月10日. Filed under トピックス, 国際情勢, 祝福家庭. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

One Response to エボラ発生地域に暮らす食口のための救護活動

  1. hideki

    重症化の予防にビタミンCの大量摂取がよいかもしれません。

    毎日、ビタミンCを3000mg~6000mg摂取するんです。

    私は、以前、毎日ビタミンCを朝昼晩と2000mgを3回飲んでいたときは、まったく風邪をひきませんでした。

    また、風邪のときでも8000mg(朝昼晩と就寝前)取ると即、改善している人もいます。

    口内炎、膀胱炎でも効果が出ている人がいます。

    感染症にはビタミンCの大量摂取がとても効果があるというのが私の印象です。

    一日も早く皆様の健康と平安な生活を取り戻すことができるようにお祈りします。

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*