トピックス ニュース 統一運動

2014平和のための自転車統一大長征(PEACE BIKE 2014)

投稿日:

2014平和のための自転車統一大長征(PEACE BIKE 2014)

韓国家庭連合公式サイトより         2014年8月6日

143709682바이크 01
朝鮮半島の統一とDMZ世界平和公園実現に向けた「2014平和自転車統一大長征'韓国出発式が8月4日午前10時、臨津閣の平和の鐘において400人余りが集まり開催された。

‘ピースバイク2014実行委員会’が主催して南北統一運動国民連合(会長ソル・ヨンス、以下国民連合)と天宙平和連合(UPA)が主催し、(韓国)統一部と民主平和統一諮問会議、民族和解のための汎国民協議会が後援する‘平和自転車・統一大長征(Peace Bike 2014)’の韓国出発式が望拝壇(マンベダン)での献花および黙祷、歓迎の辞と祝辞、激励の辞、そして平和メッセージ発表および伝達、縦走旗サイン、平和の鐘の打鐘、万歳三唱の後、自転車は出発した。

イ・ジェホン坡州(パジュ)市長は歓迎の言葉の中で“分断の現場である坡州(パジュ)、臨津閣(イムジンガク)に来られた皆さんを歓迎します。”“韓半島統一とDMZ世界平和公園実現に向かって縦走する、世界14ヶ国縦走団に感謝します。”と述べた。

ソル・ヨンス(国民連合会長)執行委員長も“平和の自転車大長征は韓鶴子総裁が南北統一と世界平和を祈念する実践プロジェクトとして提案された自転車長征だ。 昨年は韓国と日本が3,800Kmを走ったが、今年は6者会談国をはじめとする世界14ヶ国が拡大参加した。 来年、北朝鮮が参加するならばDMZ世界平和公園実現と南北統一が早まることで、韓総裁のみ言のように自転車長征は白頭山(ペクトゥサン)をすぎてアジアを経て、全世界に天が望まれる自由、平和、統一の幸福な地上天国を成し遂げる時まで前進するだろう。”と歓迎の言葉を述べた。

柳吉在(リュ・キルジェ)韓国統一部長官は祝辞文の中で「在外同胞たちと一緒にDMZ世界平和公園実現と統一への願いを抱いて韓国と日本など14カ国を自転車で縦走するのは格別な意味がある」と述べ、「DMZの鉄条網と地雷を取り除き、南北間の合意と国際社会の協力の中で平和公園を作る過程は、韓半島の平和の基礎になるだろう」とお祝いの言葉を述べた。

ユ・ギョンソク世界平和統一家庭連合韓国会長は実行委員長として縦走者たちを励まし「今回の行事は、DMZ世界平和公園づくりを願い、南北統一と世界平和を祈願する「文鮮明天地人真の父母天宙聖和2周年」を記念する平和の自転車長征である。韓国と日本をはじめ、米国、ロシア、中国、イスラエルをはじめとする世界14カ国で同時開催される「ピース•バイク」の行軍は、人類の和合と平和の世界を建設しようと働いて来られた天の父母様と真の父母様の願いを全世界に知らせる6,000km自転車長征である。」とこのイベントの意義を明らかにした。

ユン・チョンロ天宙平和連合(UPF)会長も共同実行委員長として激励の辞を述べて“UPFは北東アジア平和を念願してロシア、ウラジオストクと中国丹東で自転車縦走をした。 中国丹東鴨緑江(アムノッカン)周辺で進行された平和の自転車縦走には俳優のソン・イルグクさんと韓日青年学生指導者が共に‘ピース・バイク’の意義を広めた。 ピース・バイク自転車長征は真のご父母様の統一運動の業績が韓半島平和統一として実を結ぶことを祈る重要な意味を含んでいる”と話した。

143709682바이크 08

 

出発に先立ち、縦走団は韓半島平和統一とDMZ世界平和公園造成に対する全国民と世界市民の積極的な支持と参加を訴える平和メッセージを発表し、平和の鐘を打鐘した後、ユ・ギョンドゥク世界平和青年連合会長の万歳三唱で行事を終えた。

引き続きユ・ギョンソク家庭連合会長とユン・チョンロUPF会長、ソル・ヨンス国民連合会長とユ・ギョンドゥク青年連合会長、イ・ジェホン坡州市長とキム・ヨンチョル統一教育協議会事務総長をはじめとする内外の人々と外国人留学生20人余りを含む約50人が韓国縦走区間の最初の走者として参加した。

222149

 

DMZ世界平和公園を主題にした平和自転車縦走は昨年、韓国と日本だけで開催されたが今年は14ヶ国でより大きく広がり、アメリカ、日本、中国、ロシアの6者会談国家はもちろん分断地域であるイスラエルと台湾など合計14ヶ国でもUN NGO団体である

UPF,WFWP会員たちを中心に共同縦走が行われている。
‘韓半島統一とDMZ世界平和公園実現’をテーマとして共同縦走が繰り広げられるのは前例がない世界的共同縦走という点で歴史的にも大きな意味がある。

自転車縦走が行われた国は8月4日現在まで、米国(ニューヨーク、シカゴ)、ロシア(ウラジオストク)、中国(丹東)、イスラエル(テルアビブ)、台湾(全国)、ニュージーランド(オークランド)、チェコ共和国(プラハ)、コスタリカ(サンホセ)、ドミニカ共和国(サントドミンゴ)、チリ(サンティアゴ)、ジョージア(ジュグディディ)、ネパール(カトマンズ)であり、日本では7月19日北海道ノサップ岬を出発して東京、大阪を経て、8月8日九州唐津と壱岐と対馬を縦走した後、8月9日、釜山国際港に到着することになる。

この日8月4日、臨津閣を出発した韓国縦走団も釜山に到着した。韓日両国の共同縦走団は釜山国連記念公園を訪れ、朝鮮戦争で犠牲になった16カ国の退役軍人の霊を追慕した後、11日午前10時頃、大韓民国国会に到着し、国会統一未来フォーラム(共同代表チュ•ホヨン、チョ•ミョンチョル)の歓迎を受けた後、鄭義和(チョン・ウイファ)国会議長に14カ国•ピース•バイク縦走団の願いを込めた「韓半島の統一とDMZ世界平和公園を実現するための平和メッセージ」を渡す予定である。

この日、国会憲政記念館では‘DMZ世界平和公園の実現課題’というテーマで国会統一未来フォーラムと国民連合による統一シンポジウムが共同開催されて、14ヶ国自転車縦走団を含む約40カ国の在外同胞も参加する予定だ。 シンポジウムを終えた後、14ヶ国の自転車縦走団代表は光化門(クァンファムン)で大統領府にある噴水台まで最終縦走を行い2014ピースバイク縦走を終える予定だ。

*(訳者注) 日本での記録映像および日程は次の特設サイトでご覧下さい。Peace bike 2014

訳Harikawa

-トピックス, ニュース, 統一運動
-,

Copyright© familyforum , 2019 All Rights Reserved.