【聯合ニュース】 文鮮明総裁(聖和)2周年…平和賞制定・平和自転車行進


【聯合ニュース】 文鮮明総裁(聖和)2周年…平和賞制定・平和自転車行進

2014-07-28 15:48
(ソウル=聯合ニュース)コン・ビョンソル記者

20140728184327_838

世界平和統一家庭連合(統一教・以下家庭連合)は創始者文鮮明総裁の2周忌(陰暦7月17日)を迎え、様々な追悼行事を開くことを28日明らかにした。

来る8月12日京畿道加平郡、清心平和ワールドセンターで各国の前・現職国家指導者とVIPなど約3万人が参加して2周忌追悼式を開く。
この日の行事で南北アメリカ活動を中心に文前総裁が世界平和のために生前果たした活動の成果と業績を明らかにする。

家庭連合はノーベル賞をモデルとする’鮮鶴平和賞’を制定することにしており、8月11日ソウル プレスセンターで出帆式を開く。 ホン・イルシク前高麗大総長が初代委員長を引き受け、鮮鶴平和賞は世界平和に寄与した個人および団体を選んで2015年に初めての授賞者を発表する。

文前総裁が提案した、非武装地帯(DMZ)世界平和公園の実現と韓半島の統一を祈願する「平和の自転車6000㎞統一大長征」も韓国と日本をはじめとする14カ国で進行中だ。

韓国と日本を自転車で縦断する参加者は、8月4日、臨津閣で、北東アジアの平和と南北統一祈願の行事をおこなう。

また、8月9~13日ソウル ヒルトンホテルでアフリカの国家など13ヶ国の首脳と約70ヶ国の指導者ら250人余りが参加する’ワールドサミット2014’を開き、8月11日には ジェジョマール・ビナイ (Jejomar C. BINAY)フィリピン副大統領を招き、金乙東(キムウルドン)議員と共同で国会図書館大講堂で講演会を開催する。

家庭連合ユ・ギョンソク韓国会長は「『韓半島の平和なくして北東アジアと世界の平和は不可能』という文前総裁の遺志を生かして追慕2周年行事を準備した。 閉塞した南北関係に和解の端緒を開く契機になれば良い」と話した。

訳Harikawa




coded by nessus
Posted by on 2014年7月30日. Filed under ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*