第32回「全日本聖和祝祭」を開催 2014年5月26日


5月25日(日)に尾瀬霊園で行われた聖和祝祭の様子が統一教会公式ホームページに掲載されていましたので紹介致します。

__________________________________________

天暦4月27日(陽暦5月25日)、群馬県片品村にある尾瀬霊園において、第32回「全日本聖和祝祭」が執り行われ、日本全国から約2000名が集まりました。

 徳野会長 聖和祝祭

午前10時半から行われた第一部のエンターテインメントでは、群馬教区の成和学生21名が“忠孝”をテーマに息の合ったダンスを披露し、続いて東神奈川鮮鶴合唱団は、「夏の思い出」など3曲を清涼感のある歌声で歌い上げました。

 矢野治佳総務局長の司会により始まった第二部の聖和祝祭では、全体で黙祷を捧げた後、松本雄司さん(1800双)の代表報告祈祷、主礼の徳野英治・日本統一教会会長夫妻による中央祭壇への献花がありました。 

 続いて戸丸廣安・尾瀬霊園園長から年間入園者数などの報告と、尾瀬霊園をはじめとして「全国で統一教会の霊園が6か所になった」ことなどの説明があり、「今後も全国の霊園の充実と拡充に努めていきたい」と意気込みも語られました。

 徳野会長は説教の中で、「統一教会教祖の文鮮明先生の基本的な教えの内容を踏まえて、『聖和』(逝去)の意義、『人生で一番何が大切なのか?』についてお話ししたいと思います」と語りながら、自身の家族の話や文先生の日本留学時代の話などを交え、「地上での生活で一番大切なことは、良き“愛の成績”を残すことである」と、愛と家庭の重要性を強調しました。 

_______________________________

つづきは統一教会公式ホームページをご覧下さい。

Posted by on 2014年5月26日. Filed under おすすめ, できごと, トピックス, ニュース, 祝福家庭. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*