第1回天一国最高委員会議開かれる


天暦4月14日(陽暦5.12)真のお母様の主催で「第1回天一国最高委員会議」が天正宮訓読室において開かれた。

韓国家庭連合公式サイトより   教会ニュース
2014.05.18

天一国の憲法に基づき、天一国最高委員会委員長と5権担当機関の責任者を任命

f4fa893b780d47465969b2ad09e86373

真の父母様主催「第1回天一国最高委員会会議」が天暦4月14日(陽暦5.12)天正宮3階訓読室で開かれた。
天一国最高委員会は、天の父母様と真の父母様を中心とする自由・平和・統一・幸福の理想が実現した世界である、天一国の最高議決機関であり、委員長を含む計13人の最高委員で構成されている。

この日、真のお母様は13人の最高委員中まだ決まっていなかった最高委員会委員長に、世界平和統一家庭連合世界本部、文善進本部長を任命し、5権機関の天政院、天議院、天法院、天財院、天公院などの責任者を任命した。天一国の行政権をもつ天政院の世界会長には文善進世界本部長を、世界副会長には文薫淑(ムンフンスク)理事長を任命された。続いて、天一国の立法権を担当する天議院院長に金榮輝最高委員を、副院長に、世界平和女性連合崔妍娥(チェヨナ)世界副会長と天宙平和連合トーマス・ウォルシュ世界会長を立てられた。さらに、天一国の司法権を司る天法院院長には、天一国最高委員会、金ジンチュン副委員長を、天一国の財政権を司る天財院院長に、世界宣教会の金孝律副理事長を任命された。そして天一国の実体的定着と完成のための民意の取りまとめと報告および広報を担当する天公院院長には世界平和統一家庭連合柳慶錫(ユ・ギョンソク)韓国会長を任命された。

真のお母様は、特に天公院の役割を強調されて「メディアとメディアを含む様々なチャネルを通じて、全世界の情報を迅速に入手して把握し、政策を立て2020年までに、天一国の定着と完成のための両面作戦を進めるにおいて最も重要な役割を果たさなければならないので韓国会長を立てました」と言われた。

真の父母様は、天一国元年天暦1月13日(陽暦2.22)実体の天一国の始まりとなる基元節を宣言なさり、天一国の三大経典である天聖経・平和経・真の父母経を編纂され、2014年の天一国憲法の公布に加え、天一国憲法に基づく天一国の最高委員会と5権機関を中心とする世界的な活動を展開しつつある。今後5大機関は、その本部を天正宮に置いて、天地人真の父母様の直接主管の下、その業務を開始する予定だ。

11d305b0aeac26efc95e61cc549997e7

0d336b9d8013f46ab8924f6469585b8c

db314362e217aef9dde3de575f3005a5

570b4e8552c2d411b06ad4c3abb66979

739eef8e5f3d10a3a10dde3a78eb375c

8b803090d0e98157146c5ba8cb153d0c

f3f300f81f0183019c0dcade78cc5b1b

ba36a47bd9efe7e9da6acd5b024cc2d9 (1)

9fabd9c9ec3b5dcfe475e0b7c9ab4cc1

0b633770183cebf9e4a2d87483d542ac

 

訳Harikawa




coded by nessus
Posted by on 2014年5月19日. Filed under トピックス, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*