VISION2020勝利のための世界指導者記念昼食会


VISION2020勝利のための世界指導者記念昼食会

韓国・家庭連合公式サイトより     企画広報局 2014.05.11

bad1329a02d5ff27a1164626981244f0

天一国2年天暦4月13日(陽暦5.11)午後12時40分天正宮宴会室で300人の指導者と長老食口が参加して、「天一国二年世界指導者記念昼食会」がユ・ギョンソク会長の司会で進行された。

記念の昼食会は、真の父母様の入場、敬礼、ケーキカット、小山田秀夫・特命総使の報告祈祷と勝利提議、昼食会、特別映像、ヤン・チャンシク特命総使とキム・サンソク中米大陸会長の所感を発表、和動の時間、ソク・チュノ理事長の億万歳三唱、真の父母様退場、閉会宣言の順で進められた。

4344395034e960ccd1b721d60d61d9b4            ▲ケーキに点火する真の父母様と文善進・世界本部長

小山田秀夫特命総使は「今回の8人の特命送使を任命して頂き、大陸会長と、各国の協会長、平和大使たちが、メシヤの使命を持って社会基盤を作り、国をどのように復帰すべきかという方向性を確実に指示してくださった真の父母様に心から感謝し、死生決断•全力投球•実践躬行する私たちになることを決意します」と報告祈祷を捧げた。

fdf8de56c428091c52ba8522c3a399be             ▲報告祈祷をする小山田秀夫特命総使

昼食後の感想発表でヤン・チャンシク特命送使は「真のお母様が特命総使の意味や役割、使命そして方向を教えて下さった。」とし「現在の家庭連合、女性連合、UPFの3組織は全世界の約300以上が、公式登録されてている。特命総使として李舜臣将軍が言ったように「必死即生, 必生即死」の精神で、最後の一瞬まで任地となる国で最善の努力を尽くします」と、天の命令に責任と使命を果たすことを決意した。

キム・サンソク中米新任大陸会長は“北米と南米はカイン・アベルの兄弟関係だ”という真のご父母様のみ言を伝えた後、“中米21カ国を結んで新設の大陸を立てられた恩恵に感謝申し上げ、Vision 2020成就のために残る6年の期間に、ここ数年間、真の父母様が下さった多くの愛にお返しする気持ちで、すべてを捧げて勝利の喜びを真の父母様お返しいたします」と、大陸会長に立ててくださった真の父母様に感謝を捧げた。

続いて、和動の時間があった。ロバート•キトル特命送使は「In my eyes」という歌をネパール語で歌った。徳野英治会長は「黄色いシャツ着た男」を、ペゴリ・カマダ、東アフリカ大陸会長は「Blessing from  Mother(母の祝福)」をマリ語で歌い、参加者たちの大きい拍手を受けた。

c6b9960224053149771b8d1c52414350            ▲参加者にみ言を下さるムン・フンスク理事長

続いてムン・フンスク理事長が参加した来賓にみ言葉を下さった。 「今日は、真のお母様が特命総使を任命して下さる場に参加しました。まず、真の父母様にお祝いと感謝を申し上げます。昨日銘文掲示式典に出席し、親鳥が羽の内に雛を抱くイメージが浮かびました。真の父母様が、全世界の祝福子女だけでなく、70億の人類を胸の内に抱かれて、教育しようとなさる心情と深い愛を感じることができました。今後は総裁秘書室と世界本部を通して、滞りのないコミュニケーションと運営を通した不屈の精神で、歴史の前に責任を果たす私たちとなり、統一家になることを願っています」とのみ言葉を下さった。続いてムン理事長は「真のお母様が30周年を迎えたユニバーサルバレエ団について紹介しなさい、と言われてこの場に立つことになりました」と話されて、バレエの由来と歴史について説明された。

またムン理事長は「一人の力が一国の文化を変え、世界を変えることができます」という真のお母様の言葉を伝え、「特命総使がそれぞれの国で、国を動かす指導者を変えて変化させると、世界を変化させることができます。その意味で、ここに集まったすべての方々が皆、特命総使だと思います」「真の父母様のみ言を証しする皆さんになって下さい」と呼びかけられた。

引き続きチョン・デファ会長が話をされた。 チョン・デファ会長は「今日は私にとって特別な日です。 60年余り前の1955年5月11日、延世大と梨花女子大で退学になった日です。 覚えていただければありがたいです。」と話した後「老兵は死ななかった」として「梨花女子大退学生の集い」の会員である史吉子、パク・ヨンスクさんたちとともに「見よ(보아라)」という歌を力強く歌って参加者から大きな喝采を受けた。

8faa6db0ba60fa1214008f218016e932▲ ‘見よ(보아라)’という歌を力強く歌う、パク・ヨンスク、サ・キルジャ、チョン・デファ会長  (左側から)

式次第に従って、真のお母様がみ言を下さった。真のお母様はハワイにある特別な木であるバンヤンノキを紹介して「今日チョン・デファ会長の報告に大きな感動を受けました。 老兵が死なずに、地に根をおろして大きい本体をもっと大きく助ける役割を果たすことができると思います」として祝福のみ言を下さった。

2cf6cfcd9c56ca15f138ceb8ab12d0c7

真のお母様は引き続き、参加者に次のようなみ言を語られた。「今、皆さんの手にかかっています。私たちの精誠と努力がどれくらい必要なのか。いかなる立場でも責任意識を強く持ち、その国とその大陸をどうすれば私一人を通し、天の側に変えることができるかを常に考えてください。これは不可能ではありません。今、全世界は混沌です。方向がありません。私たちが取り組まなければなりません。一時間、一分、一秒を惜しんで、生命を手に入れることができる道を模索しなければなりません。天は私たちが知らないうちに準備して来られました。私たちによって、私によって天の前に、人類の前にどれくらい大きく貢献するのか、その結果が出ることになっています。 そうした点で皆さんが時間を浪費しないでください。」
「今、世界各地に、自分なりに善良に生きようと努力する人々がたくさんいます。それらの人々は、摂理は分からないが、現実を前にこのように生きてはいけないと感じたので、善良に生きようと努力するのでしょう。私一人が多くの人に、その人を介して近所の人や氏族と国家を天の側に変えることができればどれほど貴いことでしょうか?」「希望はありますか?私たちだけがこの世界を、この70億の人類の夢であり希望です。忘れないようにして下さい。皆さんが行く所ごとに幸せな環境を作る皆さんになるように願っています。その中心は、真の父母様であり、真の父母様に侍って行く皆さんの前途に限りない勝利的な歩みができるようにお祈りします。」

真のお母様のみ言に、参加者たちは「はい!」と返事をして決意を固め、
祈りのみ言をいただいた時には熱い感謝の拍手をお返しした。
記念の昼食会は、ソク・チュノ理事長の億万歳三唱で幕を閉じた。

[記事提供:韓国家庭連合・企画広報局、写真提供:映像局]

訳Harikawa




coded by nessus
Posted by on 2014年5月12日. Filed under トピックス, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*