Vision2020勝利のための天一国2年世界連合礼拝


Vision2020勝利のための天一国2年世界連合礼拝

韓国・家庭連合公式サイトより

企画広報局2014.05.11

9706b75e1ae66de2d1a376a00bc7bec3

「Vision2020勝利のための天一国2年世界連合礼拝」が天一国2年天暦4月13日(陽暦5.11)午前10時30分清心平和ワールドセンターで真の父母様をお迎えして、真の家庭、特命総使、大陸会長、摂理機関長及び企業長、公職者、世界の食口など約2万人が参加して盛大に挙行されました。

真のお母様は「世界連合礼拝」のために世界から集まった食口たちに次のようなみ言を下さいました。

「今日は天一国天暦で二回目を迎える春の日です。春は希望の季節です。しかし、これらの美しい季節に、この国と世界から聞こえてくるニュースは、あまりにもひどくて何とも言えない痛みを感じました。まるで世界は航海士も船長もコンパスも備えていない船に乗っている現状です。いつ、どのような風浪に会って座礁し、岩礁にぶつかって沈没するかもしれない不安な状態です。 」「このように起こっているのを見て、全世界統一家の祝福子女たちと統一の勇士たちは立ちあがらなければなりません。いつまでも傍観して待つことができません。私たちに与えられた祝福を、私たちは私たちだけのものにしてはなりません。孤児のようにさまよう70億の人類を考えるようになるとき、私たちは、真の父母様が天の父母様とともに役事してこられたことを伝えるべきです。理解させてあげなければなりません。」と言われました。

そして 「そのような点から見て、私は天正宮に世界宣教本部を昨日の日付で設置しました。ここ聖地に天の父母様が直接、降臨されて治められる摂理を開きました。」「私は全世界を言語圏ごとの大陸に振り分けました。そして、世界のすべての人類が一族圏内で一緒に摂理歴史に同参することができる機会を与えようとしました。また、世界の大陸を抱くことができる特命総使を任命しました。彼らは実質的に第一線ですべての問題を皆さんと世界の人類とともに真の父母様を証しすることになるでしょう。」また「今日出発する行事がこれからも続くでしょう。ここにお集まりの皆さんも、心を一つにして彼らが行くところには、皆さんも一緒に行くという心を合わせていただければありがたいです。このことこそが、この春に世界の人類に与える希望の春でしょう!実を収める日まで総決起する世界すべての食口になることを切にお願いして、話を終わります」と言われました。

 

6f09ad74649a35d9c4b56a6ef0cbe594             ▲み言を下さる真のお母様

世界連合礼拝は、世界平和統一家庭連合ユ・ギョンソク韓国会長の司会で開会宣言、天一国歌斉唱、家庭盟誓、宋龍天日本総会長の報告祈祷、協会創立60周年記念映像上映、声楽アンサンブルの賛美、真の父母様み言映像視聴、真の父母様の入場、敬礼、金インシク忠清北道教区長夫妻から花束奉呈、真の父母様のみ言、世界本部長と事務総長辞令状の授与、特別功労賞の表彰、特命送使•新設大陸会長•新任国家会長辞令状授与、ヨン・チョンシク特命総使の出陣勝利決議文朗読、キム•ギフン北米大陸会長の先唱で億万歳三唱、敬礼、真の父母様退場、閉会宣言の順で進められました。

10cdc0dc18314f345ad99420c691b14e             ▲司会を務めるユ・ギョンソク韓国会長
fa9f512e7c8571afde340caecb4dc5e9             ▲声楽アンサンブルによる聖歌
8baf7bbd212cbe6d308f36d2d88552e2             ▲花束を奉呈するキム•インシク忠北教区長夫妻

真のお母様は、天一国2年天暦4月13日(陽暦5.11)付で世界本部本部長に文善進様、事務総長にキム・マンホ氏を任命して、世界摂理を直接導かれる真の父母様の補佐を決められた。続いて特別功労賞表彰、特命総使•新設大陸会長•新任国家会長辞令状授与を主催された。

801cd7ed24d4269ece7d50f64c59eb49             ▲辞令状を授与される文善進・世界本部長

3b10e6b76e4dc775c73290f48aca26a4             ▲真のお母様と記念撮影をする文善進世界本部長とキム・マンホ世界本部事務局長

真のお母様は、まず海外宣教40周年を迎え、 1975年から宣教の第一線で献身した方々を代表して、キャッシー・リーグニーと•ロバート・キトル特使に特別功労賞を授与された。真のお母様は二人の特使が「天の父母様に仕え、一つの世界」を実現するために、この地上に来られたメシヤ•救い主•真の父母•王の王を証し、み旨に対して絶対信仰•絶対愛•絶対服従で宣教地を開拓し、その責任と義務を果たすために努力して世界宣教の発展に貢献した功労を称えられた。
真のお母様は特命送使、新設大陸会長、新任国家会長に辞令状を与えられた。真のお母様は、特に特命総使に辞令状と指輪そして真の父母様の特命を受けた総使であることを象徴するメダルを授けてくださった。特命総使の使命は、それぞれの大陸と国における天宙平和連合と世界平和女性連合の基盤を中心として、外的に国を動かすことができる国家元首とVIPを教育して伝道し、国家復帰の希望を作っていく。
真の父母様の特命総使に任命されたリーダーはヤン・チャンシク、小山田秀雄、ファン・ヨンジュ、サ・グァンギ、ムン・ナニョン、キャシー・リーグニー、ロバート•キトル、ヨン・チョンシク・アジア大陸会長等、合計8名です。

続いて真のお母様はキム・サンソク中米大陸会長、チャン・ギソク中華圏大陸会長、チョ•ドンホ西アフリカ大陸会長、ペゴリー・カマラ東アフリカ大陸会長として4人の新設大陸会長を任命され、彼らと共にパク・ジョンイン中東大陸、レバノン国家会長を任命されました。

48c4b065ef313834e556b98587e70f70       ▲特別功労賞表彰、特命送使•新設大陸会長•新任国家会長の辞令状を授かった人々の記念撮影

これに先立ち、宋龍天・日本総会長は報告祈祷の中で「真のお父様のご聖和後、真のお母様は、一日を千年のように深刻で切迫した心情で、世界の摂理を直接、陣頭指揮おられ、祖国光復と天一国実体完成のために精誠の人生を生きておられます」と語り 「真のお母様と一心•一体•一和•一念になってVision2020勝利の主人公として、真のお母様在世時に祖国復帰を達成する天一国の真の主人になるように役事して導いてください」と祈りました。

19c71f8d7c4231a5893e9b8c12109f45             ▲報告祈祷を捧げる宋龍天日本総会長

協会創立60周年記念映像には、摂理の一線で苦労しておられる真の父母様にお仕えし、苦難の中で救世救国の灯りをともして前進してきた統一家の60年の歴史、各大陸の活動現場で見られる天一国実体化の希望、真の父母様の真の愛•み言•伝統を心のうちに継承して栄光の天一国に向かって前進している統一家の指導者と食口たちの姿などが含まれていました。

真の父母様のみ言映像には、「創造主、天の父母様に似た、真の愛を実践する天一国の真の主人になろう!」という年頭標語宣布の時のみ言を皮切りに、訓読会、圓母平愛財団の奨学金証書授与式、第55回真の父母の日記念式典、協会創立60周年記念式典など、最近の公的集会を主管された真のお母様のみ言が含まれていました。世界連合礼拝参加者は、み言に込められた真のお母様の深い心情と愛に感謝し、Vision2020の勝利に向けて、中断なき前進を誓いました。

この日の世界連合礼拝では、真の父母様を迎えて、世界の摂理に献身する指導者が任命され、それら指導者を代表してヨン・チョンシク、アジア大陸会長兼特命総使が「出征勝利決議文」を朗読した。

72bbf3ab441e90b36ff87fddb662da70             ▲Vision2020の勝利を決意する参加者

決議文朗読の後、全参加者たちは、天の願いと期待にお応えして、天一国の真の主人になることを決意して感謝の拍手を天の父母様と真の父母様に捧げた。続いてキム•ギフン北米大陸会長の音頭で、全体の参加者が億万歳三唱を行った。

真のお母様は統一家を代表して世界中からやって来た指導者、食口の敬礼を受られた後、熱い拍手の中、退場され「Vision2020勝利のための天一国2年世界連合礼拝」が終了した。

この日の世界連合礼拝式典は、式典前を家庭連合イ・ギソン副会長が司会しました。副会長は、天暦3月17日(陽暦4.16)セウォル号の惨事で地上での生涯を終えた祝福家庭ニ世金ヨンウンさんをはじめとする犠牲者の追悼と遺族に対する慰労の気持を伝えた。続いてCARP賛美チーム40人余りが出て歓迎の賛美として「ホルロアリラン」、「しあわせってなんだろう」、「統一勇士の歌」、「サレンヘ・チャンプモニム」などを通して恵みに満ちた礼拝の雰囲気を整えました。

0aca3f6a0b949a30302c3e46aac74dba             ▲式典前に司会を務めるイ・ギソン副会長

78cada40760949729c1fffceae2fb9a5             ▲式典前に賛美する鮮文大CARPのメンバー

 

[記事提供:韓国・家庭連合 企画広報局、写真提供:映像局]

訳Harikawa




coded by nessus
Posted by on 2014年5月12日. Filed under トピックス, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*