1300人集い、日臨節73周年記念大会盛大に開催


去る4月24日、真のお父様が日本に初めて入国された1941年4月1日を記念する「日臨節」の73周年記念大会が開催されました。

その様子が統一教会公式ホームページに掲載されていたので紹介致します。

_____________________

文鮮明師が日本に初めて下関から入国された1941年4月1日を記念する「日臨節」73周年記念大会が4月24日、下関市民会館大ホールで、全国祝福家庭総連合会総会長の宋龍天・李海玉夫妻、徳野英治・日本統一教会会長をお迎えし、1300人以上の参加者が集い、盛大に開催されました。来賓として県会議員、市議会議員など7人が駆けつけました。

第一部のエンターテイメントとして青年によるバンド演奏、広島ハンソリの演舞、山口教区天父報恩鼓の演舞、山口教区コーラス隊「華」の合唱が行われました。

 精誠の込められたコーラスの歌声に感動して、会場のあちらこちらからすすり泣きがあがりました。続いて、「文鮮明師の平和思想」を上映。

 第二部は、鄭仁永大会実行委員長及び黄鼎禹西中国顧問の挨拶、県会議員の祝辞、そして国会議員の祝電披露。徳野会長は、「恩讐を愛する」と題して、文師が日本で実践された証を語りました。

 次に李海玉総会長夫人が「山口県、下関が日本の国運を開く重要な場所」であると激励。

 

2日臨節記念大会日臨節記念大会

 

 

___________________

続きは統一教会公式ホームページをご覧下さい。

 

 

 

Posted by on 2014年5月6日. Filed under できごと, ニュース, 祝福家庭. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*