キム・ヨンウンさん、ダンウォン高校犠牲者の聖和式


キム・ヨンウンさん、ダンウォン高校犠牲者の聖和式

韓国・家庭連合HPより(教会ニュース)
이남준 2014.04.27 22:38

6c20658f294e7035b9ed4e17c80eafa4

セウォル号が沈没して12日目となる27日、日曜日
沈没惨事で犠牲になった祝福家庭ニ世キム・ヨンウンさん(17歳、ダンウォン高校2年)の聖和式が執り行われました。
一緒に犠牲になったダンウォン高校の339人全員の聖和式でした。

チョ・キュジョ教区長は「このようにヨンウンさんをはじめ、一緒に犠牲になったダンウォン高校生の合同の聖和式とします。再臨復活して、青少年が創造本然の道を行くよう導いて下さい」と代表祈祷をしました。

a5eb64b27f89c1270f714094f3c79d04

イ・ギソン副会長は、ユ・ギョンソク会長の心境を伝えて「去る16日沈没以来、全国民が一つの心、1つの思いで祈りました。しかし、ただ一人の生還者も見つけられませんでした。

皆が、そして私もまた「ヨンウンさんを送る私たち皆、申し訳ない心を持たなければなりません。 そして死の力に勝たなければなりません。集団的トラウマに勝たなければなりません。 聖和の恩賜によって悲しみから抜け出さなければなりません。 また、天一国国民に生まれ変わらなければなりません」としながら、天から与えられたこの期間を経て、天国生活をしなければならない実践課題を提示して「神聖に輝く霊となって天上天国に入城することでしょう」と語り、涙のうちに聖和式が進行しました。

チョ・ヨンジュさんは「こんなに早く別れると思わなかった。永遠に忘れない。愛しています!真の父母様、共にいて下さい!」と涙を流しながら送る言葉を読みました。

パク・ポヒ総裁は「キム・ヨンウンさんの思いに沿って今実践する必要があります。真の父母様がすべてのことをなさることができるように私たちに代わって祭物として行かれました」「キム・ヨンウンさん。真の父母様の傍で永生を享受してください!地上でも真の父母様、天でも真の父母様が一緒におられます。」と語られた。

式はチン・ジャンチン安山教会長の司会で進められ、安山聖歌隊の歌は、この日参加した約350人の心に感動を与えた。
ヨンウンさんの無事を願って3時間単位で進行された祈祷会をはじめ、二日間で、約2000人の祝福家庭が精誠を尽くしたことがわかっています。

去る16日セウォル号沈没でダンウォン高では済州島(チェジュド)へ修学旅行にいった2年生と教師、339人の内、4月27日現在160人(教師4人)が犠牲になり104人(教師10人)が行方不明のままです。

 

訳Harikawa




coded by nessus
Posted by on 2014年4月28日. Filed under トピックス, 祝福家庭. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*