敷居低くなったコーヒー市場、高級化·差別化で競争


韓国・金融ニュース|記事入力2014-04-23 18:02

敷居低くなったコーヒー市場、高級化·差別化で競争

 <この記事は2014年04月24日の新聞23面に掲載されました。>

一和、カフェコナクイーンズオープン、インテリアの高級化などの推進
スターバックス·タムエンタムなどもマニアのための専門店オープン

▲ハワイから輸入した豆で下した1万ウォンのコーヒーを味わうことができるカフェコナクイーンズソウル三清洞店全景。

▲ハワイから輸入した豆で下した1万ウォンのコーヒーを味わうことができるカフェコナクイーンズソウル三清洞店全景。

 

「ハワイの農場から来た一杯のコーヒーに1万ウォン」

高価なプレミアムコーヒーを販売しているコーヒーショップの店舗が続々と増えている。コーヒー創業敷居が低くなり、中低価格のコーヒー店が増えるにつれて差別化したコーヒーと高級インテリアで、コーヒーマニアを捕獲するというものである。

23日、流通業界によると、一和は、世界3大コーヒーの品種として知られているハワイ「カフェコナクイーンズ」の豆でおとしたコーヒー店2、3号店を国内に追加開設を進めている。このカフェで販売するコナハンドドリップ(コナ100%)は、一杯に1万1000ウォンに達する高価なコーヒーだ。

一和の関係者は「昨年7月、ソウル三清洞の第1号「カフェコナクイーンズ」のコーヒーショップの開店に続いて、来る6〜7月ごろ、ソウル清渓川と明洞に2、3号店をそれぞれ開設する」と述べた。彼は引き続き “コーヒー豆は統一教会が所有しているハワイのコーヒー農園から直接かけている」と説明した。

カフェコナクイーンズは、店舗内のインテリアを高級化して、コーヒーの味を差別化した。一和は大麦炭酸水と呼ばれる「メッコール」の神話をプレミアムコーヒー市場でも展開していくという計画である。

……

 

記事の続きはこちらから(web翻訳)




coded by nessus
Posted by on 2014年4月24日. Filed under スポーツ・文化, ニュース, 芸能人・韓流. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*