宮城と埼玉で「Vision2020勝利のための出発決断式」を開催


IMG_8562-300x186宮城と埼玉で行われた出発決断式の様子を中和新聞速報版の掲載記事より紹介します

_____________________________

天暦2月9日(陽暦3月9日)午前10時半から、仙台市内と埼玉県内の2つの会場において、「Vision2020勝利のための地区出発決断式」が開催され、それぞれ1500人、700人の教会員らが集まりました。

 仙台で行われた第2地区(東北地方)の大会は、東日本大震災3周年の追悼行事も兼ねて行われ、開会前のエンターテイメントでは、2013年の「全国中和文化祭」で優勝した岩手教区成和学生部による、殉教したクリスチャンを題材にした演劇が披露されました。

命の尊さや生きることの意味を訴える迫真の演技に、会場全体が大きな感動に包まれました。

 続いて、東日本大震災で犠牲になられた方々への手紙を、中川輝子・福島教区婦人代表が壇上で朗読し、震災当時に感じた深い悲しみの心情や哀悼の意を表しました。

大会に参加者した全員もそれぞれ事前に真心込めて準備した手紙を拝読し、追悼の時間を持ちました。

___________________

続きは中和新聞速報版 統一教会ニュースをご覧下さい。

 

Posted by on 2014年4月2日. Filed under できごと. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*