子どもと同じ立場に立っていますか?


幸せな結婚をあなたへサイトに連載されている「家庭力アップ講座」。

今回は第7回「真の愛情を伝えましょう」と題して子どもとの接し方について書かれています。

下記はサイトより一部引用したものです。

ぜひご覧ください。

 

___________________________

 

1abd8c9c6d9cf48eeb34fd98fdbb11a3_s-300x200「親は権力をもって子どもを扱うべきだ」という考え方があります。親が権力を持っていなければ子どもはつけ上がり、親の言うことを聞かなくなるので、親が権力と位置をもって命令し、あるいは指導し、躾をしないといけないというのです。しかし、愛することに自信がなく、子どもとしっかり向き合って対することができない時に、親は権力にものを言わせようとする傾向性が強いのです。ですから、子どもとしっかり向き合い、愛情が子どもに届いていることが分かれば、親と子どもの心を一つにすることができるようになります。心を一つにして子どもと共感できてこそ、子どものために何かをしてあげることができます。上から目線では、親子が心を一つにすることができません。親が上から目線で自分を見つめていることを、子供は敏感に感じ取ってしまうからです。

 

また、親が子どもに教えて教育しようとするときに、「権力」を必要とすることが多いようです。親子の心が一心になっているならば、お互いの事情が自然に理解できるようになるのですが、一心になっていないのに無理に「権力」を用いるとすると、さらに親子の心が遠くなり、逆にお互い誤解を招く結果となってしまうでしょう。

_______________________________

 

記事の続きは幸せな結婚をあなたへサイトをご覧ください。

 




coded by nessus
Posted by on 2014年3月17日. Filed under コラム, トピックス, 祝福家庭. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*