天一国青年宣教師、台湾の希望となるか


中和新聞速報版サイトに掲載されている台湾で活動する天一国青年宣教師のレポートを紹介します。

無形の神様が私を通して台湾を救いたいという思いを感じた感動的な証しです。

下記はサイトより一部引用です。

 

__________________________

 母が私の幼い頃に中南米のセントルシアの宣教師として活動をしていました。母から宣教の体験を聞く事で、小さな頃から将来大人になったら色んな国へ行ってみたいという思いが強くありました。

 

 実際に高校を卒業した年に、母の宣教国へボランティアで行く機会がありました。青少年に純潔教育や家庭の大切さを伝えるキャンプに参加する事でとても刺激を受け、この統一原理の内容を世界中の人に伝えていくことが、平和な世界を創る為の一歩になる事を確信しました。それ以来、世界中の人にみ言を伝えたいという思いが強くなりました。今回韓鶴子総裁のみ言を受けて立てられた、天一国宣教師のプログラムを知り、天一国宣教師になる決意をしました。

__________________________

 

記事の続きは中和新聞速報版サイトをご覧ください。

 




coded by nessus
Posted by on 2014年3月14日. Filed under トピックス, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*