㈜一和、アジア最大規模の2014年東京国際食品博覧会」で好評


12日の韓国ニュース、SEGYE,com(以下)ほか。

㈜一和、アジア最大規模の2014年東京国際食品博覧会」で好評

20140312020519_0

人類の健康と幸福を追求する㈜一和( www.ilhwa.co.kr 、代表イソンギュン)は、最近、日本で盛況裏に進行された2014東京国際食品博覧会( Foodex Japan 2014 )でメッコールと硝精炭酸水、高麗人参製品を出品して展示場を訪れた世界中のバイヤーや観覧客たちに好評を受けたと12日明らかにした。

特に、今回の博覧会で最も注目された製品は、ジーンスト15 ( Ginst15 )だ。ジーンスト15は一和の優秀な研究陣が開発した人参加水分解濃縮液が主成分であり、高麗人参の有効成分の体内吸収率を大幅に改善し、現地バイヤーの高い関心と好評を博した。

一和は、 2002年から毎年東京国際食品博覧会に参加しており、 43年の伝統の技術力と価格競争力で韓国健康機能食品の優秀性を知らせるために先頭に立っている。今回の博覧会での事例は、日本と世界の有数の食品、健康機能食品関連メーカーとの相談を進めただけに、今年一年も海外への輸出に肯定的成果を上げることが期待される。

㈜一和海外事業チーム翰林長は「東京国際食品博覧会は、世界の食品·飲料業界のトレンド把握と、40年以上の伝統の技術力を蓄積してきた一和のブランドを世界市場に知らせる重要な位置」とし「今後もメッコールと硝精炭酸水をはじめ、現在、約40カ国に輸出している高麗人参製品を前面に出して、21世紀の超一流の健康企業としての地位を強化することに注力する」と述べた。

一方、一和は、来る14日まで東京ビッグサイトで開催される2014東京健康博覧会(Tokyo Health Industry Show2014)にも参加中である。 2014東京健康博覧会には約500社の企業が参加、4万人以上の来場者が訪れると予想される。

ジョウォンイク記者wick@sportsworldi.com

 




coded by nessus
Posted by on 2014年3月13日. Filed under おすすめ, ニュース, 社会, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*