震災復興の思い込め、日本代表3年越しのサッカー親善試合へ


3月5日(水)に国立競技場にて行われる、サッカー日本代表とニュージーランド代表との親善試合の収益金の一部を2011年に発生したニュージーランド大地震と東日本大震災の義援金として寄付することを公益財団法人日本サッカー協会が発表しました。

以下はチャリティニュースサイトより引用です。

2011年3月29日は、キリンチャレンジカップ2011として、ニュージーランド代表との親善試合が予定されていた。しかし東日本大震災により試合は中止。当初日本サッカー協会は、試合会場にニュージーランド大地震の義援金をつのる募金箱を設置する予定だったのだが、試合が中止となったために募金箱も設置されることはなかった。

それから約3年の月日を経て、やっと日本対ニュージーランドの親善試合が開催されるのだ。同じ時期に大地震で被害を受けた両国ともに、復興は道半ば。試合の収益金の一部を両国への義援金として寄付するとの決定には、日本とニュージーランドの友好と復興を願う、日本サッカー協会の思いが込められている。

 

参考サイト:公益財団法人日本サッカー協会

 




coded by nessus
Posted by on 2014年2月28日. Filed under できごと, コラム, スポーツ・文化. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

5 Responses to 震災復興の思い込め、日本代表3年越しのサッカー親善試合へ

  1. Cool! That’s a clever way of looikng at it!

  2. & CobraMerci … J’oublie toujours des trucs … bouh …Je reste bloquée sur les angles et j’oublie les maitrises !Bon pas toujours mais bon.C’est du boulot…Je rentre de vacance et il faut encore que j’aille fouiller du côté des Portes Invisibles.+ 10 actes de ma pièce à écrire parce que Merdoum, celle-là, je veux la finir.Et trouver un taf, tiens, peut-être en septembre ????Allez courage à tous !Bises

  3. Feliz cumple Liam!!!!!!Quién diría ahora que el señorito fue prematuro no?Se nota que disfrutaste muchísimo el primer año de Liam, leyéndote hasta das ganas a los demás de tener más niños y todo, jajaEspero que la pasen genial.Besos!

  4. With havin so much content and articles do you ever run into any problems of plagorism or copyright infringement? My site has a lot of completely unique content I’ve either authored myself or outsourced but it appears a lot of it is popping it up all over the internet without my permission. Do you know any techniques to help protect against content from being stolen? I’d certainly appreciate it.

  5. Olepa hyvä, kyllä täällä palstatilaa jaetaan hyvään tarkoitukseen! Samaa mieltä minäkin tuosta Vironautista. Ellei se ala piakkoin kehittyä ja kerätä käyttäjiä, niin se nuupahtaa pois. Toisaalta en aina tiedä, onko pakko tehdä uusia ja uusia nettisivuja, kun ihmiset jo keskustelevat matkakokemuksistaan lukuisilla eri foorumeilla.

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*